« 夏の終わり--大浜流潅頂 | トップページ | ひっくり返ってしまった »

2005.09.04

インゴ・ギュンター展--地球がいっぱい

gunther 九州大学大橋キャンパス(旧・九州芸術工科大)で「インゴ・ギュンター展 地球108の顔」を見た。

環境汚染、経済力、平均寿命、テレビや携帯電話や自動車の普及率…。さまざまなデータを地球儀に表現して、それが108個。
108は言うまでもなく人間の煩悩の数である。作者のインゴ・ギュンターさんはドイツの人だが、企画したのは「九州大学ユーザーサイエンス機構 子どもプロジェクト」なので、作るなら108で、と思ったのだろう。
暗い会場にたくさんの地球が浮かんでいる(ように見える)のが幻想的だ。

おもしろかったのは「80言語の地球」。各地域の日常語で「地球」を意味する言葉が、人口に応じた大きさで書かれている。 デカい「地球」の文字の右横に、中くらいのサイズの「地球」の文字。前者は中国語、後者は日本語だ。中国でも地球は地球なんだね。この文字で(読み方は違うが)意味が通じるのは日本と中国だけなのに、近年とみに仲が悪いんだからなあ。まあ、何かと近い者同士が仲が悪いのは世の常だが。
英語のearthは北米大陸で大きく鎮座しているものの、分布は少ない。むしろ「テラ」系が多い。英語はヨーロッパ語の中では特異なのかも。
しかし、おもしろがれるデータは多くない。「第二次世界大戦後に平和な国」はとっても少なく(日本はその数少ない国のひとつだが)、貧困や環境汚染の深刻さが目立つ。

この展示はここでしかしないのだろうか。各地で開催してほしいものだと思う。

|

« 夏の終わり--大浜流潅頂 | トップページ | ひっくり返ってしまった »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

博多のレアな情報、なかなか面白く拝見しました。さすが画像は綺麗ですね。
私は、博多に行ったことがありません。このブログで博多通のフリして知り合いに自慢したら面白いかも(笑)
また新しいニュース載せてください!

投稿: マルチビタミン | 2005.09.07 14時04分

マルチビタミンさん、コメントありがとうございます(^^)
私は博多生まれ・育ちじゃないんですが、歴史好きな私には興味をそそられる所がたくさんあります。ちょっと変わった切り口で博多の魅力を紹介できたらと思っています。
またお寄りくださいね。

投稿: kiriko | 2005.09.08 03時55分

こんにちは~♪
私は、香椎ってとこに子どもの頃に
住んでいて、飯塚や博多には親戚がいて
よく行き来したと思うのですが
ほとんど覚えてません。。
(^^;;

博多のあれこれ、これからも
楽しみに見せていただきます~~~。

(#^_^#)

投稿: みんと | 2005.09.08 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/5775374

この記事へのトラックバック一覧です: インゴ・ギュンター展--地球がいっぱい:

» インゴ・ギュンターさんのインタビューをお届けします! [Take ART Eazy!! Roll wiz'it!]
ニューヨーク在住のドイツ人アーティスト、インゴ・ギュンターさんのインタビューをお送りします。 本番組の視聴にはQuickTimeプラグイン(無償)のダウンロードが必要です。 本番組はiTunesMusicStoreでも配信しています。クリックするとiTunesが起動します。iTunesの最新版はこちらでダウンロードできます。 インゴ・ギュンターさんはアーティストだけではなくジャーナリストという肩書きも持ち、メディアアートの革新者として多大な影響力を持つアーティストとして知られています。ジャ... [続きを読む]

受信: 2005.11.12 17時42分

« 夏の終わり--大浜流潅頂 | トップページ | ひっくり返ってしまった »