« 香椎宮と神功皇后--女王伝説のリフレイン | トップページ | 節分--異国の神様たち »

2006.01.27

香椎宮--宮はどっちを向いている?

kasiimiya955香椎宮本殿の右から奥の方へ上ってみる。
そこは古宮(ふるみや)跡となっている。

祀られているのは仲哀天皇。
突き当たりに御神木の「棺掛椎」がある。仲哀天皇の棺を掛けた椎の木から良い香りがし、これが香椎の名の由来であるという。私としては、「日本書紀」の「到儺縣、因以居橿日宮」(大意:なのあがたに着いてかしひのみやを置いた)のほうが古い気がする。

さらに右奥に行くと、「仲哀天皇大本営」の碑が立つ(写真下)。熊襲征討の参謀本部を置いたということだろう。でも「大本営」は明治になってからの語じゃないのかな?

kasiimiya953面白いのは、大本営の碑と古宮がほぼ西を向いていることだ。熊襲(熊本地方)でなくて新羅に向かっている。仲哀天皇は熊襲を討ちに行こうとしていたのに。
対して、本殿は南向きである。
※香椎宮の地図を参照されたし。
http://www2.odn.ne.jp/kasii-shrine/mainpage.htm
(「境内散歩」のページ)

「西の新羅に行くのだよ!」神功皇后が神がかりして言ったのを、仲哀天皇は「西には海しか見えんぞ」と突っぱねて熊襲にこだわった。
今残るモニュメントが、神功と仲哀のそれぞれ目指した所と入れ違っている。

神功皇后・応神天皇母子の伝説に比べて影が薄い仲哀天皇。名前からして何かもの悲しい。仲哀は妻と大臣・竹内宿禰に暗殺されたとか、応神は仲哀の子ではないとかの説まであるし。
彼は「新羅を討て」という当代の意志に抗った人なんだろうか。もし実在の人であるならば、宮が西のほうを向いているのは本意でないかもしれない。

|

« 香椎宮と神功皇后--女王伝説のリフレイン | トップページ | 節分--異国の神様たち »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/8326250

この記事へのトラックバック一覧です: 香椎宮--宮はどっちを向いている?:

« 香椎宮と神功皇后--女王伝説のリフレイン | トップページ | 節分--異国の神様たち »