« オリンピックまったり観戦記(3) | トップページ | 三丁目の夕日の鉄橋 »

2006.02.28

オリンピックまったり観戦記(4)

まったりし過ぎたけれど、これは書いておこう。

アルペン:男子回転
アルペンには珍しく、日本選手が最後まで上位に残ってドキドキした(私の記憶では五輪のアルペンでは初めて)。
結局4位ではあったが、皆川賢太郎選手、健闘だったねー。
湯浅直樹選手も7位に入り、同時2人入賞は立派。

木村公宣さんの解説も素敵だった。見かけと同じソフトな語り口で、選手紹介がわかりやすい。
「確定、って言っちゃいます。あ、僕が言ってもしょうがないんですけど」なんてお茶目なところもGOOD。
TV番組で大沢親分が「この解説者にあっぱれやってくれ」と言っていたけれど、番組スタッフ、木村さんの名前くらい調べておいてくれ。トッププレーヤーだった人なんだから。
木村さんには今後もアルペンの解説やってほしい。
余談だが、スピードスケート解説の浜谷さん(「いいですよ〜」の人)は今回コーチだったため解説しなかったが、浜谷さんの解説もまた聞きたい。

クロスカントリーで夏見円・福田修子選手が団体スプリント8位に入ったのも素晴らしいと思う。
福田選手は20kmリレーでは第1走者トップでタッチ。録画で見たけれど、この場面は歴史に残るんじゃあるまいか。

日本は今大会惨敗ということになっているが、こうした歴史の長い、また日本と世界の差が大きい種目で健闘したことは評価されるべきと思う。

けっして昔と比べて日本が弱くなったわけではない。昔はメダルどころか、入賞者(以前は6位までを入賞としたが)なしの大会だってあったくらいだ。確か札幌の後あたり。
いわば、冬季大会は日本は弱いのがデフォルト。札幌や長野は自国開催で強化した結果だ(長野前のリレハンメルも)。その頃の華々しさは特別だったので、それが本来だったなんて思っちゃいかんのよ。

|

« オリンピックまったり観戦記(3) | トップページ | 三丁目の夕日の鉄橋 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/8872150

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックまったり観戦記(4):

« オリンピックまったり観戦記(3) | トップページ | 三丁目の夕日の鉄橋 »