« 三丁目の夕日の鉄橋 | トップページ | 福岡のお風呂屋さん »

2006.03.13

映画館らしい映画館、中洲に健在

taiyou92地下鉄・中洲川端駅を出ると目につく、丸みを帯びたビル。
それ以上に目立つのが「大洋映画劇場」の文字。

漢字だけ、というのがなんともいえない(^^)
ここだけを見ると、昭和30、40年代みたいだ。

シネ・コン全盛の今、福岡でも珍しい独立の映画館。
開業がいつなのかは知らないが、少なくとも敗戦直後の昭和21年には営業していた。
以来、洋画を中心に上映し、多くの映画館が閉館に追い込まれる中、中洲の映画館の灯を守ってきた。

外観とともに内装もレトロな雰囲気、1階のカフェで「湖月のカレー」を出しているのも、博多の中年以上の人には懐かしさひとしおではないかな。

※湖月のカレーは昭和28年から中洲で営業した博多オリジナルのカレー屋さん。
その当時は、「デパートに行って、映画を観て、湖月のカレーを食べる」のが休日のお楽しみフルコースだったとか。

taiyou91フィルムをデザインした看板もイイ

|

« 三丁目の夕日の鉄橋 | トップページ | 福岡のお風呂屋さん »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/9040250

この記事へのトラックバック一覧です: 映画館らしい映画館、中洲に健在:

« 三丁目の夕日の鉄橋 | トップページ | 福岡のお風呂屋さん »