« 福岡オリンピックに反対(2)--アンケートをどう使うか | トップページ | 弥生時代は1000年続いた?--板付遺跡 »

2006.05.30

博多座大歌舞伎--船乗り込み

Fune532
キャナルシティのステージで勢揃い
Fune105
「博多座」の提灯を先頭に
Fune550
Fune560
Fune348
紙吹雪舞う中を行く
***
船乗り込みの撮影は今ひとつ間が
悪くて役者さんの後ろ姿ばかりに
なってしまった。それで一緒にい
たshigeさんとaidaさんの写真を
お借りしてアップした。

「六月博多座大歌舞伎」公演に先立ち、5月29日に役者衆の船乗り込み(ふなのりこみ)があった。

今年は勘九郎さんの18代目中村勘三郎襲名披露につき、勘三郎さんを先頭に、勘太郎さん、七之助さん、芝翫さん、橋之助さん、富十郎さん…といった面々(去年は海老蔵さんだったかな)。
キャナルシティ横の清流公園から博多座隣のリバレインまで、博多川をドンコ舟でゆっくりと下って顔を見せてくれたのだった。

私は船乗り込みを見たのは初めて。博多川の船乗り込みは現在の博多座ができてから毎年やっているということなので、今年で8年目となる。

***

博多の人は芸能好きで、江戸時代には中洲に芝居小屋がかかったり(ただしその頃の中洲は今と違って何もない原っぱだった)、上方や江戸から人気役者を呼んだ(武野要子・著「博多」より)。

明治・大正期になると博多のあちこちに劇場ができて大いに賑わったらしい。かの川上音二郎の出身地だものね。実は「博多座」はその頃できた劇場の名前で、東公園にあったのだ。

しかし、第二次世界大戦の空襲で多くの劇場が焼失してしまった。戦後復興した劇場も映画館等に転換し、しばらくの間、博多には常設劇場がないというありさまだった。芝居の公演は市民会館などで行ってはいたけれども。

その博多に常設の大劇場が復活したのが10年前。キャナルシティにできた「福岡シティ劇場」(劇団四季)だ。そして新しい博多座が1999年にオープンした。歌舞伎の他に、新劇、ミュージカル、宝塚、歌謡ショー、マツケンサンバも有り。

博多にはもう一つ、博多新劇座という常設劇場がある。こちらは大衆演劇専門で、御笠川のほとりに幟が立ち並んでいる。
九州には大衆演劇の拠点が多い、というのも楽しいところだ。

博多座には福岡市も出資しているのだけれど、オリンピックはやんなくていいので(笑)、劇場運営を末永くよろしくお願いしたく。
 

|

« 福岡オリンピックに反対(2)--アンケートをどう使うか | トップページ | 弥生時代は1000年続いた?--板付遺跡 »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/10321595

この記事へのトラックバック一覧です: 博多座大歌舞伎--船乗り込み:

« 福岡オリンピックに反対(2)--アンケートをどう使うか | トップページ | 弥生時代は1000年続いた?--板付遺跡 »