« 山笠が始まった | トップページ | 福岡オリンピック招致--財政ダイジョーブ…じゃないよ(1) »

2006.07.03

福岡オリンピック招致--何のためのアンケートなんだか

福岡市は5月にオリンピック招致に関する市民アンケートをおこなった。
結果が市のサイト:アンケート調査速報値 に出ている。
自由記述の回答はまだ公表されていない。

このアンケート、「招致の賛否を問う」という肝心な設問がない。
市の作成した大会コンセプトに「まあ共感できる、たいへん共感できる」が合計52.2%。
「あまり共感できない、まったく共感できない」が合計44.5%。
会場配置計画に「まあ共感できる、たいへん共感できる」合計47.1%。
「あまり共感できない、まったく共感できない」合計46.4%。
招致に賛意を示す人はおおむね半分というところか(回答者のうちの)。

しかし、この結果を受けての市長の言い分がなんとも…orz
「市民に計画がまだ浸透していない」
(翻訳すると、「市民はまだ知らないからだ。ちゃんと説明すれば理解してくれるはずだ」の意)

アンケートには開催計画パンフを同封したんでしょ? それを見た人が回答したんでしょ? それでもなお「浸透してないから」って、じゃあ、いつ、どうやって浸透させるのだ? つーか、市民に浸透してないし要望もないのに勝手に招致を進めてるわけなんだが。

「要するに市民はわかってません」というハナシを出すためにわざわざアンケートを取ったのか。せっかく金と手間をかけてアンケートを取るなら、1年くらい前に「賛成か反対か」を聞くべきだったろうに。

しかし、このアンケートでわかったことがある。
それは、福岡市五輪招致担当者はプレゼンテーションがうまくない、ということだ。
パンフ&アンケートを送られた市民の74%ほどが「回答なし」(回収率26.3%)。
回答者の約半分が「共感できなかった」。
つまり全体の13%くらいしか、「まあまあ」も含めて共感を得られなかったのだから。

いや、そんなことはない! プレゼンは下手でないぞ、とおっしゃるなら…
そんなうまいプレゼンでも賛意が少ないくらい、市民は福岡五輪を望んでいないということだわなあ。

どっちにしろ、「やめといたほうがいい」にしかならないなこりゃ。

|

« 山笠が始まった | トップページ | 福岡オリンピック招致--財政ダイジョーブ…じゃないよ(1) »

まちづくり」カテゴリの記事

オリンピック招致」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/10770200

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡オリンピック招致--何のためのアンケートなんだか:

» 福岡市が行った五輪アンケートの回収率は26.3%と異常な低さ。「市民は五輪に負のイメージ」と市長は語る。 [創難駄クリキンディーズ2004福岡]
福岡市が5月に5千人の市民(市内に住む外国人を含む)を対象に行った2016年夏季五輪に関するアンケートの結果が報じられてましたが、回答したのは僅か26.3%だったそうです。 計算してみると、5000×26.3%ですから、たったの1,315人しか回答しなかったということになります。... [続きを読む]

受信: 2006.07.05 17時17分

« 山笠が始まった | トップページ | 福岡オリンピック招致--財政ダイジョーブ…じゃないよ(1) »