« 福岡オリンピック招致--ご都合主義の福岡市の説明 | トップページ | 博多祇園山笠 »

2006.07.13

福岡オリンピック構想を検証する

「2016 FUKUOKA KYUSHU オリンピック・パラリンピックを福岡・九州へ」
のサイトより引用する。

未来の大コンベンション拠点として博多湾を水上都市に再編する

メインクラスターとしての須崎ふ頭でのオリンピック施設の建設は、市街地を海に向かって開くことになるでしょう。それを大コンベンション施設として活用すれば、今全世界に求められている数万人規模の集会、会議等の催事が可能になります。そのとき、〈海〉が構想を展開する鍵になるでしょう。

http://www.2016fukuoka.jp/plan/21.html


問題点1・なぜ須崎埠頭の開発が必要なのか?

「なぜ須崎埠頭か」の理由は上記サイトではまったくわからない。

「福岡・九州オリンピック・パラリンピック招致をご理解いただくためのQ&A」

天神地区に隣接していることから商業・業務・居住地域として潜在価値が高いと考えられています。

とあるだけ。

天神の隣だから、マンション売れる、オフィス需要がある、商業施設もうまくいく。須崎埠頭に作った選手村や特設パビリオンをマンションやオフィスビルにして分譲・賃貸できてめでたしめでたし、と。

そのために、4,000億円近い金を使って、現在の須崎埠頭の施設・倉庫・事務所を立ち退かせ、再開発する、と。

はー、なるほど。

しかし…
「天神の隣だからマンション売れるし…」が、どうして
「大コンベンション施設として活用すれば、今全世界に求められている数万人規模の集会、会議等の催事が可能になります。」につながるのだ??
マンションや一般オフィス、商業施設は大コンベンション施設に活用できないではないか。

須崎埠頭の開発は、オリンピックのコンセプトとは無関係。未来の大コンベンション拠点云々と整合性がない。


問題点2・オリンピック後の活用はニーズがあるか?

須崎埠頭には選手村の他にメイン競技場等を造る予定。
だが、今すでにヤフードームやマリンメッセといった大きな施設がある。こちらと「数万人規模の集会、会議等の催事」が競合する。

マリンメッセは福岡市の外郭団体(財団)の運営である。須崎埠頭の施設が使われてマリンメッセに閑古鳥が鳴くようでは、また市が税金投入するハメになる。
ドームは民間企業の運営だから経営状態が悪くなっても知らんこっちゃない? (それは酷いよ。ダイエーの故・中内功氏が造ってくれたドーム。おかげで福岡にプロ野球球団が復活し、市も恩恵にあずかっているのに)

競技場をアビスパ福岡のホームスタジアムにする話もあるが、それでは博多の森競技場はどうなる。こっちだって大金かけて造った施設だ(ユニバーシアードのために)。

福岡の都市規模で、さらに大きな競技場やイベント用施設を造るのは余計な負債を増やすだけだ。

新施設を活用できるよう、ビッグな催事をしょっちゅう招致する? いったいどんな予定やニーズがあるというのだろう。

「オリンピックを開催すれば世界に知名度が上がり、ビッグな催事も多くなって市の財政が潤う」とは、どんな根拠があるのか。

知名度が上がるといっても、東京や京都などの有名都市の後に、「まるで知名度がなかった福岡がちょっと知られるようになる」程度だろう。長野みたいに。
ちょっと知られるようになったくらいで、ビッグな催事(それも財政や市民が潤うような)が目白押しで開催されるというのだろうか。
長野市・長野県は、オリンピック後にビッグな催事が増えて財政が潤うなどということはなく、多大な負債と施設維持費が財政を圧迫しているのが現実。

「今全世界に求められている数万人規模の集会、会議等の催事」の根拠も不明である。全世界にそんな大規模催事が求められているとは、どこが(福岡市のオリンピック招致推進委員会以外)言っているのか、明らかにしてほしいものだ。


問題点3・今の須崎埠頭の港湾機能はどうする?

須崎埠頭は主に穀物の荷揚げをしており、大規模な保管施設を備えている。ここを選手村(オリンピック後はマンションやオフィスビル)にするなら、穀物荷揚げ用の設備を他に移転しなければならない。

「おおかた人工島に移転して、評判の悪い人工島を救済する気じゃないの」と私は考えていたが、コトはそう簡単にはいかないらしい。
技術的な問題があって(水の深さなど)人工島では無理、移転先は決められていないとのことだ。
データ・マックス 市政レポートNO.534 須崎ふ頭再開発は人工島救済?〜不透明な部分多い再開発計画〜 を参照)

引っ越し先も決めずに「オリンピック施設にするからどいてくれ」って、無責任過ぎない? 九州の穀物輸入をかなり担っているという須崎埠頭の機能はどうでもいいのか。


***

結局、この意味不明な「構想」は、マンションやオフィスビルをたくさん建てて売りたい業界の夢を叶えるためのものではないかと思う。
しかし、天神の近くだって空きテナントがいっぱいあるし、マンションもそれなりにある。須崎埠頭にこだわるのは、「天神膨張策」としか思えない。
世界とかアジアとか大きなことを言っているようで、その実、天神のことしか考えてないと思うんだが。

再開発によってマンション・ビル建てる路線といい、知名度上げて大規模イベントいっぱいやる路線といい、まったく20世紀バブル時代の発想じゃないかと。

|

« 福岡オリンピック招致--ご都合主義の福岡市の説明 | トップページ | 博多祇園山笠 »

まちづくり」カテゴリの記事

オリンピック招致」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/10908546

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡オリンピック構想を検証する:

» NHK特番へ、福岡市五輪招致問題に対する意見を投稿しましょう。 [創難駄クリキンディーズ2004福岡]
7月28日金曜日の午後7時半から8時半まで、NHK総合で『九州沖縄スペシャル 討論 福岡市・五輪招致』という番組が放送されます。 その番組が、視聴者からの意見をネットやFAXで募集しています。 ご意見をお持ちの方は、投稿してみてはいかがでしょうか。 ... [続きを読む]

受信: 2006.07.21 15時32分

« 福岡オリンピック招致--ご都合主義の福岡市の説明 | トップページ | 博多祇園山笠 »