« オリンピック招致活動の闇 | トップページ | 「福岡vs東京」に妙な思い入れ »

2006.08.31

福岡ってJOCの何なのさ

「福岡落選」から一夜明けて。

朝日新聞8月31日付朝刊
「選考劇 JOCが演出--福岡の健闘、必要条件」より引用(青字)

恐れていたのは、JOCが東京都に立候補を「お願い」するような形になることだった。東京都がスポーツ界の意見を採り入れずに独走すれば、08年五輪招致での大阪市の失敗の繰り返しになる。JOC主導の招致活動を展開するためには、福岡市の健闘が必要だった。

福岡市はいわば「ペースメーカー」(「当て馬」とも言う)だったのだろう。
ペースメーカーはヘタレでは役割を果たせないが、強すぎて最後までトップで走ってくれても困る。本物(本命)の選手が良い記録で優勝できるように適切な速さで走り、ちゃんと抜けてもらう。

その意味では福岡市は必死に頑張ってペースメーカーの役割をしたことになる。東京都の「圧勝」ではつけあがってJOCの言うことを聞かなくなるから、ほどほどのとこで勝つのがJOCの思惑だった。

※ペースメーカーとしては札幌市のほうが良かったかもしれないが、札幌市は市民の意見を聞いて招致から降りるという賢明な選択をしたから、JOCの期待には沿えなかった。

では、昨日の「勝者」は東京都ではなくてJOCだね。気位の高い大大名とちょっと粗野な中堅大名を手玉に取ったお公家さんみたい。

いずれにしても、市の税金2億円を無駄に使われた福岡市民には迷惑な話だった。JOCの手玉に取られるようなヒトを市長に選んだのは市民だから、自己責任だといえばそうだけど(私は前回このヒトに投票しなかったけどね)。


|

« オリンピック招致活動の闇 | トップページ | 「福岡vs東京」に妙な思い入れ »

オリンピック招致」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/11696612

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡ってJOCの何なのさ:

« オリンピック招致活動の闇 | トップページ | 「福岡vs東京」に妙な思い入れ »