« 福岡のデパートはやはり岩田屋なので | トップページ | プレーオフ 盛り上がってはいるけれど »

2006.10.06

オリンピック招致費用、4億5千万円也

しつこくオリンピックネタ。

福岡市のオリンピック招致費用は約2億円と言われていた。
その後「不足分」「人件費」等が明らかにされ、計4億5,881万円にのぼることが判明(まだ増えるか?)

あらき龍昇市議のサイト(9月19日)より抜粋。

05年度予算流用額…4837万円余
06年度予算1億5千万円と不足のための流用額…3500万円
人件費…2億395万円余
招致予算以外から市長室や総務企画局、財政局、東、南、城南区役所から…2199万円
合計…4億5881万円

一方、市はこんなことを言っている(福岡市公式サイト:寄せられた市民の声「オリンピック招致運動は有意義だったのでは」への回答より一部引用)

 九州の結束力や強固な信頼関係,将来にわたる本市のまちづくりへの展望,市役所あげて行った市民との率直な対話の積み重ねなど,金銭に換算できない財産を,この招致活動を通して得ることができたと考えており,この経験を今後の市政運営に活かしてまいります。
(市民局 スポーツ部)

4億円を超すお金を使って「金銭に換算できない財産を得た」…ねえー。

そういうのを「経済観念がない」と言うのでは?

将来にわたる展望 → 須崎埠頭開発をぶち上げたり白紙に戻したり。
率直な対話の積み重ね → 市民アンケートで賛否も問わない。

首をかしげる行政手法がいっぱいあったのだが。

あらき龍昇市議のサイトでは「山崎市長のオリンピック招致の責任を求める住民監査請求の賛同署名」協力を呼びかけている。

|

« 福岡のデパートはやはり岩田屋なので | トップページ | プレーオフ 盛り上がってはいるけれど »

まちづくり」カテゴリの記事

オリンピック招致」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/12169903

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック招致費用、4億5千万円也:

« 福岡のデパートはやはり岩田屋なので | トップページ | プレーオフ 盛り上がってはいるけれど »