« 署名集めのあきれた話 | トップページ | オリンピック招致費用、4億5千万円也 »

2006.10.03

福岡のデパートはやはり岩田屋なので

久しぶりに岩田屋に行った。
とくに岩田屋に用があったのではないが。

福岡のデパートといえば岩田屋、という刷り込みが私にはある。これは私だけじゃないようで、出産祝いに届いたのはやはり岩田屋のギフトだった。
福岡市内の近代的百貨店としては、玉屋・松屋より後発だったのだけれども、西鉄大牟田線(当時は九州鉄道)福岡駅に隣接したのが功を奏し、福岡を代表するデパートになった。
(参照:西日本新聞「天神あのころ…岩田屋の67年」

映画「嫌われ松子の一生」に出てきた、“いかにも”なCGの「磐井屋デパート」は、かつての岩田屋である。
その(CGになった)建物を残して、岩田屋は少し西方にお引っ越しした。

Tenjin617

現在の岩田屋、本館--新館間の連絡橋から西鉄福岡駅方面を見る。
「岩田屋」の文字の上に見える「岩」マークは、創業時の商標「カクイワ」。80年代にモダンなデザインに変えたのだが、経営再建の折りに元に戻したのだとか。
「岩」マークは誰が見ても岩田屋 な感じがわかって良いですね。

Tenjin619

逆方向(西の空)。

|

« 署名集めのあきれた話 | トップページ | オリンピック招致費用、4億5千万円也 »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/12068385

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡のデパートはやはり岩田屋なので:

« 署名集めのあきれた話 | トップページ | オリンピック招致費用、4億5千万円也 »