« 九州国立博物館の小さな楽しみ | トップページ | 西公園--黒田さんは松平さん? »

2006.10.31

西公園--神社・寺のお引っ越し

西公園は、福岡市街地から博多湾にポッコリ突き出た岬(荒戸山、またの名を荒津山)の上にある。

園内の光雲(てるも)神社は大きな社殿だけれど、そう有名でなく、櫛田神社とか箱崎宮と違って市内観光バス(一応あるんです)のコースにも入っていない。そりゃー、両社とは歴史の長さが違うし、と言えばそれまでだけど。

Nisi62

光雲神社は福岡藩の藩祖・黒田如水と、初代藩主・長政を祀っている。
しかし、この神社、始めからここにあったのではなかった。

創建時は福岡城内にあった。つくったのは6代藩主の継高(つぐたか)で、明和5年(1768)のこと。
明治維新で黒田家は東京に移り、社は天神の警固神社近くに移設。
明治40年(1907)に再び移転、この場所に新しく社殿がつくられたとのことだ。

当時の建物は昭和20年6月の福岡大空襲で焼けてしまったので、写真の社殿は昭和41年(1966)新築されたもの。

*  *  *

西公園は見はらしが良く、「絶景」の場所。ならば、偉大なご先祖を祀るのは最初からここにしておけば良かったのに。ねえ、継高さん。

ところが、そうはいかない事情があった。
継高の時代には、藩祖よりエラい方の神社がすでにここにあったのだった。
それは徳川家康を祀る東照宮。
2代藩主の忠之が、立派な東照宮をつくってしまっていた。
忠之といえば、藩主なりたての頃「黒田騒動」でひと悶着起こした人なので、幕府の機嫌取りに懸命になったのだろう。

そんなわけで、江戸時代、絶景の荒戸山に鎮座するのは徳川の初代だったという話。最近、オリンピック招致で福岡市が東京都に敗れたのは何かの因縁だろうか。もっとも、東照宮をつくって幕府をヨイショしたのは、全国各地の有力大名に共通したことらしい。

しかし、明治維新により、徳川のシンボル、東照宮は廃絶。近くにあった将軍のための寺も廃せられた。
神様仏様も、政治の都合で出たり消えたり、あっちこっち動いたりで、難儀なことだなと思う。

Nisi60
長政の水牛兜像。長政は変わった兜が好きみたい。

|

« 九州国立博物館の小さな楽しみ | トップページ | 西公園--黒田さんは松平さん? »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/12500242

この記事へのトラックバック一覧です: 西公園--神社・寺のお引っ越し:

« 九州国立博物館の小さな楽しみ | トップページ | 西公園--黒田さんは松平さん? »