« 天神--VIORO最上階のテラス | トップページ | 香椎参道のコーヒー屋さん »

2006.11.14

九州国立博物館の小さな楽しみ(続)

九州国立博物館の水城(みずき)ジオラマ、こちらのほうがよくわかる。

Mizuki70_1左側4分の1が現代、右側が古代(7世紀)の様子。
向こうの盛土の内部に水が溜められた(だから「水」城という)。
水を導いた木製の樋も発掘されている。

水城造営は非常に大規模な事業で、今でも跡がくっきり残っている。盛土に木が生い茂った「緑のカマボコ」が1.2kmにわたって続いており、久留米あたりの山からも見えるくらいだ。
大野城市サイトの水城跡の写真)

水城ジオラマのそばに博多湾〜太宰府の航空写真があるので、サイズを確認できる。人力しかなかった時代の大・土木工事には感心するばかり。

同じフロアに、大宰府政庁・南門の復元模型もある。

Kyuhaku71_2 政庁の模型はもともと九州歴史資料館(国立博物館の近く)にあったのだけれど、国立博物館オープンに伴って、南門と全体模型をこちらに移動したのだそうだ。中門は歴史資料館にまだある。

前に置かれた人形は、地元の人形作りサークルの人たちの作品。いろんな階層の人物が細かく作られている。特にお坊さんが可愛い。

Kyuhaku72
屋根の上には猫もいます(^^)

|

« 天神--VIORO最上階のテラス | トップページ | 香椎参道のコーヒー屋さん »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/12679638

この記事へのトラックバック一覧です: 九州国立博物館の小さな楽しみ(続):

» 九州国立博物館に行ってきました! [ハラペコブログ]
こんにちは!この頃登場回数の多い スタッフ@なみかわです。九州国立博物館の「海の神々展」に行ってきたので・・ [続きを読む]

受信: 2006.11.21 11時25分

« 天神--VIORO最上階のテラス | トップページ | 香椎参道のコーヒー屋さん »