« ブログの文字色変えてみた | トップページ | 天神--VIORO最上階のテラス »

2006.11.13

今は「犯罪多発」時代か?(続)

現代は昔よりも「殺人被害にあう子ども」が激減した、と11月9日のエントリーに書いた。

子どもの被害だけでなく、加害も大きく減っている。

少年犯罪のデータはこちらのサイト(「反社会学講座 キレやすいのは誰だ」)がわかりやすい。
※はじめのグラフだけ見て終わらないでくださいね。ぐーっとスクロールさせて、下のほうのグラフもちゃんと見ていただきたく。

近年は少年による殺人は年間100件前後。平均して1週間に2件の割合になる。
ところが、昭和25〜35年あたりは300件以上(400件超の年もある)。1週間に7〜8件起きていたわけだ。
路面電車が走る、のどかな「三丁目の夕日」の時代にはそういう面もあった。

「そんなはずはない! その頃、少年犯罪のニュースは連日報道されたりしてなかったぞ」と思う方がいるかもしれない。

それはたぶん

・TVのワイドショーやニュースでしつこく取り上げなかった
・ワイドショーがなかった
・TV放送がなかったか、放送時間が少なかった
・新聞の取り扱いが小さかった
・幼かったので新聞を読まなかった
・幼くなかったが新聞を読まなかった
・読んだけど忘れた
・生まれてなかった

の、どれかではないかと(重複あり)。

|

« ブログの文字色変えてみた | トップページ | 天神--VIORO最上階のテラス »

社会」カテゴリの記事

統計調査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/12667223

この記事へのトラックバック一覧です: 今は「犯罪多発」時代か?(続):

» 少年法改正案、少年犯罪抑止に効果があると思いますか? [ヤフーアンケートから見る現代社会]
「14歳未満についても警察による強制的な調査が可能」、「少年院送致の年齢下限撤廃」などとした 少年法改正案 。少年犯罪抑止に効果があると思いますか? [続きを読む]

受信: 2006.11.21 17時13分

« ブログの文字色変えてみた | トップページ | 天神--VIORO最上階のテラス »