« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007.01.19

朝ドラに大塚まさじさんが

なにげなくNHK朝の連続テレビ小説(朝ドラ)を見ている。
今やっている「芋たこなんきん」には、戦前や昭和40年代の生活が再現されていて、これも昭和ブームや「ALWAYS--三丁目の夕日」ブームの影響かしらねぇと思いつつ。

今週は昭和40年代もなかばに入り、主人公の連れ合いの娘が反戦運動やフォークソングに入れ込むというお話だった。
娘が出入りし、フォーク仲間の溜まり場になっている教会の牧師が
な、なんと…
大塚まさじではないの!

どおりで、「岡林信康や…ザ・ディランの唄が人気」というセリフがあったわけだ。(※)
大塚まさじはザ・ディラン(オリジナル・ザ・ディラン、ザ・ディラン2〈セカンド〉という名の時期もある)のメンバーだった。
ドラマに出てくる「フォークを歌う若者」は、大塚まさじの若い頃そのものだろう。

※最初このセリフを聞いたとき、「岡林と並んでザ・ディランかい? 岡林は全国的に有名だったけどザ・ディランはそんなに知られてたかな?」と思った。まあ大阪が舞台だから不自然ではないんだが。

私はザ・ディランの歌が好きで、レコード、テープを今も持ち、時々聴いている(レコードプレーヤーはないので、LPはただ持っているだけ)。解散コンサートにも万障繰り合わせて(いや、ヒマだったけど)駆けつけた。「プカプカ」「サーカスにはピエロが」が特に好き。

久しぶりに見る大塚まさじ、歳とったけれど、あまり変わってないね。
(イメージが昔と変わらないなぎらけんいちとは違う意味で)
この機会に、往年のザ・ディランの唄を何かの番組(地上波)でやってくれないかなぁ>NHK

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007.01.11

十日恵比須(2)

十日恵比須神社、創建は豊臣秀吉の時代だという。
Ebisu812竹内五右衛門という人が、香椎宮・箱崎宮の参拝帰りに浜辺で恵比須像を二つ拾い、祀ったというのが由来。

それから90年後、五右衛門の子孫が千代の崇福寺境内に社殿を構え、恵比寿神社とした。

お寺・神社の歴史をほっくり返すと、「神社と寺が同じ所にあった」とか「坊さんが神官を兼ねた」という話がよく出てくる。仏寺の支配が強かったこともあるだろうし、神仏習合が当然だったとも言える。
その風景が変わるのは明治維新後。神仏分離により、神社は寺から独立して国の保護を受けることになる(民間信仰・土俗的な神社は潰されたらしいが)。
恵比寿神社も、明治12年、県の指令で崇福寺から東公園に遷ったのだそうだ。

当時の東公園は松林が広がる景勝地。ところが、そこに帝国大学(現在の九大医学部)ができ、再び移転。
さらに、昭和の始めに公園整備で遷座して現在地に来た。

あちこちを移転するのは、恵比須様の性格上、仕方ないってことかい?
(恵比須様=事代主神:父の大国主神はヤマトに国譲りをしたことになっている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.10

十日恵比須(1)

新年早々にあるのが「十日恵比須」。
東公園の一角にある十日恵比須神社は、平日でも大賑わいだった。
Ebisu813

私の田舎では十日恵比須というのはなかった。
やはり、大阪・博多など、商人町で行われるものだろう。

博多では「商売繁盛、笹持って来い!」とは言わないようだけれど、福引きを引くと「大当たり〜!」と大きな声が響く。

Ebisu816

露店で売られる縁起もの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.09

キャナルシティ博多

キャナルシティ博多のライトアップ
Canal809
「おとぎの国」ふうに可愛らしく。
お腹がすいている時に見るとショートケーキが食べたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.08

福岡空港に天草四郎

久しぶりに福岡空港に行ったら、ロビーに山笠の舁き山が飾ってあった(^^)
Air_yama805
東流の「天草四郎時貞」。
去年の舁き山で私が一番気に入ったお題。

追い山が終われば舁き山は崩してしまうのだが、これは観光用にとってあったのですね。
これを見ると「博多に来た!」感じがするよね。展示場所が第3ターミナルだから、こっちに来るお客さん少ないかもだが…。

なお、博多と福岡の関係がわからない方が若干(結構)いるようだ。
JRで博多駅に行くと福岡市から遠いかと思って飛行機で福岡空港に来た、という話をどこかで聞いた。
福岡市中心部へは、福岡空港より博多駅のほうが近いです。どっちも福岡市内にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.01

大晦日の箱崎宮

こちらは箱崎八幡宮。

Hakozaki795

年明け前だけれど、参拝客の姿もちらほら見える。
社殿内では神官たちが「神事」をしている最中だった。雅楽の音も聞こえていた。

Hakozaki792
一の鳥居。黒田長政が建立したという。
黒田氏は香椎宮の本殿建立もしたし、領内あちこちの寺社に援助したようだ。
領地経営も楽じゃないですね(50万石の大藩とはいえ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日の東長寺

去年も東長寺の前を通ったんだっけ。
変わりばえしない大晦日だなーと思いつつ。
Tochoji787
東長寺の灯りは私のお気に入りスポット。

Tochoji783
東長寺は福岡藩主・黒田氏の菩提寺だった。江戸でいえば増上寺のような存在。
なので、博多のメインストリート(市小路--現:大博通り)にある。
江戸時代以前はもっと海岸寄りにあったらしい。

Tochoji788
開祖は空海と言われる。
実際に空海が作ったかどうかはともかく、唐への出入港地だった博多に、空海の足跡を残していったものだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »