« 愛宕神社まわりの桜 | トップページ | 愛宕山ケーブルカー »

2007.03.29

愛宕神社から博多湾を眺める

Atago35愛宕神社から見た博多湾。
真ん中に福岡タワー、その右のビルの陰にヤフードームが見える。前の川は室見川。
※今の季節、晴れた日は黄砂がすごくて空も向こうの島も黄色っぽく霞んでしまっている。

ビルの左側に松林が見えるけれど、このへんは全部埋め立て地で、十数年前まで海だった。
埋め立てでできた海岸に松の木を植えて、「白砂青松」の景観をつくった模様。大河ドラマ「時宗」はこの海岸をロケ地に使い、鎌倉時代の博多の町のセットを作ったそうだ。

川のこちら側、低層住宅が広がる町も、昭和30年頃まではほぼ海。
私の感覚では、ヤフードーム(ホークスタウン)あたりからの距離感で、「愛宕は福岡の内陸の山」の感じがあったけれど。本当は海のすぐそばの山であり、神社だったのね。

|

« 愛宕神社まわりの桜 | トップページ | 愛宕山ケーブルカー »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/14444517

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕神社から博多湾を眺める:

« 愛宕神社まわりの桜 | トップページ | 愛宕山ケーブルカー »