« 平戸の写真を追加--教会の続き | トップページ | 地図フェチの水鳥寿思さん »

2007.04.23

博多の旧町名--なぜ蔵本になっちゃったんだろう

博多の古地図を見ていて、解せないことがある。

Hakata65それは、ココ。
←博多のど真ん中に「蔵本」という交差点があるのだけど、古い地図を見ると、ここは蔵本じゃないじゃないのー。

Kuramotomap_1左の地図は昭和36年の福岡市街地図((株)塔文社発行)。
赤いマルの中が今の蔵本交差点になる。「文 奈良屋小学校」は今の博多小学校だ。

交差点の場所、どう見ても、「上市小路(かみいちしょうじ)」ですよ?
蔵本は少し左の小さな一角の町名になっている。

なんでこの「蔵本」が上市小路の交差点名になっちゃったんだろう?
交差点から離れてるし。より近くに他の町名があったりするし。

*  *  *

蔵本は江戸時代には「蔵本番(くらもとばん)」と言った。
博多の収納蔵があって、番人がいたそうである。他にも「奈良屋番」「釜屋番」など、番のつく町があった。
明治7年に「番」を町に改名し、蔵本町、奈良屋町などと称した。
(「古地図の中の福岡・博多」(海鳥社:刊)P72参照)

その状態が昭和41年まで続く。だから、上の地図は江戸時代の町境と町名をほぼ踏襲している(町が細かいことこの上ない。道路は新しくできたのもあるが)。

で、昭和41年の「町界町名変更」で町境と町名が大幅に整理されたわけだが…

そのときに「市小路」の名が消えて、「蔵本」交差点になっちゃったのだろうか?
もったいないなー。
「市小路」は、太閤町割、つまり博多の町の基盤ができたときに最初に付いた通り名だというのに。

蔵本が市小路の交差点名になるのは、太閤町割以来の町の区切りである「流(ながれ)」にも反している。
蔵本(蔵本番)は西町流(=南北の通り:上の地図ではタテ方向)に属し、市小路は呉服町流(西町流れの東隣りのタテ方向。今の大博通り)に属していた。
流が違うではありませんか。

どーも解せない。蔵本を交差点名にする特別な理由でもあったのかしらん?

*  *  *

今、蔵本町も市小路町も町名としては残っていない。
町名復活(長崎市や金沢市のような)は難しいとしても、せめて交差点名・通りの通称として、本来の場所に旧町名を復活させることはできないものか。
「市小路交差点」とか「市小路通り」とか。
ダメですかねえ…。
(「ふれ愛通り」みたいなつまんない通称は地域活性化とか言ってついてる気がするけど、こりゃ私のひが目ってやつ?)

|

« 平戸の写真を追加--教会の続き | トップページ | 地図フェチの水鳥寿思さん »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/14820841

この記事へのトラックバック一覧です: 博多の旧町名--なぜ蔵本になっちゃったんだろう:

« 平戸の写真を追加--教会の続き | トップページ | 地図フェチの水鳥寿思さん »