« 博多川・船乗り込み | トップページ | NINAGAWA十二夜:博多座 »

2007.06.19

1945年6月19日--福岡大空襲

Sensai20862年前の今日、深夜。福岡は空襲を受けた。
博多の町の大半、福岡市中心部が焼け、死者902人、行方不明244人、負傷者1708人にのぼったという。

写真は冷泉公園の戦災記念碑。記念、というのもナンだけど…。

公園隣の冷泉国民学校や奈良屋国民学校(小学校:現在は博多小学校に統合)も焼け、残った校舎が遺体安置所になったそうだ。

敗戦直後の航空写真を見ると博多・福岡の被災状況がよくわかる。

国土地理院、空中写真閲覧サービス:福岡県庁・博多駅周辺の変遷。

昭和22年の写真で、何もなくなっている場所がだいたい冷泉、奈良屋校区。
戦後、朝鮮半島から引き揚げてきた人が、「博多港から博多駅が丸見えだった」と。確かにこれ、悲しいまでに、くっきり見えたろうねぇ。

※博多駅は被災していない。昭和22年当時は現在位置より北西(左ナナメ上)にあった。今の博多駅の場所が空き地に見えるけれど、ここは畑だったところ。

Sensai211
記念碑の壁面。
公園で毎年慰霊祭が行われる。

|

« 博多川・船乗り込み | トップページ | NINAGAWA十二夜:博多座 »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/15487867

この記事へのトラックバック一覧です: 1945年6月19日--福岡大空襲:

« 博多川・船乗り込み | トップページ | NINAGAWA十二夜:博多座 »