« 博多小学校の脇--中世の名残 | トップページ | 流星舎サイトをリニューアル »

2007.07.24

古地図で町めぐり--天神北のあやしい道路

地図上に「あやしい道」(方向や曲がり方が他の道路と合っていない、不自然な道)があったら、そこはたいてい鉄道か川か海岸だったところだ、と私は睨んでいる。

Nagahama21_6 たとえば、こことか。

福岡市中央区、天神北から舞鶴1、2丁目の道。(地図の赤い色の道路)

他の道と方向がよじれている。

明らかにあやしいではないか(@_@)(@_@)


Nagahama19_3江戸時代(1812年頃)の地図を重ねてみる。

2つのお寺(安国寺、少林寺)と、タテ方向の道路が重なるように置くと、やはり赤い線の道は海岸線をほぼなぞっている。

安国寺、少林寺からはすぐ海岸。その西(左側)には「船町」「東職人町」「西職人町」などの町名が書かれている。福岡城下の職人・町人が海沿いに住んでいたのだ。

今の「長浜」は全域が海の中で、蕎麦屋さんの場所もだいぶ沖合になってしまう。

※江戸時代の地図は道幅・道路の間隔などがそう正確でないから、もう少しずれているかもしれない。
現代の地図:「ライトマップル福岡道路地図」昭文社(2004年・刊)
江戸時代の地図:「福岡城下町・博多・近隣古図」(1812年・写)
(「古地図の中の福岡・博多」海鳥社 より引用)

Nagahama238←今の風景はこうなっている。長浜公園の交番から西方向を見た写真。
中央奥に続く細めの道が200年前の海岸。

|

« 博多小学校の脇--中世の名残 | トップページ | 流星舎サイトをリニューアル »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/15864279

この記事へのトラックバック一覧です: 古地図で町めぐり--天神北のあやしい道路:

» 全国「空き交番」ゼロに [磯野 ブログ]
空いてる交番意味ないですよね。 暗い夜道、交番があると安心なのに、警官いないこと本当に多いです。 空き交番」ゼロ解消を達成、うれしいです。 [続きを読む]

受信: 2007.07.24 17時56分

« 博多小学校の脇--中世の名残 | トップページ | 流星舎サイトをリニューアル »