« かぶりもの劇団は真夏も元気 | トップページ | 川端・中洲--飢人地蔵(その2) »

2007.08.24

川端--飢人地蔵

博多川のほとり、ビルに囲まれてひっそり建つ飢人地蔵(うえにんじぞう)のお堂。
Jizou178

江戸時代、享保17年(1732年)の大飢饉で、博多の人口2万人のうち3分の1の人が飢えで亡くなったという。
この人々を弔い、飢人地蔵が建てられた。市内各所にあるそうだが、川端では毎年8月23日・24日に飢人地蔵夏祭りを行い、供養をしている。

Jizou181
大きくて長い博多提灯。こういう盆提灯は他所であまり見ない気がする。

休憩所では「あめ湯」が振る舞われていた。
24日には博多川に灯籠を流す。

日本の夏は、死者の慰霊がことのほか多い。
当ブログも8月のエントリは墓とか供養の話ばかりになってしまった(-_-)

|

« かぶりもの劇団は真夏も元気 | トップページ | 川端・中洲--飢人地蔵(その2) »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/16221232

この記事へのトラックバック一覧です: 川端--飢人地蔵:

« かぶりもの劇団は真夏も元気 | トップページ | 川端・中洲--飢人地蔵(その2) »