« 博多灯明ウォッチング--聖福寺 | トップページ | 博多の歴史を静かに語る »

2007.10.22

博多灯明ウォッチング--灯明献上道中

灯明献上道中
灯明ウォッチングで行うのは今年が初めて---だと思う。

博多券番のきれいどころを始め、着物姿の女性たちの道中。
Douchu06

拍子木が打たれ、提灯を先頭に、姐さん方が東長寺前に現れる。

博多券番とは、博多の芸妓の事務取扱所のこと。
博多芸妓は江戸時代中頃から登場したという。
明治・大正時代には二千名の芸妓がいて、券番が取り仕切り、隆盛を誇ったようだ。
今は芸妓も二十数名に減って、普段お目にかかることは滅多にないが、博多どんたくなどで芸を披露している。

道中は大博通りを少し行ってから聖福寺へ。

Douchu56_2

Syofukuji54_2

聖福寺の提灯

聖福寺の門に入る前に一礼。
黒留め袖と帯が粋です。

Douchu16
道中の提灯。

*  *  *

献上道中、もう少し灯りを取り入れたら良かったんじゃないかなと思う。
あまりケバくする必要はないけど。
道中の提灯を明るくするとか、手持ちの提灯を多くするとか。
一方、博多松囃子稚児舞は舞台のライティングが強すぎ(10月20日聖福寺)。
ビデオ撮影でもしていたのかもしれないが、あんなに強いライトを当てなくても…と思った。
せっかく「灯明の夜」としてやっているのだし、光の加減を考えていただけたら、さらに素敵なイベントになるのではないかしら。

 

|

« 博多灯明ウォッチング--聖福寺 | トップページ | 博多の歴史を静かに語る »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/16840929

この記事へのトラックバック一覧です: 博多灯明ウォッチング--灯明献上道中:

« 博多灯明ウォッチング--聖福寺 | トップページ | 博多の歴史を静かに語る »