« 新幹線つくってる場合かい?(3)--観光振興になるのか | トップページ | 長崎新幹線--佐賀県知事に異議あり!(1) »

2007.12.22

新幹線つくってる場合かい?(4)--ストロー効果

前回紹介した佐賀県サイト「新幹線整備の経済効果」では「ストロー効果」について一番下で触れている。

(※ストロー効果:交通網の開通により、中継地点が衰退したり、より大きな都市に人が流れて他の都市が衰退したりすること)

鹿児島新幹線開業により、鹿児島県外から県内への買い物客等の波及効果は165.7億円。県内から県外への波及効果は48.4億円。したがって鹿児島県にとってはプラス効果がマイナス効果の3倍であった。
だからストロー効果は心配ないですよ、という主旨。

こういうのを佐賀県のサイトで「新幹線推進」PRとして書くセンスって?

鹿児島新幹線=部分開業、鹿児島が終点、沿線最大都市は鹿児島市(開業部分)
長崎新幹線=長崎が終点、佐賀は中継地点、沿線最大都市は福岡市

このような違いがあるのに「鹿児島ではこうだったから、ストロー効果の問題はない」と書く気が知れない。

むしろ、新幹線開業で鹿児島県にとってプラスがマイナスの3倍あったということは、その分熊本県が割くってると思うのだが(単純にマイナスが3倍、ではないにしろ)。佐賀県は割をくう立場じゃないかなあ。

このサイトを作った人、「あれ? じゃあ佐賀県は長崎県や福岡県に吸い上げられてしまうんじゃ?」と思わなかったのかな。思っているのであえてこのデータを載せたとしたらある意味偉いと思うけど。

佐賀市の場合、新幹線に関係なく既にストロー効果は現れている。福岡市に近いため、買い物などは福岡に出かけてしまう佐賀市民が多いのだ。
新幹線の佐賀--博多区間の時間短縮がわずか5分なので、新幹線がどれくらい影響するかはわからない。ただ、料金は確実に上がる。たった5分縮まっただけで。
佐賀県民の世論調査で「新幹線必要:28% 不要:56%」の結果が出るのも道理である。
(ダブルスコアで不要が多い。福岡市オリンピック招致と同じだ(^^;))

|

« 新幹線つくってる場合かい?(3)--観光振興になるのか | トップページ | 長崎新幹線--佐賀県知事に異議あり!(1) »

まちづくり」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/17436283

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線つくってる場合かい?(4)--ストロー効果:

« 新幹線つくってる場合かい?(3)--観光振興になるのか | トップページ | 長崎新幹線--佐賀県知事に異議あり!(1) »