« 香椎宮の鳴戸部屋 | トップページ | 悲しみの博多港--「その時歴史が動いた 戦後引き揚げ」 »

2007.12.06

JR鹿児島本線・廃線跡と旧箱崎駅

JR鹿児島本線沿いにある福岡銀行駐車場に、旧線の枕木が保存されていた。

Senro57

Senro58

↑「枕木の思い出 そのむかし、この敷地に鹿児島本線がありました」

そのむかし、と言ってもそれほど昔の話ではなくて。
2004年に鹿児島本線箱崎駅が移動新築されて、吉塚--箱崎間の高架化が完成したのである。路線そのものの廃線ではないが、これも廃線跡のひとつ。

撤去工事中の鹿児島本線・旧線(2004年春)

箱崎--吉塚の踏切から。

Haisen04_2_2

左側に新しい高架路線が見える。

旧箱崎駅の跨線橋。

Haisen04_8

旧箱崎駅は小さく可愛い駅だった。今の箱崎駅は各駅停車しか止まらない駅(1日に1本快速停車)にしては立派になった。

この区間の高架化は沿線住民の長年の願いだったそうです。
(踏切で子どもが事故に遭ったとのことで…)

吉塚駅も小さな駅舎だったのが全面高架化によりやはり大きく広くなった。
都市近郊の駅はどんどん姿を変えていきますなあ。

|

« 香椎宮の鳴戸部屋 | トップページ | 悲しみの博多港--「その時歴史が動いた 戦後引き揚げ」 »

「地域・歴史」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/17289616

この記事へのトラックバック一覧です: JR鹿児島本線・廃線跡と旧箱崎駅:

« 香椎宮の鳴戸部屋 | トップページ | 悲しみの博多港--「その時歴史が動いた 戦後引き揚げ」 »