« 「燃えよドラゴンズ!」と初音ミクの幸福な出会い(2) | トップページ | JR鹿児島本線・廃線跡と旧箱崎駅 »

2007.12.01

香椎宮の鳴戸部屋

大相撲九州場所開催中の鳴戸部屋。
Kasii119
鳴戸部屋と稀勢の里ののぼり。

Kasii120
稽古部屋の前。
稀勢の里、若の里ののぼりがあった。
同部屋の隆乃若が引退してしまったのは残念。

隆乃若は鳴戸親方の弟子で若の里とともに期待された。
関脇に上がった時は大関も間近かと言われたが、故障に悩まされ、幕内下位から十両で低迷するようになった。
再び幕内に…と願っていたけど、とうとう秋場所で引退したとのこと。
うーん、寂しい。大型で身体が柔らかく、大鵬みたいな力士になると思ったのに(それにイケメンだし)。

隆乃若は長崎県平戸市・生月(いきつき)の出身。
平戸に行った時、入った喫茶店には隆乃若の写真やグッズがたくさんあった。
地元の人たちも残念でしょうね。
長い間お疲れ様でした。>隆乃若関

|

« 「燃えよドラゴンズ!」と初音ミクの幸福な出会い(2) | トップページ | JR鹿児島本線・廃線跡と旧箱崎駅 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/17246236

この記事へのトラックバック一覧です: 香椎宮の鳴戸部屋:

« 「燃えよドラゴンズ!」と初音ミクの幸福な出会い(2) | トップページ | JR鹿児島本線・廃線跡と旧箱崎駅 »