« 悲しみの博多港--「その時歴史が動いた 戦後引き揚げ」 | トップページ | 光明寺--仏と鳥居 »

2007.12.13

太宰府--光明寺の石庭と落葉

先週末の光明寺(光明禅寺)。
紅葉はもう過ぎて落葉になっていた。

Komyoji127

お堂前の庭。落ち葉の溜まる所がだんだら模様。

 

Komyoji133

中の庭。
石庭に葉が落ちて、渦巻きが鮮明になっている。

光明寺は九州で唯一石庭がある寺だそうだ。
建造は鎌倉時代。

Komyoji131

お堂から前の庭を見たところ。
向こうの民家の木に柿がいっぱい成っている。
柿の木とお寺は、昔の日本の風景の良いモチーフ。
「柿食えば 鐘が鳴るなり…」

光明寺は太宰府天満宮のすぐそば(参道途中を右に入る)にあるので、このあたりは風致地区として建築規制があるのかもしれない。
周囲に今ふうの家やビルや看板はなかった。

|

« 悲しみの博多港--「その時歴史が動いた 戦後引き揚げ」 | トップページ | 光明寺--仏と鳥居 »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/17358630

この記事へのトラックバック一覧です: 太宰府--光明寺の石庭と落葉:

« 悲しみの博多港--「その時歴史が動いた 戦後引き揚げ」 | トップページ | 光明寺--仏と鳥居 »