« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008.01.27

マスターズリーグ名古屋vs福岡

プロ野球マスターズリーグ、名古屋エイティーデイザーズvs福岡ドンタクズの試合を見てきた(1月26日、ヤフードーム)。

名古屋エイティーデイザーズ(80D'sers=80日目:やっとかめ)は、中日ドラゴンズOBが中心のチーム。ドラファンの私は「誰が出るかなー」とワクワク。

ピッチャー、鈴木孝政、そして小松辰雄。
わーい\(^o^)/ 我が青春時代の名投手だ!
Masters467

スクリーンに映る鈴木孝政投手。

Masters472

3回ウラのメンバー。
P小松。彦野、川又(名古屋)、苫篠、島田、達川(福岡)は私には懐かしい選手たちですね。
これで今中慎二投手が出たら最高! だけど今回は登板なし。

私が球場に着いたときは1回の攻撃が終わっていたのだが、名古屋は権藤博が先発、福岡の中西太が打席に立ったんだって。
このお二人の現役時代は知らないけれど、名勝負の演出ですわねえ。

Masters473
観客が案外大勢入っている。
熟年のファンだけでなく、少年野球チームの子どもたちも来て、「ボールこっちに投げてくださ〜い」と盛んにコール。

Masters480

試合は6-5で名古屋の勝ち。
名古屋の監督、杉下茂さん。
53年前の中日日本一の投手だというのに、お元気。
昨年の日本シリーズ、ナゴヤドームの始球式で投げた。
「生きているうちにまた中日が日本一になって良かった」とおっしゃったとか。
いえいえ、まだ何回も日本一になりますよ(^o^) …であってほしい

40代、50代、それ以上の方々もいるマスターズ。
投げたり打ったりは往年の姿を彷彿とさせるが、やっぱり「走り」にはトシが出てしまうみたい。

本日の札幌アンビシャスvs大阪ロマンズの試合をもって、マスターズリーグ今季の試合は全部終わった。

あと1カ月ちょっとでオープン戦が始まる。公式戦は球団応援歌やマスコットも登場するし(ドアラ〜♪)、楽しみに待ってるよ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.24

福岡市地下鉄の今後(1)

久しぶりに福岡市地下鉄関係のニュースを見た。

七隈線延伸1600億円と試算--市議会特別委で議論へ
吉田市長は記者会見で「財政的には計画通りに延伸するのは難しいが、地下鉄が今のままで永遠に良いとは考えていない。何十年も先という意味では延伸も考えるべきテーマではないか」などと述べた。

七隈線は現在、天神南〜橋本間の12キロだが、JR博多駅へ乗り入れる「博多駅ルート」と、天神南駅から博多港へ向かう「WF(ウォーターフロント)ルート」の延伸計画もある。
市の試算では延伸の事業費は1600億円。

(朝日新聞1月23日付朝刊、福岡面より抜粋、要約)

延伸計画とはこれのことかな?
当初の地下鉄計画:「福岡の都市計画 1996」より書き起こし。
バブリーな夢--地下鉄七隈線 の図を再掲)

Tikatetu2_2

吉田市長は「財政健全化」を掲げて市長選に当選し、地下鉄延伸には消極的である。
が、今、地下鉄延伸に触れたのはどんな真意があったのだろう。

もしかして↓このような事情からかしら(2007年10月の話だが)。

 福岡市交通局は22日、2006年度決算で同市営地下鉄の七隈線(2005年2月開業)の事業収支が約62億円の赤字だったと明らかにした。1日当たり 乗客数は前年度比18%増の約5万1900人とやや上向いたものの、依然、市が開業前に設けた当初目標約11万人の5割未満。利用の伸び悩みで前年度(約67億円)に続き、大幅な赤字を計上した。

(中略)

 一方、市営地下鉄の他の2線(空港線、箱崎線)は06年度の1日当たり乗客数が計約29万人と、年度目標(計約26万人)を上回り、約39億1000万 円の黒字。七隈線の大幅赤字を補う格好となり、地下鉄全線の06年度の事業収支は、約23億4000万円の赤字(長期計画では約22億3200万円の赤字 見込み)となった。
西日本新聞・九州経済サイト 2007年10月23日の記事より)

七隈線が2年続けて60億円台の赤字。他線(空港線、箱崎線)の黒字を食いつぶしてなお全体での赤字を出しているという現実がある。

地下鉄延伸には多大な投資が必要で、財政を考えればそんな余裕はない。
さりとて、延伸せずに放っておけば毎年60億円程度の赤字(七隈線のみでは)。
これまた財政的に困った話なんである。

※閑話休題:1年に60億円の赤字というと、バンバン廃止された旧国鉄、JR、第三セクターのいわゆる赤字ローカル線よりひどいのじゃない? ちなみに廃止が決まった高千穂鉄道の赤字が6〜7000万円/年、島原鉄道南線の赤字が1億1100万円/年だそうである。あら? 高千穂鉄道の約90年分の赤字を1年で出してるんだ。

  *  *  *

吉田市長は、2年連続60億円台の赤字という結果を見て、さすがに看過できないと考えたのだろうか。こんな状態が10年続いたら600億円の赤字になってしまうから。

七隈線の営業不振は、ひとえに路線が不便だからだと私は思う。既存線に接続しておらず、乗り換え駅が遠い(600m歩く!)
PRや料金割引などの営業努力だけでは、乗客数の大幅増は見込めないだろう(それでも前年より乗客が増えたのだから健闘しているほうかと)。

延伸の事業費が1600億円というのは、おそらくWF(博多港)と博多駅の2方向延伸の総事業費だと思われる。であれば、片方だけなら800〜900億円?

不便路線を放置しておくよりも、利便性を良くする1ルートを選択して延伸するほうがまだ良いのではないだろうか、と私なんぞは考えてしまうのである。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.19

子ども仕様--わかりやすいのかなこれは

当ブログがキッズgooサーチで見られていた。
博多祇園山笠の記事なのだが、「ふりがな設定」で表示されたようで、実際見てみたらこんなふう。

キッズgooによる表示

うへぇ〜。見づれえー(笑)

おまけにふりがなが正確じゃないんで。

博多祇園山笠は(はかた)(ぎおんやま)(かさ)になってる。
「集団山見せ」は(しゅうだん)(さん)(み)せ。

機械の処理だからしょうがないっちゃしょうがないか。

(しかし、タイトルが はかた ぎおんやま かさ なのに
本文では全く同じ漢字が はかた ぎおんやま がさ なのはどういうわけだ?
東 は、普通「ひがし」だと思うが、「あきら」……??
東をあきらと読むのはかなり特殊でないかい?)

固有名詞や独自の読み方が違ってしまうのは予想通り。
博多では「流=ながれ」だけど、みんな「りゅう」にされている。
歴史的名称のうち、天草四郎時貞が正確なのに対し、神武天皇が「こうたけてんのう」なのは笑えた。戦前だったらエライことになりそうだ。

子どものためにふりがな設定がされるわけだけど、区切りや読み方が間違ってしまうふりがなって、子どもに親切なのかなあ。

私は独自名称、難解語彙に読み方を書くことがたまにあるけど、

八(はち咫烏しう)=やたがらす

これを見た子どもはどう解釈しただろう。

咫烏が「やたがらす」ですから。お間違いのないよう(とここで書いても見てないか)。

正確さが半端なふりがな設定なら、無いほうがよくないか? とも思えるが、いかがなもんかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.11

新幹線の車窓風景

長崎新幹線建設にはさんざん文句をつけたが、交通機関として鉄道(新幹線含む)は優れていると思う。エネルギー消費、環境への負荷、安全性、定時性の点で。

というわけで、福岡から東京に行くのもできれば新幹線を使う私。
Sinkansen269

京都を過ぎ、米原あたりで急に雪景色。
関ヶ原付近は雪で止まってしまうことがある。
この日も徐行運転。
(それにしても岐阜羽島駅は「政治駅」と言われた。ある政治家の地元? 今建設中の九州新幹線鹿児島ルートにも「なんでここに駅?」と思われる駅ができる模様)

↓こちらは帰り。富士山の眺め。
Sinkansen389

岡山駅で。0系(初代新幹線)が停車していた。
Sinkansen390

今でも山陽新幹線の「こだま」として走っている。
もうすぐ引退だと聞いた。今年の秋だっけか。
現役で使われている姿を見られてよかった(^^)
その横顔は心なしか哀愁を帯びている…ように見える。
長い間お疲れ様。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.01.10

空港の山笠

福岡空港国内線ロビーに博多山笠が飾られていた。
今回のは搭乗口近く。
Airport254

これは神武天皇の東征ですかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »