« 空港の山笠 | トップページ | 子ども仕様--わかりやすいのかなこれは »

2008.01.11

新幹線の車窓風景

長崎新幹線建設にはさんざん文句をつけたが、交通機関として鉄道(新幹線含む)は優れていると思う。エネルギー消費、環境への負荷、安全性、定時性の点で。

というわけで、福岡から東京に行くのもできれば新幹線を使う私。
Sinkansen269

京都を過ぎ、米原あたりで急に雪景色。
関ヶ原付近は雪で止まってしまうことがある。
この日も徐行運転。
(それにしても岐阜羽島駅は「政治駅」と言われた。ある政治家の地元? 今建設中の九州新幹線鹿児島ルートにも「なんでここに駅?」と思われる駅ができる模様)

↓こちらは帰り。富士山の眺め。
Sinkansen389

岡山駅で。0系(初代新幹線)が停車していた。
Sinkansen390

今でも山陽新幹線の「こだま」として走っている。
もうすぐ引退だと聞いた。今年の秋だっけか。
現役で使われている姿を見られてよかった(^^)
その横顔は心なしか哀愁を帯びている…ように見える。
長い間お疲れ様。

|

« 空港の山笠 | トップページ | 子ども仕様--わかりやすいのかなこれは »

「旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

環境先進国であるヨーロッパ諸国のようなやり方なら、これからTGVやICEの延伸などは賛同できます。もちろん東海道新幹線ほどの需要はありませんが、極力飛行機よりは鉄道を利用してもらい、(同じ輸送量ならCO2排出量は5分の1になりますので)環境のことを考えるならそれでもいいです。決して長崎だけは×、それ以外は○とか特定の路線だけをヒイキしたりヤジったりもしません。でも、日本の場合はそれ目的ではなく、自民系議員さんの票稼ぎ(癒着の土建業者が公共事業で儲かる)の割合が多いと思います。日本国内で「環境のために・・・・」と言えば、それは裏が見えているようなもので建前にしか見えません。

投稿: ロイヤル/ソロ  | 2008.01.12 10時43分

>ロイヤル/ソロさん

ヨーロッパの交通政策、具体的に教えてくださるとありがたいです。
参考になるサイトや書籍の紹介でもいいですので。
よろしくお願いします。

投稿: kiriko | 2008.01.15 11時49分

http://eco.nikkei.co.jp/news/article.aspx?id=2007102603029n1

 一応、日経エコロミーというところのある日、10/25の記事を載せておきます。
 他にも、環境関連の記事が「バックナンバー」として掲載されています。

 具体的にではなく、おおざっぱに見た言い方ですが、日本とは違い、もう「国策」として温暖化対策に取り組もうという姿勢がフランスなどに見受けられます。
 はたして、マイカーまでは規制されるのかはわかりませんが、「断熱改修」(冷暖房のエネルギー消費を少なくする狙い)が「義務」となるのは自分のような日本人にとっても何か切迫するような思いもします。
 それと、日本では不要とも思える??空港、またどこか空港が開業しようとしているところもありますが、フランスではもう新たな空港どころか「高速道路」の建設も凍結と聞いて驚きました。
 将来は、「国境を一つまたぐくらいでも鉄道、よほと遠くなければ飛行機にはしない」なんて、より環境(=京都議定書)にうるさくなるような気もします。

 ここまでして国を上げて将来に貢献しようと言うなら気持ちもわからないわけでありません。

 日本の場合はどちらかと言えば、「将来」ではなく、「今一時のこと」を考える人が多いのでしょうか。
 
 

投稿: ロイヤル/ソロ  | 2008.01.15 20時48分

> ロイヤル/ソロさん

記事のご紹介ありがとうございます。
国も自治体も、環境問題を視野に入れた交通政策を総合的に検討する必要があるでしょうね。
ナントカ再生会議なんていうのよりもよほど重要なんですが。

投稿: kiriko | 2008.01.17 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/17646422

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線の車窓風景:

« 空港の山笠 | トップページ | 子ども仕様--わかりやすいのかなこれは »