« ひっかかる標識 | トップページ | 邪馬台国シンポジウム(3)--墓は語る »

2008.03.14

「政治的に中立でないとカネは出さん」…の傲慢と弛緩

ちょっと前から気になっているニュース。

映画「靖国 YASUKUNI」

…「政治的中立性に問題がある」と、一部国会議員が一般公開の前に試写会を要求。
試写の後、「助成が適正だったか検討したい」と話す。

asahi.comの魚拓「国会議員横ヤリの「靖国」試写会に80人 偏向指摘も」
(2008年3月12日)をご覧ください。

この要求をした国会議員(稲田朋美議員ら)の傲慢さには恐れ入る。

「政治的中立性に問題がある」って、この方々は政治的中立性を正しく判定できる神様ですか?
自分だって全然「中立」じゃないじゃん。ある思想信条があって議員になり、思想信条に基づいて議員活動しているんでしょ?
自分らの思想信条は、一般市民の表現活動(によって発現される思想信条)に優越し、助成金出すの出さないのの権限を発動できると考えているのかと。
独裁国家にはありがちだけどね。こういうのは。

それと、この人たちは自分が「常に」政権与党にいて力を持っていられると思っているのかな。実態としては小泉郵政選挙のバブル票で当選したってとこだろうに。
今後政権交代なんかがあって、違う考えの人が内閣つくる可能性もあるのに。

もしも彼らと異なる思想信条の人が首相や文科相になって、「靖国を支持するような、中立でない活動に助成金は出さん」と言ったらどうなのか。
「そうなったら、それは当然受け入れる。権力を持つとはそういうことだ」とまで考えているのだろうか。

教育基本法改正に関して小熊英二氏が語っていたことを思い出す。

教育基本法改正 インタビュー(下)

|

« ひっかかる標識 | トップページ | 邪馬台国シンポジウム(3)--墓は語る »

「文化・芸術」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/40497531

この記事へのトラックバック一覧です: 「政治的に中立でないとカネは出さん」…の傲慢と弛緩:

» 「検閲」の意図はないそうだが [かめ?]
「脅し」ではあるな。 映画「靖国」自民国会議員向けに試写(産経新聞) 試写を求めた自民党の稲田朋美衆院議員は終了後「検閲の意図は全くないが、政治的に中立な映画かどうかは若干の疑問を感じた。イデオロギー的なメッセージを強く感じた」と述べ、今後、助成金につ....... [続きを読む]

受信: 2008.03.14 21時21分

» 本の反骨 03142008 [つき指の読書日記]
 マスコミ報道が毎日、どう選別基準をもってなされるのか、さまざまな切り口で大小まぜこぜに事実、事件が流される。いまなら通常国会での政党間の駆け引き、これも参議院で民主党など野党が過半数を制しているから、政局含みの激しい攻防戦になる。民主主義の醍醐味で、いかに自党の政治行動が正当か、政策が有効か、日曜日の政治討論番組でも、宣伝戦さながらに激しいやり取りがなされる。  白熱化するアメリカの大統領選、その予備選もそれ以上に白熱化し、スピーチライターが各州の事前の世論調査をもとに、支持率を上げる...... [続きを読む]

受信: 2008.03.14 22時10分

» 靖国 YASUKUNI [香水]
【靖国神社】について教えてください・・!【靖国神社】について教えてください・・!靖国神社は、どうして公人が参拝することに賛否が分かれているのでしょうか??私は政治に興味... [続きを読む]

受信: 2008.03.20 19時49分

« ひっかかる標識 | トップページ | 邪馬台国シンポジウム(3)--墓は語る »