« さよなら島原鉄道(5)--車両いろいろ | トップページ | さよなら島原鉄道南線(7)--雨の中を消えてゆく… »

2008.03.31

さよなら島原鉄道南線(6)--島原駅

そういえばエントリのタイトルをずっと「さよなら島原鉄道」と書いてきてしまった(初回を除いて)。
これじゃ島原鉄道が全部廃線になるみたいだ。大変失礼しました。
廃止されるのは南線だけです。

さて、加津佐から乗ってきて、島原駅で降りた。
Simabara637
駅名の字が随分と大きくない?
わかりやすくて良いと思うけど。
書体が丸ゴシック系なのもJRと違って独自仕様。
(JRは写研のゴナを使っていると思う。ゴナは印刷が写植だった時代にはよく使った書体)

Simabara639
島原駅。島原城をイメージした駅舎。

Simabara638

駅前にも子守の像が。少女だけど体格は良い。

Simabara674

駅構内には昔の機関車の絵が飾ってあった。

|

« さよなら島原鉄道(5)--車両いろいろ | トップページ | さよなら島原鉄道南線(7)--雨の中を消えてゆく… »

「地域・歴史」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/40698406

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら島原鉄道南線(6)--島原駅:

« さよなら島原鉄道(5)--車両いろいろ | トップページ | さよなら島原鉄道南線(7)--雨の中を消えてゆく… »