« さよなら島原鉄道南線(6)--島原駅 | トップページ | 映画「靖国」上映中止が広がる--泣く子と地頭効果 »

2008.03.31

さよなら島原鉄道南線(7)--雨の中を消えてゆく…

翌日(3月23日)は前日とうってかわって雨。
1週間後の30日も雨だったようだ。
春の気候はどうしてもそんな巡り合わせになる。

Simabara675
島原駅。トロッコ列車が出たところ。
乗客は多かったけれど、さすがに吹きさらしのトロッコに乗る人は少なかった。

Simabara689

南島原駅の車両基地。
中央に立つ人は撮影に来た人か。

Simabara693
加津佐行きキハ2500形。
窓ガラスが曇って景色はあまり見えない。でも客はぎっしりでした。
加津佐行きはもうなくなってしまうけれど、このタイプの車両は北線で活躍する。

|

« さよなら島原鉄道南線(6)--島原駅 | トップページ | 映画「靖国」上映中止が広がる--泣く子と地頭効果 »

「地域・歴史」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/40712888

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら島原鉄道南線(7)--雨の中を消えてゆく…:

« さよなら島原鉄道南線(6)--島原駅 | トップページ | 映画「靖国」上映中止が広がる--泣く子と地頭効果 »