« 邪馬台国シンポジウム(3)--墓は語る | トップページ | さよなら島原鉄道南線(1) »

2008.03.19

検閲の意図は無くても効果は出る

「政治的に中立でないとカネは出さん」…の傲慢と弛緩 の続報。

映画「靖国 YASUKUNI」の上映を予定していた東京の映画館のひとつが「迷惑がかかる」として上映とりやめ。
(朝日新聞、東京新聞

稲田議員、「検閲の意図は無い」とのことだが、「効果」は出てきたということか。

昔の人はこんなことを言った。

泣く子と地頭には勝てぬ

泣く子と地頭を兼ねている人には勝てねぇってかー。
あぁ、やだねぇ。

映画内容の善し悪しは、見てから議論評論すればいいじゃないの(あくまでも「言論」ですべし)。
「国会議員が問題視して、日本国内では一般公開できなくなった映画」にでもしたいんですか? 泣く子ならびに地頭様方。

|

« 邪馬台国シンポジウム(3)--墓は語る | トップページ | さよなら島原鉄道南線(1) »

「文化・芸術」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/40557259

この記事へのトラックバック一覧です: 検閲の意図は無くても効果は出る:

» 稲田が吹けば・・・儲かるのは、誰? [かめ?]
風が吹けば桶屋が儲かる そうですが、稲田が吹いた場合、どなたが儲かるんでしょう? 先日のエントリー「検閲」の意図はないそうだがの続報です。 『靖国』上映取りやめ新宿の映画館(東京新聞) 靖国神社を題材にしたドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」....... [続きを読む]

受信: 2008.03.19 18時51分

« 邪馬台国シンポジウム(3)--墓は語る | トップページ | さよなら島原鉄道南線(1) »