« 島原市内散策--金物屋さんの奥は茶房 | トップページ | 島原鉄道と「レイラ!」 »

2008.04.27

邪馬台国シンポジウム(番外)--卑弥呼様独白

Himiko2_3

わらわはヒミコよ。
2.5等身は気にしてはいけなくてよ。

「ヒミコ」は名前じゃないの。
ヒメミコ--聖なる美なる永遠なる女王のことね。
使いの者が魏の国に行って「ヒメミコ様におわす」と言ったら、魏の書記官がヒミコって名前だと思っちゃっただけ。
わらわの国では名前を言わないのが掟なんだから。下の者がわらわの本当の名前を言うなんてあり得ないの。

そうそう、「倭国」も「わ(我)の国」と言ったのに名前だと思われたのだわ。

わらわはヤマタイ(ヤマト)国女王じゃなくってよ。倭国の女王よ。間違えないでちょうだい。ヤマタイは都がある所ってことね。山の入口だからヤマタイ(ヤマト)、わかりやすいでしょ。
倭の言葉はわかりやすいのよ。ややこしいのはみんな魏の国や呉の国から来たのよ。でも、鏡も印もいただいたんだから、ありがたいわね。これでクナ国なんかわらわにひれ伏すわよ。今に見てらっしゃい。

ところであなた、倭国にいる方? あら、ニホンていうの? 倭の国はニホンと名付けられたのね、もろこし(唐土)の国から。
それはいいことね。いつまでも「ワ」「ワ」言ってたらオレオレ詐欺みたいだもの。

ニホンの皆さんは、わらわの国をずっと探していらっしゃるのね。
いつか、わらわを見つけてくださるかしら。
草葉の陰--じゃなかった、陵(みささぎ)の中でお待ちしててよ。

(注)卑弥呼様のお言葉は神がかりして難解なため、適宜現代語に変換しました。
   卑弥呼様の衣裳・装飾品は適当な想像です。
   鏡は三角縁神獣鏡に似ていますが製作地は不明です。

|

« 島原市内散策--金物屋さんの奥は茶房 | トップページ | 島原鉄道と「レイラ!」 »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/40542408

この記事へのトラックバック一覧です: 邪馬台国シンポジウム(番外)--卑弥呼様独白:

« 島原市内散策--金物屋さんの奥は茶房 | トップページ | 島原鉄道と「レイラ!」 »