« 古い唄を聴く--「冬の華」磨香 | トップページ | 卑弥呼様、そこはちょっと違う »

2008.05.30

玄洋社記念館が閉鎖される(5月末)

玄洋社記念館(福岡市中央区舞鶴)が今月末をもって閉館になる、と知人から聞いた。

あ…、それは残念。そのうち行ってみようと思っていたのに。平日しか開いてないし、結局行かずじまいになりそう。

記念館の資料は福岡市博物館で保存するとのことだ。

*  *  *

玄洋社は、旧福岡藩士を中心に明治14年に結成された政治団体。

玄洋社の創設者・頭山満は、明治九年の変(神風連の乱、秋月の乱、萩の乱)のとき福岡藩士の決起を企て、投獄された。
その「明治九年の変」の碑が箱崎宮にある。
2006年12月12日 負けた人たちの歴史--「明治九年の変」の碑

Sinpuu455_2 「明治九年の変 先覚烈士之碑」
「進藤一馬」の名がある。

この人は元福岡市長だが、彼の父・進藤喜平太は
頭山満とともに投獄され、のちに玄洋社を創設したメンバーのひとりなのだ。
進藤一馬も玄洋社の社長を務めた。
(ということを写真を撮ったときに私は気づいておらず、最近ある人のブログ記述〈「遠方からの手紙」--かつ7416さんのblog〉がきっかけで知った次第)

明治九年の変の翌年、西南戦争が起きる。それに呼応して福岡で約500名の旧藩士が決起し、福岡県庁(旧福岡城)を襲撃した。これを福岡の変と呼ぶ。

このとき頭山満や進藤喜平太らは獄中にあり、西郷軍とともに戦うことがかなわなかった。その悔しさが玄洋社の設立に向かったようである。

玄洋社記念館は福岡の変を戦った人々の招魂祭を今も行っている。

明治維新前後の国内戦争で戦死した人の招魂、といえば、招魂社。

↓こちらは「官軍」(明治新政府軍)戦死者の招魂を行った。

Higasi721 「官祭 妙見 馬出 招魂社遺跡保存地」の碑
(福岡市 東公園内)

2008年4月8日 靖国・護国神社・招魂社--普通でない神社

 

|

« 古い唄を聴く--「冬の華」磨香 | トップページ | 卑弥呼様、そこはちょっと違う »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

トラバどうもです。
関係者も高齢でしょうし、関心を持つ人ももう少ないでしょうから、運営が困難になったのでしょうね。一度も開いているのを見たことがないので、実質的に休館状態が続いていたのかもしれません。
玄洋社は、福岡では、戦前の広田弘毅や中野正剛(東条を批判して自決に追い込まれた人)、戦後では緒方竹虎や進藤一馬まで、多くの政治家に影響を与えてきました。
保守と革新で立場は違えども、楢崎弥之助や山崎拓のような人にも、国士ふうの大言壮語が好きなところなど、その残滓のようなところはありましたが。

投稿: かつ | 2008.05.30 18時26分

かつさん こんにちは。
コメントありがとうございます。

閉館の直接理由は、入居しているビルが取り壊されるから、と聞きましたが、維持が大変になったのもあるでしょうね。
資料は市の博物館に移されるそうですから、そうやって保存されるならまあいいかな、と思います。確か今でも玄洋社コーナーがあったかと。

>楢崎弥之助や山崎拓のような人にも、国士ふうの大言壮語が好きなところなど、その残滓のようなところはありましたが。<

言われてみるとそうですね(^^) 楢崎さんは「国会の爆弾男」と言われていましたね。

投稿: kiriko | 2008.05.31 13時57分

はじめまして・・・ではないかもしれません^^
かつさんのところから来ました、Lightです。その節は失礼いたしました。
HNをお見かけしたような気がしていたのですが、以前玄洋社の記事からこちらに伺っていたことを思い出しました。

玄洋社記念館、閉鎖されてしまうのですね。
私は福岡の生まれ育ちで、しかも縁の深い高校に通っていたのに、最近まで「玄洋社」の存在を知りませんでした。行く機会を失ってしまい、残念に思っています。

それにしても、かつさんもkirikoさんも、(そして確かぶいっちゃんも)福岡のヒトなのですよね。リアルでもどこかでつながってるかも…と思うとちょっとコワイです(笑)
今後もよろしくお願いいたします。(どうぞお手柔らかに…^^;)

投稿: Light | 2008.06.01 22時49分

Lightさん こんにちは。
コメントありがとうございます。

ここは「水伝」論議と関連性のないblogで、怪しい奴と思われたかもしれませんが(笑)
ネットのコミュニケーションにはずっと関心があるのですが、エントリを書くには至っておりません。
当面、歴史ネタや地元ネタを主にやっていますので、お気が向きましたらまた覗いてやってください。
そちらにもまたお邪魔するかもしれませんがよろしくお願いします。

ところで玄洋社と縁の深い高校というと、「博多っ子純情」の主人公の喧嘩相手の高校ですかね(^^)
私は福岡でなく東日本出身で「ちくわぶ」が好きな人間ですけど。

投稿: kiriko | 2008.06.03 18時01分

黒龍会が再興されます。

七月二十六日東京の多磨霊園、内田良平大人の墓前において黒龍会再興の墓前奉告会が挙行された。

最高顧問に頭山立国、主幹に平岡浩太郎の曾孫で内田良平の血筋を引く田中健之、常任相談役に池尻泰顔
再興委員会三十六名が集まり内田良平大人の墓前において決意を誓った。

黒龍会の再興は玄洋社の再興でもあるとの意気に燃え日本右翼本流の道統を絶やす事無い歴史的決起でもあります。参加者同志は八月現在で七十名を数え、東京、名古屋、大阪に支部結成の予定もあります。

投稿: 池尻泰顔 | 2008.08.27 16時37分

池尻泰顔さん

情報ありがとうございます!

>最高顧問に頭山立国

この方は頭山満のご子孫なのでしょうね。

投稿: kiriko | 2008.08.28 13時31分

私の祖父の弟さんが玄洋社社員名簿に載っていたので、
行きたいと思ってたら閉館とのこと。 残念です。

玄洋社道場の明道館があるとのことで行ってみたいと思います。

投稿: 大塚秀樹 | 2008.12.03 16時26分

大塚秀樹さん。コメントありがとうございます。
やはり福岡には玄洋社に縁のある方が今でも多いのですね。

明道館というのは知りませんでしたが、また調べてみようと思います。情報ありがとうございました。

投稿: kiriko | 2008.12.05 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/41353236

この記事へのトラックバック一覧です: 玄洋社記念館が閉鎖される(5月末):

« 古い唄を聴く--「冬の華」磨香 | トップページ | 卑弥呼様、そこはちょっと違う »