« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.28

映画「靖国」その後

ひと頃大騒ぎになった映画「靖国 YASUKUNI」。
5月に東京で上映され、その後各地で静かに上映されているようである。

福岡でもやりますよ。
もちろん上映館はココ。福岡でマイナーな映画といったらココである。
(こういう宣伝はしないほうがいいのかな。でも今さら映画館にイヤがらせする奴もおるまいし。あ、そもそもこのブログでは宣伝効果ないってか)

「靖国」公式サイトも復活したようだ。
騒ぎによって上映を取りやめた劇場もあるが、逆に上映に名乗りを上げたところもあり、もしかして当初予定より地方の上映が増えたかも?

しかしまあ、助成金に絡め、いろんなクレームが出ること出ること…
「内容が中立でない」「反日だ」「歴史の事実に反する」「刀の説明が間違い」「撮された人の肖像権」「神社が許可してない」「刀匠がイヤだと言っている」「助成金適用可否を決める審査委員が政治的」

アホらしいレベルのもあるが、映画の重要な部分を占める刀匠が「私の出演場面を削除してほしい」と語った“らしい”話は、心配ではあった(ある)。
法的に問題ないとしても、多大な協力をしてくれた人に「出さないでくれ」と不快感を示されることは、監督・製作者としては辛いと思う。
刀匠のわだかまりが解けてくれたなら良いのだけれど。

*  *  *

だが、わだかまりが解けないなら、それはそれで仕方ない。
製作者(監督)は、取材対象者のために表現するのではないから。
表現によって他者が傷ついたり不快感を持ったりするのは致し方ないことだ。
「思っていたような映画でない」「自分が批判されている(ように見える)」「作品をネガティブに受け取る人がいる」…そのようなことに全部対応して「みんなに喜んでもらえる」表現しかできないとしたら、表現者の敗北だと思う。
(人権侵害など、不当に傷つけるべきではないが)

*  *  *

もう一つの問題として;
「刀匠の不承知」を取り上げた有村議員の行為には不審を抱かざるを得ない。
国会議員がかような問題に介在すること自体がおかしいのだ。
「この映画を潰してやる」意図があったとしか思えない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.27

玄界灘に北斗七星--見えるといいね

6月25日の朝日新聞(西部本社版)にこんな記事があった。

Hokuto_2(引用=青字)
水くむ「北斗七星」
世界で宗像近辺だけ

北斗七星の「ひしゃく」が玄界灘の水をすくうように見える「北斗の水くみ」=図=のデジカメ写真を福岡県宗像市などの実行委員会がこの夏、募集する。

(2008年6月25日朝刊)

おお〜、これは!

記事によると、北斗七星の「ひしゃく」が水平線にかかる風景が見られるのは、北緯33〜34度で、北に海がある地域。それは地球上でも北九州市・若松から宗像市のさつき松原一帯の海岸地域だけだそうである。

地球上でここだけ、というのが意外。
ヨーロッパにはありそうに思えるが、フランスやスペインは緯度が高い。北アフリカ北岸でさえも北緯35度くらいになる。他の33〜34度地帯は海から離れているか、海があっても北面じゃない。
案外ないもんなんだね〜〜(海上ならむろんアリだけど)

宗像市のさつき松原とは、当ブログのタイトルバックの写真↑↑なのだ。
夕日が沈む風景が綺麗だった。
私のデジカメで星座を捕らえるのは多分無理だけど、実景を目に焼き付けておくのもいいね。
いい写真は他の人に期待しよう(^^;)

水くみ写真展のサイト http://hokuto7.org/
※なんてわかりやすいドメインだろう。

7月1日午前3時30分頃 →→ 8月30日午後11時30分頃 が見える期間。
(徐々に時間が早まる)

〈シミュレートしてみよう〉

世界各地の緯度なんぞ調べていたら、こんなサイトを見つけた。
地球上のある地点の、特定日時の星空が見えるというすぐれもの。

世界地図

・地図画面の地点を選んでクリック
・条件設定(北斗の水くみなら、年月日を20080701、時刻を0330)して「OK」ボタンを押す
しばらくすると星空が表示される。

福岡の空だと…
わー、ホントだ。
おおぐま座の北斗七星・ひしゃくの底が北の地平線(水平線)ギリギリに見える。
福岡より北ではひしゃくが水平線から離れてしまい、南では沈み過ぎる。

いろんな場所・日時でやってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.20

福岡大空襲を語る催し

昨日、6月19日は、第二次大戦で福岡に空襲があった日だ。

(昨年の記事→「1945年6月19日--福岡大空襲」2007.6.19

Sensai211冷泉公園の戦災記念碑。
博多では冷泉・奈良屋地区が特に被害がひどかった。

今年はもうひとつイベントがあるのでお知らせ。

「−6.19 福岡大空襲− 朗読と語り部のつどい PEACEなタイム」

日時:6月22日(日)14:00〜
場所:テアトルはこざき(福岡市東区箱崎1-28-17-2F)
   JR箱崎駅より徒歩4分 筥崎宮の前の商店街を貝塚方面に少し行った所
入場料:大人700円 高校生以下300円

・2劇団(劇団すきやき・演劇きゃらばん劇列車)による朗読
・福岡大空襲語り部のお話

テアトルはこざきは商業映画館でなく、小劇場空間(イベントスペース)。
表現によるまちづくりを行うNPO法人「筥崎まちづくり放談会」が運営している。
以前、写真展に行ったことがありました。

テアトルはこざき事務局;
TEL. 092-611-6745 FAX. 092-622-8352
テアトルはこざきのサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.17

パオロンも福岡に来た

ドアラのことばかり書いていたけど。
パオロンも来たので、こちらの写真も上げておこう。
Pao792

ナデナデしたくなる可愛さ。

パオロンは福岡に来るのは初めてだったそうだ。
お兄ちゃん(?)のシャオロンはお留守番。

Pao793

Pao796

ぽってりのお腹とうるうるの瞳がチャーミング。

しかし…
パオロン=宝龍
これ、龍に見えるかい?
シャオロン(小龍)もだけど、ドラゴンズのマスコットの造形は特異だ…
シャオロンはこちら(中日ドラゴンズ公式サイト)

Pao797

前から見るとますます龍でない。ピンクのカバだがや。
中の人は視界が狭そうだね。てか、どこから見ているのだろう?

Pao810

グラウンド内でも触られまくる。

来年も福岡に来ておくれね♪(できればトリオで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.13

ドアラが福岡にやってきた・おまけ

せっかくドアラが福岡に来たので…
しかも、こんなTシャツを販売するって聞いたので…

探したんだけど、見つからなかったよぉ〜〜〜

売り切れちまったのかなあ。

しかしアンタ、明太子になっちゃうって、どーいうドアラだ。

それと、細かいことですが、ソフトバンクホークスの根拠地は「福岡」であって「博多」ではありません。
福岡と博多は別の町なのよ(福岡・博多のFAQ)

まあ、福岡と博多が一つの市になって100年以上経っているから(福岡市市制施行は1889年)、もうどうでもいいよ、という向きも多いのではあるが。
行政区分、名称は福岡だけれど、町のイメージとしては福岡よりも博多のほうが知名度が高いようだ。
「博多明太子」と言うけれど「福岡明太子」と言わない。
「博多っ子」と言うけれど「福岡っ子」と言わない(福岡市内の教育関係者を除く)。
博多出身じゃないくせに博多っ子を自称するヤツが多い。
とか、もろもろ。
※当ブログがそもそも「博多連々」だ(笑)…一応居住地は博多区だから詐称ではないけど。

何かデザインしたりシンボル化したりするときには、福岡より博多のほうがしやすいんだね。福岡っつうと黒田さん関係しか思いつかないし。

*  *  *

ドアラTシャツ博多バージョンを買えなかったので、ちっこいドアラをゲット。

Doala828

周りのキティちゃんやぬいぐるみは私宅の先客。

後半戦も頑張るのだドアラ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.12

ドアラが福岡にやってきた

待ちに待った、中日ドラゴンズVSソフトバンクホークスの交流戦!(6月11日)
年に2日だけ、福岡でドアラに会えるからね〜。交流戦はありがたや。
(日本シリーズで両者が対戦するのは10年に1度あるかどうかだし)

いつもは試合開始ギリギリにドームに行く私も、この日ばかりは1時間半も前にヤフードームに到着。
ドアラに直接お触りできるかな?(<こらこら) と思ったけど、それはなくて。
でもグラウンドでドアラの挙動不審ぶりが見えて嬉しい限り。

Doala803

ベンチからこそっと顔を出すドアラ。
やっぱりドアラの動きはヤフードームの方々も気になる様子。

Doala805

Doala806

「D」の文字は「リポビタンD」のDなので、ドラゴンズとは関係ございません。

Doala807

この「お尻」ですよ(^^)

Doala809

Doala812

寝っころがるドアラ、ハリーホークではなくてハーキュリーホーク。
(ホークス一家は大勢いるから覚えきらん)
パオロンは寝っころがると起きあがれないため尻を着けているだけ?

Doala815

バク転成功!

Doala819

ホークス応援チアガールと一緒に踊るドアラ。けどやる気なし(いつものことだが)。

Doala816

福岡の人々にも人気だよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.11

Nanの木 ガーデンテーブル

香椎参道の珈琲屋、Nanの木。

駐車スペースだった場所にガーデンテーブルとベンチが出ていた。
駐車は隣のコインパークで。

Nan773

今の季節は外が気持ちいい。

テーブルの上の紫陽花

Nan776

Nan778

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.05

卑弥呼様、そこはちょっと違う

卑弥呼様に勝手に独白していただいたのだが(2008.4.27「邪馬台国シンポジウム(番外)--卑弥呼様独白」)、その後知った情報を追加。

1. 鏡の色

TVニュース:NHKニュースウォッチ9(5月12日)
「三角縁神獣鏡をCG再現」
それによると、三角縁神獣鏡の成分は、銅(約75%)すず(約21%)等。
新品の色は「黄金に近い色」(黄色っぽい銀色)だそうである。

卑弥呼様のうしろの鏡は、現在展示されている銅鏡の写真を参考にしたため、青みがかった色をしている。これは年月が経って錆が出た状態。
せっかく卑弥呼様にお出ましいただいたのだから、新品の色で描けばよかったな。
あとで修正する…かもしれない(いつになるやら)。

2. 「卑弥呼」は何と読むのか

一般的には「ヒミコ」であるが、当時もその読み方でいいか?

比較言語学を研究している方の論考(「歴史言語学と日本語の起源」サイト)によれば、

====

奈良時代には音韻体系に「h」の音がなかった。

奈良時代から現代までの音韻変化は次の通り。

p(奈良時代)→f(室町時代)→h(現代)
※いったん消失した「p」音がのちに復活して現代に至る

奈良時代の日本語に「h」がなかったのだから、それ以前の倭国の時代にもなかった。したがって卑弥呼の「卑」は「ヒ」でなく「ピ」である。

「呼」は「wo」の表記と考えられる。

だから

「卑弥呼」は、弥生時代の倭人が「ピミヲ」と発音した音を漢字表記したものと考えられる。
 

====

参照:森教授の事件簿 Part2「卑弥呼」は本当に「ヒミコ」か
   「卑弥呼」(=pimiho)再論 - 「呼」の読みについて-


そうだったのか〜〜〜!!

いや、これが定説というわけではないが。

少なくとも、「卑弥呼」の「ヒ」「ピ」だったのだろうね。

「ヒミコ」は「ひめみこ」のこと(固有名詞でなく女王の地位を指す)だとする考え方はそのままでいいと思うけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »