« パオロンも福岡に来た | トップページ | 玄界灘に北斗七星--見えるといいね »

2008.06.20

福岡大空襲を語る催し

昨日、6月19日は、第二次大戦で福岡に空襲があった日だ。

(昨年の記事→「1945年6月19日--福岡大空襲」2007.6.19

Sensai211冷泉公園の戦災記念碑。
博多では冷泉・奈良屋地区が特に被害がひどかった。

今年はもうひとつイベントがあるのでお知らせ。

「−6.19 福岡大空襲− 朗読と語り部のつどい PEACEなタイム」

日時:6月22日(日)14:00〜
場所:テアトルはこざき(福岡市東区箱崎1-28-17-2F)
   JR箱崎駅より徒歩4分 筥崎宮の前の商店街を貝塚方面に少し行った所
入場料:大人700円 高校生以下300円

・2劇団(劇団すきやき・演劇きゃらばん劇列車)による朗読
・福岡大空襲語り部のお話

テアトルはこざきは商業映画館でなく、小劇場空間(イベントスペース)。
表現によるまちづくりを行うNPO法人「筥崎まちづくり放談会」が運営している。
以前、写真展に行ったことがありました。

テアトルはこざき事務局;
TEL. 092-611-6745 FAX. 092-622-8352
テアトルはこざきのサイト

|

« パオロンも福岡に来た | トップページ | 玄界灘に北斗七星--見えるといいね »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/41586595

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡大空襲を語る催し:

« パオロンも福岡に来た | トップページ | 玄界灘に北斗七星--見えるといいね »