« 福岡大空襲を語る催し | トップページ | 映画「靖国」その後 »

2008.06.27

玄界灘に北斗七星--見えるといいね

6月25日の朝日新聞(西部本社版)にこんな記事があった。

Hokuto_2(引用=青字)
水くむ「北斗七星」
世界で宗像近辺だけ

北斗七星の「ひしゃく」が玄界灘の水をすくうように見える「北斗の水くみ」=図=のデジカメ写真を福岡県宗像市などの実行委員会がこの夏、募集する。

(2008年6月25日朝刊)

おお〜、これは!

記事によると、北斗七星の「ひしゃく」が水平線にかかる風景が見られるのは、北緯33〜34度で、北に海がある地域。それは地球上でも北九州市・若松から宗像市のさつき松原一帯の海岸地域だけだそうである。

地球上でここだけ、というのが意外。
ヨーロッパにはありそうに思えるが、フランスやスペインは緯度が高い。北アフリカ北岸でさえも北緯35度くらいになる。他の33〜34度地帯は海から離れているか、海があっても北面じゃない。
案外ないもんなんだね〜〜(海上ならむろんアリだけど)

宗像市のさつき松原とは、当ブログのタイトルバックの写真↑↑なのだ。
夕日が沈む風景が綺麗だった。
私のデジカメで星座を捕らえるのは多分無理だけど、実景を目に焼き付けておくのもいいね。
いい写真は他の人に期待しよう(^^;)

水くみ写真展のサイト http://hokuto7.org/
※なんてわかりやすいドメインだろう。

7月1日午前3時30分頃 →→ 8月30日午後11時30分頃 が見える期間。
(徐々に時間が早まる)

〈シミュレートしてみよう〉

世界各地の緯度なんぞ調べていたら、こんなサイトを見つけた。
地球上のある地点の、特定日時の星空が見えるというすぐれもの。

世界地図

・地図画面の地点を選んでクリック
・条件設定(北斗の水くみなら、年月日を20080701、時刻を0330)して「OK」ボタンを押す
しばらくすると星空が表示される。

福岡の空だと…
わー、ホントだ。
おおぐま座の北斗七星・ひしゃくの底が北の地平線(水平線)ギリギリに見える。
福岡より北ではひしゃくが水平線から離れてしまい、南では沈み過ぎる。

いろんな場所・日時でやってみてください。

|

« 福岡大空襲を語る催し | トップページ | 映画「靖国」その後 »

風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/41659331

この記事へのトラックバック一覧です: 玄界灘に北斗七星--見えるといいね:

« 福岡大空襲を語る催し | トップページ | 映画「靖国」その後 »