« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008.07.25

アリスちゃんの数学の部屋

ステレオグラム&数学の部屋」サイトをアップした。

以前からの「動くステレオグラム」と「数学Flash」を独立させただけなんだけど。
アリスちゃんが出迎えてくれます(^o^)
が、内容とアリスちゃんは関係がない。

載っているのは、こんなの。
「数学の部屋」>「四角い穴のドリル」

 


Flashの作り方はモーショントゥイーンでなく、1コマずつずらしたパラパラ漫画。
動きが案外面白かった。
上図の「おむすび形三角形」をルーローの三角形という。
Wikipediaを見たら立体版(ルーローの四面体)もあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.23

博多祇園山笠--祭りのある町

7月は京都・祇園祭を始め、各地で「祇園」の祭りが目白押し。
祇園祭系の祭りは西日本に多い気がするけど、どうなんだろう。

九州では26・27日に唐津市で浜崎祇園山笠が行われる。
江戸時代半ば頃、浜崎の網元が博多祇園山笠を見物し、「ウチの地元でもやろう!」と始めたそうである。当初は博多の飾りを借りて山笠をつくったとか。
浜崎祇園山笠のサイト

競走するタイプではないので、飾り山を高くつくる。夕刻から夜に市中を曳きまわし、山には灯りを入れる。博多の山笠とはまた違った華麗さがあるね。

↓写真は博多祇園山笠、集団山見せのあと。
東流(ひがしながれ)の魚町を歩く男衆。

Yama1064

このあたりは古い博多が残っている地域だ。
秋には博多灯明ウォッチングの灯明が並ぶ♪

 

西門橋の竹と注連縄。

Yama1067

西門橋は聖福寺の西門脇の橋で、博多で最も古い橋のひとつ。
(→「西門橋を渡ろう」2005.10.29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.19

博多祇園山笠--提灯

山笠期間中の博多の町。

Kusida965
櫛田神社の門。

私の生まれ育った所も割合古くからの町で、言い伝えの古い夏祭りもあった。
注連縄が張られ、提灯が並ぶと、なぜかウキウキした。
私の原風景のひとつになっているんだろうな。

Kusida966

Kusida969
櫛田神社横の通り。提灯と行灯の列。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.16

博多祇園山笠--追い山・走る飾り山の追っかけ

走る飾り山(上川端通)は見物客にたいそう人気がある。

他の山より重く高い山を舁き、江戸時代の姿に近いこともあるし、
山に仕掛けがあるのも見物人には楽しいわけで。

Yama1147b

↑一番上の人形とその後ろは、始めは引っ込んでいる。
途中でこれが姿を現し、さらに旗までスルスル出てくるのだ。
表の鬼女は口から煙(蒸気)吐いてる。
清道(右の赤い幟)より高くなって、この清道を廻るのが圧巻。
(その後に入った道路では電線に引っかかるためまた引っ込めるのだが ←電線地中化せえよ)

この山が最後なので、見物客規制が緩んで後ろからわーっと追っかける人多数。

Yama1154
朝日を浴びて立つ。

Yama1156
休止しながら進む。

Yama1162
本拠地・川端商店街のアーケードにお帰り。

Yama1166

Yama1165
追い山、無事終わりましたね。
お疲れ様でした。

それにしても今年は見物客がいやに多かった気がする。年々人出が増えているのかな。
私が初めて追い山見物に来たのは10年ばかり前だけど、コースなど予備知識がほとんどなかったのに、山が走っている所に適当に移動して楽に見ることができたと思う。
今年は人ぎっしりな感じで効率よく見られなかったよ。

舁き山をじっくり見るなら、12日の追い山ならしを見るのがいいかも。
各流の地元を走る流舁き(ながれがき)もいい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.07.15

博多祇園山笠--追い山・上川端通

上川端通の走る飾り山

標題は「もみじ狩り」(表)。
Yama1133_2

白髪を逆立てた鬼女&闘う武人(平惟茂)。
信州・戸隠の鬼女伝説だそうで。

見送りは「矢の根」。歌舞伎の演目かな。

Yama1150

とにかくデカイ。
江戸時代の人もこれくらいのをつくっていたらしい(錦絵や屏風絵に描かれている)。
博多の人は目立ちたがりでお調子乗りで、どんどん派手にしていったんじゃないのかな。←これはケナしているのではないよ。
それだけ町人が金持ちになったということでもあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

博多祇園山笠--追い山

15日未明・追い山。

まだ明け切らない承天寺の前。
Yama1115

この寺は博多祇園山笠とは縁浅からず。
清道が設けてあり、山は清道をぐるっと廻って行くのだ。
清道があるのは、櫛田神社、東長寺と承天寺の3箇所。

Yama1127

七番山、土居流が駆け抜ける。

Yama1131

だいぶ時間が経ってから、八番山の上川端通 ・走る飾り山が見えてきた。

この山だけ、飾り山をそのまま走らせるのである。
他の7つの山が重さ約1tなのに対して、飾り山は2t。
たいへん重いので、休みながら行く。行程も途中の大博通りで終わる。

しかし、江戸時代はこれがスタンダードだった。
飾りを目一杯つけた高い高い山を舁いていたのだとか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.14

博多祇園山笠--飾り山(キャナルシティ)

キャナルシティ博多も山笠期間中はお祭りテイスト。

飾り山。表は「立志如天風(りっしてんぷうのごとし)」。

Yama972

「三国志」の関羽・張飛・劉備玄徳・諸葛孔明なのだが…ちょっと雰囲気が違う。
劉備玄徳は女だった、という市川猿之助のスーパー歌舞伎「新・三国志」だからだ。

見送り・西遊記。

Yama970

お釈迦様と金斗雲がランタン仕様。キャナルシティは冬場にランタンを展示しているし。夜は灯りが入って綺麗でいいね。
猪八戒と沙悟浄は別のお話みたいに見えるのは私だけ?

Yama981

水上の提灯四面体(三角錐)

Yama992

噴水ショー(ダンシングウォーター)。BGMはホルストの組曲・惑星「ジュピター」だった。

*  *  *

〈おまけ〉
てっぽう(鉄砲袋)の氷漬け。てっぽうは台上がりの人が持って指揮する棒。
他の飾り山の前にもあった。

Yama975

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多祇園山笠--飾り山(櫛田神社)

博多祇園山笠の本拠地、櫛田神社の飾り山。

Yama962

標題「今伝千年雅」
題材は源氏物語。源氏物語ができてから1000年経ったのを記念したもの。
1000年。うーむ、すごいな。ちなみに博多祇園山笠の起源は鎌倉時代という(諸説あるが)から750年くらい前。

Yama964

紫式部?

今年の飾り山は女性関連が多い気がする。

櫛田神社の飾り山は山笠行事が終わってもずっと展示されている。
博多にお越しの際はぜひご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多祇園山笠--集団山見せ

13日・集団山見せの続き。

Yama1026

幟を持って走る。千代流。

Yama1040

招き板(上写真の細長い板)を持つ子たちが山の先導になる。土居流。
招き板には「○番山笠 □□流 △△町」と書いてある。
△△町は、町名町界変更前の旧町名。住居表示では消滅した昔の名前なので、私には興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多祇園山笠--集団山見せ 山の後ろ側も良い

集団山見せ。
今年の舁き山はユニークな造形が多い。
人物中心なのは変わりないけれど、バックに配した造形などに斬新さがあり、人形師の創意工夫を感じさせてくれる。

Yama1005

二番山、東流の「胡蝶天空舞(こちょうてんくうのまい)」。後ろ側。
蝶の表現がモダンで色が鮮やか。

Yama1031

五番山、千代流「銅雀雄覇礎(どうじゃくゆうはのいしずえ)」。これも後ろ側。
お城は飾り山によく使われるが、舁き山のお城は揺れながら走っていくから迫力があるね。

15日の追い山を見る方は、後ろ側にも注目して!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多祇園山笠--集団山見せと博多手一本

13日、山笠の集団山見せがあった。
呉服町から明治通りを通って博多川・那珂川を渡り、福岡市役所前まで。
約1kmを7つの流が山を舁く。
明治通りは昔市内電車(路面電車)が走っていた博多・福岡の大通りだ。

今年はこれまでとは違う見物場所にしようと思って、始めから市役所前にいることにした。
山が呉服町を出発したのが3時半。10分しないうちに一番山が市役所前に入ってきた。

Yama997

大黒流。台上がりの右端にいるのは市長の吉田さん。

Yama999

市役所のほうを向き、「祝いめでた」を唄う(これは一番山だけ)。
写真ではよく見えないけれど、紫の幕の下に山笠振興会役員と各流の代表、櫛田神社の宮司がいて、各流の旗を山の舁き手に手渡す。
博多手一本(「よ〜シャンシャン、まひとつシャンシャン、よ〜シャンシャン シャン」※)を行う。
市役所への奉納(とは言わないけど--市は宗教団体じゃないので--報告御礼、かな)はこれで終了。山はまた向きを変えて左のほうに行き、自分たちの地元に帰る。

市長は山から降りて役員席に座り、二番以降の山を出迎える側になる(だから毎年一番山に上がるのか)。

※博多手一本は、正式には
「よー シャン シャン/まひとつしょ シャン シャン/祝うて三度 シャシャン シャン」
なのだそうだ。
博多ネイティブでない私が聞くと上のように聞こえるということでご容赦。
基本的に東京の一本締め、リズムは3・3・3・1、と同じじゃないかな。
 よ〜シャンシャン、まひとつシャンシャン、よ〜シャンシャン シャン
 ●  ●  ●   ●  ●  ●   ●  ●  ●  ● 

博多出身でない人は、「3・3・3・1」のリズムで「3の頭は手を打たない」と覚えれば間違わんのではないかと。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.13

博多祇園山笠--飾り山(博多リバレイン)

博多リバレイン、アジア美術館前の飾り山。
表は「天神記車引(てんじんきくるまひき)」
Yama1054_2

博多座のすぐ近くなので、歌舞伎「菅原伝授手習鑑」を題材にしている。
天神様として知られる菅原道真の話。
一番上にいるのが悪役の藤原時平。

下の三人は三つ子の兄弟、桜丸、梅王丸、松王丸。
Yama1056

兄弟の衣裳には名前と同じ桜・梅・松があしらわれている。

見送りは「因幡之白兎」。
Yama1053

サメ(ワニ)が目立たないけど、交互に並んでウサギに蹴られている。
上には、傷だらけで泣いているウサギ。大黒様(大国主命)に声をかけられているね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多祇園山笠--飾り山(上川端商店街)

上川端商店街の飾り山。
表は「南総里見八犬伝」。
Yama1062

Yama1058

見送りは…
Yama1057
ドラえもんだよ!

やっぱりジャイアンが一番高いとこか。
立体化すると微妙だなー。

これは「走る飾り山」ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多祇園山笠--飾り山(博多駅前)

博多駅前の飾り山。
今年は「鳥羽伏見の戦い」(表)。
Yama946

大河ドラマ「篤姫」が人気で(九州北部では視聴率トップ)、表側の標題は篤姫にあやかったようだ。
さすがJR駅前ですね(^^;) 九州新幹線で鹿児島旅行、をPR。

一番上にいるお姫様が篤姫。童顔で宮崎あおいさん似。
他は幕府軍の十五代将軍慶喜、滝川具挙(たきがわともたか)、薩長軍の西郷隆盛、椎原小弥太(しいはらこやた)。
幕末を標題にするのは珍しいのではないかな。幕府軍は古風な武士のいでたちだから、戊辰戦争までが標題になるギリギリの線かも。
(近代の戦争は祭りの題材としては使ってほしくないな…。先の戦争を想起する人もいるだろうし)

見送り(裏側)はゲゲゲの鬼太郎。
Yama939

墓場にしては華やか。

Yama944

標題の説明文がふりがな付きで書いてある。
説明の出典は不明だけど、やや幕府方にシンパシーのある書き方だと思う。
新政府は慶喜不在の朝議で慶喜の辞官と納地を決定した、とか。仁和寺宮嘉彰親王は新政府軍の本営に錦の御旗を揚げた、とか。新政府軍、勝手じゃね?って感じがする。篤姫が主人公だからかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.09

博多祇園山笠--お汐井取り

博多祇園山笠が始まり、街には飾り山が出ている。
今日は全流(ながれ)によるお汐井取りの日。

Yamakasa903

雲一つない青空。
昨年は雨・雨の山笠だったけれど。
今年は梅雨明けが早く、真夏の陽射し。

ヒゲカズさんのblogにはお子さまがいっぱい。
父ちゃん爺ちゃんが嬉しそうです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.08

九大生が街を練り歩く--最後の田島祭

九大生が集団でプラカード持って歩いているのだが

Kyudai870_2

デモ行進ではない。

Kyudai879

九大・田島寮の寮祭。樽みこしを担いでいるのだ。

天神北から寮まで、赤・黄・青のフン○○でみこし隊が練り歩く。

九大は伊都キャンパス(福岡市西区・前原市・志摩町にまたがる一帯)にほとんどの学部が移転する。
六本松キャンパス近くの田島寮も閉鎖されることになり、今年が最後の寮祭となった。

Kyudai868

田島寮は旧制高校の寮を引き継ぎ、52年間、主に教養部の1・2年生を受け入れてきた。

博多祇園山笠に先立つ、男のフン○○姿の祭りもこれが見納めか。
※山笠はフン○○でなくて締め込みというのが正解

Kyudai876

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.07

なぜ公務員の年金は会社員の年金より高いか?

ある人のブログのコメントに触発されて、このエントリを書く。

そこでは「『公務員は多すぎる!』か?」というエントリが書かれていた。
(「デザイン夜話」sivaprodさんのblog)
本文はリンク先をご覧いただくとして、私が一つ気になったのは、コメント欄から派生した話で

「公務員の年金(共済年金)は民間会社員の年金(厚生年金)よりも平均受給額が高い」

ということである。
※ここでいう受給額とは、老齢年金のことを指す。

一般にこうした認識だと思う。私もそう思っていた。

厚生労働省の調査(2005年)では、
共済年金の受給平均額(月額):
 国家公務員 22.4万円
 地方公務員 23.2万円
厚生年金の受給平均額(月額):
       16.9万円

YOMIURI ONLINE 「“官尊民卑”100年温存」より)

確かに6万円ほどの「官民格差」がある。

では、この差は一体なぜ生じるのだろう。

公務員に優位な制度があるのではないか?
公務員のほうが現役時代の給与が高いからではないか?

答えは、いずれもYes,ではある。

しかし、ここで「やっぱり公務員優遇し過ぎ、けしからん!」と噴き上がるのはちょっと待って。
中味をもうちょっと検討してみよう。

1. 公務員に優位な制度---職域加算の存在
公務員の共済年金には「職域加算」という「上乗せ」がある。月に約2万円ほどである。
現在、共済年金と厚生年金を一元化し、職域加算は廃止する案が出ている。

2. 公務員は給与が高い
上記の職域加算を差し引いても、4万円ほどの差がまだある。これが「公務員と会社員の給与の差」ではないかと。

だが、ここに、従来見過ごされがちだったものが隠されている。
それは「男性と女性の格差」である。

会社員の厚生年金受給平均額:16.9万円(月)であるが、
男女別に見ると
男性会社員:19.6万円
女性会社員:11.0万円

YOMIURI ONLINE 「医療と介護」より)

同サイトより引用

 このデータは、厚生年金に原則として20年以上加入していた人だけを対象に、年金額を集計した結果です。

 女性が男性を大きく下回っているのは、出産や子育てで仕事を離れざるを得なくなったり、賃金の低い仕事をしていたりする例が目立つからです。

 このデータで、男性の平均加入期間が34年7か月なのに対し、女性は23年8か月で、11年ほど短くなっています。年収の平均額(推計値)も、男性513万円、女性284万円で、女性は男性の6割弱です。

つまり、民間企業会社員の年金受給平均額が公務員より低いのは、女性の受給額が低いためである。

公務員の場合、賃金の男女差が少ない。長く勤務する女性が多い。
民間企業では、女性が結婚・出産後も正規で勤め続けることが非常に困難であった。正規社員を続けた女性でも、昇級昇給や昇進で差別を受けていた。
現在老齢年金を受給している人たちは、そういう時代に働いていたのだ(残念ながら今でもこの傾向はあるのだが)。

もう一度、男性会社員の平均年金額を見ると、19.6万円。
これに職域加算の2万円を加えると、21.6万円。
公務員の水準にかなり近くなる。

それでもまだ公務員より低いが、これはおそらく、大企業・中小企業・零細企業の給与水準の差によって、若干引き下げられているのだと思う(私の推測)。

私は、あえて言いたい。

年金の「官民格差」よりも「男女格差」のほうがはるかに大きいのだ!

「官民格差」って言うな! 「男女格差」って言え!

※まあ、官民格差があるのも事実だし、言っちゃいかんわけじゃないんだけどね。公務員の年金には、職域加算の他に、遺族年金の範囲が厚生年金より広いとかの問題もあるので、そういうところを改善していくのはいいと思うんだけど。

年金制度で公務員が「やたらに」優遇されているわけではない。
(年金受給額を算出する計算式は、共済年金も厚生年金も「基本的に同じ」である)
年金受給額において、男女格差の反映である実情を無視して「公務員がやたらに優遇されてケシカラン」と公務員バッシングをするのはインチキである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.07.04

ドアラ、九州でくつろぐ

プロ野球、リーグ戦が再開したらドラゴンズは連敗だ。あいたた…。

んなときに、ドアラは九州旅行していたんだって。

↓予告編↓

中洲で遊んでいたとか。温泉につかっていたとか。

悪魔にもなったとか(ん?)

本編は中日スポーツWebで。別府編公開中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.01

【緊急会見】卑弥呼様、トップの人気ですよーー!

国立教育政策研究所の調査によると、小学6年生の「歴史上の人物とその業績の認知度」は、卑弥呼がトップで99.0%、第2位はザビエル(97.7%)、第3位はペリー(95.1%)。ワーストは大久保利通、木戸孝允、大隈重信(いずれも20%台)。
だったとのこと。

asahi.com 「卑弥呼は正解99%、歴史の人物、業績は?小6など調査」

卑弥呼様、堂々の第1位!

そこで、再び卑弥呼様にお出ましいただき、緊急会見を行った。(聞き手:kiriko)

*  *  *
kiriko:卑弥呼様、小学6年生の認知度ナンバーワンですよ。おめでとうございます。

卑弥呼:オーホッホッホ! 当然のことよー! わらわは倭国女王ですもの。

kiriko:すんごいですねー。

卑弥呼:天照大神も、神功皇后(オキナガタラシヒメ)も、わらわの後塵を拝したということよ。ざまあ見やが…じゃない、我がさまご覧遊ばしやがれなのよ。

kiriko:あの…天照大神や神功皇后は問題に出てないんですが。

卑弥呼:あらま。ちょっと前まで、わらわを差し置いて大っきく載っていたじゃないの。

kiriko:それは戦争前の話で、もう60年以上昔のことです。ああ、卑弥呼様にとってはちょっと前なんですね。
 でもですね、天下の徳川家康や豊臣秀吉、織田信長、源義経、聖徳太子、…そうそうたる人物を抑えているんです。ドラマの主人公になってる人たちですよ。卑弥呼様は映画にちょっと出たことがあったくらいで、お茶の間に馴染みがないのに。

卑弥呼:悪かったわねえドラマになんなくて。倭国時代はあなたがたが再現するには難しすぎるんでしょ。子どもたちはちゃんとお勉強して、わらわを知ってるの!

kiriko:…一応、調査結果としては、ですね。ですが、ちょっと気になることが。

卑弥呼:何? なんかウラでもあるとお言いかえ?

kiriko:調査方法、つまり問題の出し方が…。

卑弥呼:「卑弥呼」は「邪馬台国の女王になった」と正解した子が99%。他のどの人物より正答率が高かったってことでしょ。それが何か。

kiriko:それ、子どもが卑弥呼様の名前を見て、どんな業績かを考えて書くという、記述式の問題じゃないんです。答えが書いてあって、正しいのを選ぶ、選択式なんですよ(注:業績を示し、どの人物かを選ばせた)。

卑弥呼:だから?

kiriko:あてずっぽうでも当たりやすいし。

卑弥呼:あてずっぽうとは何ー! あなた、子どもを馬鹿にしてない? テキトウに選んだって、99%も当たったりしないわよ。わらわばかりか、可愛い子どもたちまで愚弄するなんて、許せ〜〜ん! 逆剥ぎにしてやるー!

kiriko:わ、ごめんなさい…。逆剥ぎはご勘弁を。

 テキトウに選んだとは申しません。でも、当たりやすいんではないですか? 卑弥呼様とその業績。

卑弥呼:どこが当たりやすいと言うの?

kiriko:「卑弥呼」と「邪馬台国」だけ、他と異質なんですよ。…だって、その2つだけ、日本語じゃないですもん。

卑弥呼:日本語ではない?? そ、そりゃそうだわよ。魏志倭人伝だもの。
 だからって、日本語は漢字を使ってるんだから、他の人物でも業績でも元は中国の字を使っているのに変わりないんじゃなくって?

kiriko:他の人物名や業績に書かれた言葉は、日本人が書いた日本語です。ザビエルもペリーも日本語です。でも、「卑弥呼」「邪馬台国」は中国人が書いた名称なので、字ヅラが他と異質なんですよー。

卑弥呼:字ヅラが違うからって当たるもんかしら?

kiriko:当たる率がちょっとは高まるのでは?

 それで、卑弥呼様とその業績は、他に「まぎらわしい選択肢」が見あたりませんね。神功皇后でも出しときゃ間違うかもしれませんが、幸か不幸かこの人物は小学校で習う人物でないし(高校日本史でも出てこないくらい)。

 正答率が下位の人物見てください。大久保利通・木戸孝允・大隈重信・小村寿太郎・…西郷隆盛、ワースト10位まで、全部明治維新後の政治家です。この人物たちは、相互の混同で間違われたのが多いんです。
 相当有名な人物でも、徳川家康・徳川家光とか、源頼朝・源義経とか、うっかり間違いそうですね。
 卑弥呼様の場合、混同しそうな「似た時代のライバル」がいない。それが正答率を引き上げているのではないですかねえ。ザビエルやペリーもそうですよ。
 言ってみれば「漁夫の利」的勝利ではないかと。

卑弥呼:んまっっ! あなたっていけすかないこと考えるのねえ。わらわは独自の輝ける存在だったから子どもにもよく知られているって、素直に思えないのかしら。

kiriko:どーもすみません。へそ曲がりなもんで。ああ、卑弥呼様が独自の輝ける存在というのは、ある意味あっていると思いますよ。いわゆる日本の歴史に初めて登場する固有名の人物ですから。

 ただ、この調査の「問題の出し方」と「結果のまとめ方」がなんか腑に落ちなくて。
国立教育政策研究所は

「近現代史では登場人物が増え、特徴的なエピソードを教えるのが難しくなる。特に明治以降は工夫が必要だ」

と分析しているのですが、それじゃ、「こういう問題」で明治の政治家の正答率を上げるためには、どういう教え方をすればいいと思われます?

卑弥呼:あなたの言ってたとおりなら、ライバルを減らせば良いのじゃなくって?
 西郷とか木戸とか大久保とか板垣とか大隈とか欲張って出さずに、西郷だけにすれば90%くらいに上がると思うわよ。


kiriko:そうでございますよねえ(苦笑)

卑弥呼:それに、歴史のお勉強って、人物名と特徴的エピソードが大事なの? それなら、大村益次郎のデコッパチとか、伊藤博文女好きとか、大久保利通お髭の手入れに熱心とか、トリビアみたいなことを教えるほうが子どもが覚えやすくていいわよね。

kiriko:卑弥呼様、お亡くなりになって久しいのに、そんなことをご存知で? いえ、それはともかく、そのような「雑学」を仕入れるのが歴史の勉強ってのはまずいのでは…。

卑弥呼:だったら何なのこの調査は! 歴史の理解度を調べたんではなかったの!?

kiriko:なんか、違うみたいな。

卑弥呼:それでわらわがトップっておだてたのは誰よっっっ!

kiriko:ものは言いようと申しまして。

卑弥呼:わざわざ呼びつけておいて、なんたる言いぐさ!
 やっぱり逆剥ぎじゃ〜〜〜!

kiriko:ああっ! 卑弥呼様!
(了)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »