« 飢人地蔵尊夏祭(4)--花火 | トップページ | 博多駅の代替わりと町の変容(1)--江戸の町から明治の町へ »

2008.08.28

博多駅・三代の話(3)--駅はずずっと移動

三代目博多駅=今の駅、そして今の場所。
それまで博多の町の南東側に沿っていた駅を、さらに南東にずずずいっと移動した。
昭和38(1963)年のことだ。
↓旧博多駅(一代目・二代目)と現博多駅(三代目)の位置関係
Hakatast955

駅の拡張・移転計画は戦前に持ち上がっていたとのこと。
日中戦争とアジア太平洋戦争で頓挫していたが、戦後、世の中が落ち着いて再び移転計画が始動する。

新たな駅の場所は、畑地の多い南東部だった。
このあたり、江戸時代に福岡藩主が薬用人参(ニンジン)を作らせた場所もあり、現在でも「人参公園」として名残を留めている。

Hakatast954

三代目が開業した頃の博多駅周辺。駅の両隣に博多郵便局と交通センターがあるが、他はまだ空き地が多い。今は日航ホテル、全日空ホテル、朝日新聞ビルなどが並んでいる。

この翌年に東海道新幹線が開業しており、新幹線の博多延伸も視野に入れた拡張だっただろう(実際に博多まで新幹線が開通したのは12年後の1975年)。

※上の写真説明に「西日本一の民衆駅・新博多駅として」とあるのは意味不明。
国鉄(国)がフツーに作ったんじゃないの? なんで「民衆」駅?

※三代目博多駅の建設中、二代目博多駅が国鉄業務をしていたわけだが、両者は場所がだいぶ離れていたため、三代目博多駅を「新博多駅」と呼んだ。が、当時福岡市内を走っていた西鉄の路面電車に「新博多」という電停があり、国鉄の新博多駅とまぎらわしいというので、電停名を「千鳥橋」に変えたという逸話がある。

この博多駅移転のことは、宮脇俊三・著「鉄道廃線跡を歩く」シリーズ(Can books)でも紹介されている。主要駅をこれだけ移動させたのは珍しいのではないかな。

駅位置を南東に大きく寄せたおかげで、博多・福岡の町は南方面に大幅に拡張された。
ただ、このとき、駅・鉄道路線の方向(角度)が40度くらい回転したものだから、駅前道路と博多の既存市街地道路の接続が変則的になり、都市のかたちとしてはいささか奇妙になっちゃったかと。
ほかにやりようもないし、しょうがないけれども。

(しかし、のちに、地下鉄路線がこの変則的継ぎ足し市街地を効率的に繋ぐ設計にならなかったのは「しょうがない」話ではないと思う)

|

« 飢人地蔵尊夏祭(4)--花火 | トップページ | 博多駅の代替わりと町の変容(1)--江戸の町から明治の町へ »

「地域・歴史」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

民衆駅というのは、国鉄と地元がお金を出し合って出来た駅のことです。今で言えば、空港の本体とターミナルビルの関係みたいな物を想像していただければわかりやすいと思います。

http://d.hatena.ne.jp/a_aoi/20091106/1257511816

投稿: あかさたな | 2010.02.01 08時41分

あかさたなさん コメントありがとうございます。

「民衆駅」の意味、やっとわかりました。リンク先も拝読しました。

確かに、昔の駅は駅施設だけでしたが、近年は(というか、戦後は)駅ビルとして複合施設になっているところが多いですね。
まあ、「民衆」なんていうと大勢の市民が少しずつ寄付したような感じがしますが、実際は民間資本なので…。民衆というネーミングをした60年前の感覚が面白いです。

投稿: kiriko | 2010.02.02 07時08分

主要駅ということでしたら、新潟駅も昭和31年に移設を行っています。
これは線形改良も含めたもので、博多の事例にも類似しています。

後大正・昭和初期なら横浜駅も2回移転していますね。
初代の横浜駅が今の桜木町駅であるのは有名な話です。
神戸の三ノ宮駅も元々は現在の元町駅のところにありましたが、昭和6年の高架化で現在地に移転しました。

投稿: 扉あ | 2014.03.28 19時25分

扉あ さん
コメントありがとうございます。

駅が移動した例は割合あるんですね。

横浜駅は移動しただけでなく駅名が変わり、「横浜」駅が他の場所にできたのが面白いです。
三ノ宮も同様のことがあったとは知りませんでした。

投稿: kiriko | 2014.06.06 16時33分

千葉駅も移転して民衆駅となり、さらに現在駅舎を全面改築して装いを一新しようとしています。

民衆駅~国鉄千葉駅昭和38年 [昔鉄(60年代の国鉄・私鉄)]
http://c59176.blog.so-net.ne.jp/2011-04-26

投稿: ゆで | 2014.06.25 11時26分

ゆでさん

コメントありがとうございます。
千葉駅についてのサイトも興味深く拝見しました。

昭和38年というと博多駅が移動したのと同じ年ですね。翌年に新幹線が開業しますが、国鉄駅も東京・大阪の大手私鉄のように商業施設複合の駅に変わっていった時代なのでしょうね。

投稿: kiriko | 2014.07.05 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/42300712

この記事へのトラックバック一覧です: 博多駅・三代の話(3)--駅はずずっと移動:

« 飢人地蔵尊夏祭(4)--花火 | トップページ | 博多駅の代替わりと町の変容(1)--江戸の町から明治の町へ »