« 屋根が開いたドーム--ホークスの試合 | トップページ | 博多人形でつづる「源氏物語」--警固神社 »

2008.09.12

ホークスの試合の後--オリンピックの野球を考えた

ソフトバンクvs 楽天 の試合が終わって。
ドーム通路の壁に貼ってあったポスター。

Hawks368

川崎ムネリンは五輪以降骨折で欠場。こんなとこでお顔拝見。
確かこれのテレビCM版を五輪より前に見た。
ムネリンかわいそう。一人だけ飲めなくて、じゃなくて、五輪で無理したのが。

場内で某民放の北京五輪テーマソング「あきらめないで〜♪」が流れていたけど、野球日本代表[星野JAPAN]のムネンな負け方を思い出してしまったなあ。

あれは岩瀬が悪いんじゃなくて、川上のせいでもなく、森野と荒木のせいでもなく(中日ファン必死だなw)、G.G.佐藤もまあしょうがなくて、

星野が悪いんじゃ!

…と言いたいところだが、星野さんだけに責任をおっかぶせておくのも座りが悪い。

星野監督のミスはあったと思うが、準備期間の短さや、国内でリーグ戦を続けながらオリンピックに代表を送ったことは星野さんのせいではない。誰が監督をやっても、選手選考や調整に難が生じただろう。

そもそも、オリンピックの野球競技をどう考え、どう取り組んできたのか。そこが問題だ。問われるべきなのは、プロ球界、アマ球界、両組織の上層の人たちではないか。

今回の結果を受けて、代表のプロ選手たちは「甘い」「ぬくぬくの環境でやってるからだ」「アマ選手の気概を見習え」等と批判された。(注)
しかし。
プロ野球選手とアマチュア選手とでは、目標も日頃のやり方も違う。
プロ野球選手の目標は、リーグ優勝そして日本一になることだ。オリンピック目指してプロに入った選手はいない。
(「悲願の金メダル」とやたら言われたけれど、それは選手・監督でなく、野球界の組織の悲願だったわけで。選手自身が金メダル等を悲願にしている他競技・アマ選手の場合と違う)
もともと目標の異なるプロ選手に、急にモードを切り替えさせて「金メダル取れっっ」つってもなぁ。結果がまずかったからってその姿勢までも叩かれるのは気の毒じゃないかなぁ。

だいたい、なぜにプロ選手がオリンピックに出ることになったのか。
プロ選手が「出たい」と言ったのでないのは確かだ。
アマ組織からの要請で、プロアマ混成(シドニー)→オールプロ(アテネ・北京)になったのでしょ?
アマ組織の側が代表のプロ化を推進しておいて、プロ選手に「アマを見習え」ちゅうのはおかしな話ではある。ならアマ選手を代表にすればよかったじゃないの。

(注)これは一般ファンから出た批判であるが、松永怜一さんのような、アマ球界の重鎮からも同様の批判があったのである。
sanspo.com 「プロ感覚抜けず」松永怜一
プロがプロ感覚なのは当たり前じゃないのかなー?

|

« 屋根が開いたドーム--ホークスの試合 | トップページ | 博多人形でつづる「源氏物語」--警固神社 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/42441061

この記事へのトラックバック一覧です: ホークスの試合の後--オリンピックの野球を考えた:

« 屋根が開いたドーム--ホークスの試合 | トップページ | 博多人形でつづる「源氏物語」--警固神社 »