« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008.10.27

博多灯明ウォッチング&御供所ライトアップ--承天寺

25日夜の博多灯明ウォッチング&御供所ライトアップ。

承天寺の様子。

Tomyo10

7月の博多祇園山笠の舁き山がライトアップされていた。
東流の「胡蝶天空舞」。承天寺は東流の地元だったかと。

Tomyo11

お堂の仏様を拝む。
そういえば承天寺に入るのは初めてだ。

Tomyo12

承天寺は境内を道路が通っていて(たぶんできたのは戦後)分断されている。その道路の両側に華道家による生け花が展示されていた。
生け花はとても大きく、ライトアップされて華麗である。

こういう試みは今年からだと思うが、灯明とライトアップでいろんなアイデアが出てくるもんだねぇ。

Tomyo14

周囲に赤い毛氈を敷いたバンコ(木製の腰掛け)が置かれ、休憩できる。
お茶会ができそうな雰囲気でしたな。

Tomyo12a

Tomyo12b

承天寺の石庭ライトアップを見てみたかったのだが、すごい行列で入るのに1時間待ちとか聞いたのであきらめた。

承天寺は博多駅の近く。以前の博多駅ならすぐ目の前だったので、昔はよそから博多に来るとお寺ばかり目につく町だったんじゃないかなと思う。今はビルに埋もれてしまっているけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.26

博多灯明ドラの法則は崩れた

4点差で負けた…(T_T)

ウッズが3ラン打って4 - 2に逆転して逃げ切り、の期待もあったんだが。
やはり仏の顔も三度まで、か。
3年連続で起きただけでもよしとする、か。
※参照→博多灯明ウォッチングと中日ドラゴンズポストシーズンの関係

世界の北野武は言う。
「3位が出る日本シリーズじゃ盛り上がらねぇよなぁ」
お説ごもっとも。

3位の中日と日ハムは(日本シリーズに)出ないだろう、とは私も思った。
ファンとして勝ってほしい気持ちはあるが、どう考えても強くなかった今季の中日が日本シリーズ出場しても心から喜べないというか、納得がいかない。
(去年だって2位だったじゃないか、という突っ込みはあろうかと思うが、昨年は最後まで優勝争いしてたし、ゲーム差も大きくなくて、CSで勝った分を入れれば巨人の成績に肩を並べるんだからイイんじゃないの?感があるのよ。今年も阪神が勝ち抜けて日本シリーズ出場だったらそんなに違和感はない)

ドラゴンズは最後はがんばったと思うよ。阪神を破り、対巨人も接戦が多かったから。力を尽くした敗戦で、スッキリしている。監督、コーチ、選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多灯明ウォッチング&御供所ライトアップ--博多高等学園地上絵

聖福寺の隣り、博多高等学園(旧・御供所小学校)のグラウンド。

Tomyopict01

今年の地上絵はなんだろう?

Tomyopict02

Tomyopict05

校舎の3階から見下ろすと…

Tomyopict06

招き猫(招福猫)だった。
「福」の小判を持って、赤い座布団に座っている。

Tomyopict07

↑中庭にもミニ地上絵。

今回は雨も風もなく、灯明には良い気候だった。

過去の灯明ウォッチングでは雨や強風に泣かされたこともあったようだ。

せっかく準備しても、お天気ばっかりはどうしようもないもんねえ。

Tomyopict08

Tomyopict09

Tomyopict10

Tomyopict04

| | コメント (0) | トラックバック (1)

博多灯明ウォッチング&御供所ライトアップ--西門橋から聖福寺

博多灯明ウォッチング。今日は御供所地区で行われた。

Tomyo01

夕暮れ、西門橋を渡って博多に入った。

Tomyo03

聖福寺西門へ行く途中。
このへんを昔は普賢堂(町)と言った。古い町並みが残るところ。
路地の灯明に火がともされた。

Tomyo04

道幅は昔のままかな。
博多にはこんなところが少し残されている。

Tomyo06

西門から聖福寺に入る。

Tomyo07

今年の灯明。
紙は博多織の模様をアレンジしたみたい。

Tomyo08

ワンポイントの絵入りもあった。

Tomyo09

こちらは一般の立ち入りができないので門の外から撮す。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.10.25

博多灯明ウォッチングと中日ドラゴンズポストシーズンの関係

昨年・一昨年の博多灯明ウォッチングは、私にとって別の意味で印象に残るものだった。

なぜなら…

このとき中日ドラゴンズがポストシーズン(CS・日本シリーズ)で勝利をおさめていたのだ!

2006年10月21日(土)
 博多灯明ウォッチング:午後6時〜9時
 日本シリーズ第1戦:中日4 - 2日本ハム(勝利投手・川上 S・岩瀬)
2007年10月20日(土)
 博多灯明ウォッチング:午後6時〜9時
 CS第2ステージ第3戦:中日4 - 2巨人(勝利投手・中田 S・岩瀬)

試合が気になるも、まともにTV中継を見られない私は灯明ウォッチングに専念。
見終わって家に帰っておそるおそる(笑)TVをつけると、「勝ってる! …勝った〜〜!」(狂喜乱舞)

そして…
今年も!
2008年10月18日(土)
 博多灯明ウォッチング:午後6時〜9時
 CS第1ステージ第1戦:中日2 - 0阪神(勝利投手・川上 S・岩瀬)

なんと、3年連続 博多灯明ウォッチングやってるとドラ勝利
なんである。
(すべて2点差勝利、セーブ岩瀬)

というわけで
本日も博多灯明ウォッチング(午後6時〜9時)があるから

 CS第2ステージ第4戦は中日が2点差で勝つ。セーブ岩瀬。

と予想してみた。

中日勝つぞ〜〜\(^O^)/ 博多の灯明がついてるからね〜〜

*  *  *

ところが、このデータには大変困る「続き」があるのよ。

なんと、

その次の試合はみんな負けている… orz orz

2006年10月22日 日本シリーズ第2戦 中日2 - 5日本ハム

2007年10月27日 日本シリーズ第1戦 中日1 - 3日本ハム

2008年10月19日 CS第1ステージ第2戦 中日3 - 7阪神

それじゃ、明日は負けじゃん… (T_T) 博多灯明ドラの法則(勝手に命名)からすると。

中日はあと1敗でCS敗退。

結局日本シリーズ出場はダメっつうことかなぁ。

ありがたい法則だと思ったんだが。

  *  *  *

博多灯明ウォッチングは今年で14回目。2005年以前のプロ野球ポストシーズンとの関係を見てみると

2005年10月22日 第11回博多灯明ウォッチング

 日本シリーズ第1戦 千葉ロッテ10 - 1阪神(濃霧コールド)

2004年以前は灯明ウォッチングを10月下旬〜11月上旬に開催していないらしい。

灯明ウォッチングの日程がポストシーズンと重なるようになったこの4年で、上記のドラ戦績が出ているのは、相当すごい偶然じゃああるまいか。点差までみんな一緒だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.21

博多灯明ウォッチング2008 25日にもやります

博多灯明ウォッチング2008。
18日に旧・大浜小などで行われ、あ〜〜しまった!見損ねた〜〜!
と思っていたら…

今年は18日と25日の2回にわたって開催されるそうだ。

10月25日(土) 午後6時〜9時
場所:御供所地区(博多高等学園〈=旧・御供所小〉 聖福寺 東長寺 承天寺 妙楽寺 等)
アクセス:JR博多駅 博多口から大博通りを約600m歩いて右のほうに入る
または地下鉄「祇園」駅のすぐ上

博多灯明ウォッチングのサイト

地上絵に力を入れている旧大浜小会場を見られなかったのは残念だが。

↓昨年の旧大浜小地上絵(2007年10月20日)
Toumyo36

聖福寺の灯明(2007年10月20日)
Toumyo18

今年から2回に分けて開催することになった事情は知らないけれど、見るほうにはありがたい。1回見損ねてももう1度あるし。
雨や強風にたたられても、2日のうち1日は無事、ということもある。

もしかしたら、1日で各会場の灯明仕込みをするだけの人手が少なくなってしまった…というのがあるのかな。
見て楽しんでいるだけでなくて、少しはお手伝いすることも考えたほうがいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.07

キャナルシティ★ハロウィン

キャナルシティ博多。ハロウィンのディスプレイ。

Canal460

バケツを持って飛んでいるカボチャ頭の人
Canal460b

Canal451

↑タワーを右手に乗せているように見えない?
(狙って撮ったわけではない)

Canal453

ジャックランタン(カボチャ顔)たち

Canal458

カボチャ顔のアップ。
ジャックランタンは、イングランドではカブ、アメリカではカボチャをくり抜いてつくるらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.06

中日ドラゴンズ、落合監督…と、ドアラ

中日ドラゴンズの公式サイトに、ナゴヤドーム最終試合での落合監督あいさつが掲載されていた。

リーグ戦3位に終わり、今季の目標--リーグ優勝は果たせなかったが、落合さんは来季も監督を続けるようだ。

いいんじゃないかなあ。
私は落合ファンというわけではないが、落合さんの監督としての手腕は優れていると思う。
来季はリーグ優勝だ! 中田がんばれ! 昌さんもしぶとく続けてね。

しかし…
ナゴヤドーム最終戦、落合監督あいさつの写真
やっぱりドアラが目立ってるよ(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.05

中日ドラゴンズ CS進出決定

中日ドラゴンズ、CS進出(3位)決定。ヤッター\(^o^)/
…というか、やれやれというか。

今年はもうこれでいいよ。去年も同じようなことを書いたけれど。

CSを勝ち上がるのは、巨人か阪神か、どっちかでいいと思う。
今年のドラゴンズは、明らかに強くなかった。先発投手陣は山本昌以外不調だったし、岩瀬も良くなかった。打線は湿っていた。
どう見ても、阪神、巨人のほうが強いシーズンだったもの。

これで万が一ドラゴンズが勝ち上がって、また万が一日本シリーズで勝ったりしたら、1年間のペナントレースは一体何だったんだ、という印象になってしまう。

ドラファンとしては、ドラゴンズが勝てば嬉しいには違いないけど。
最後の1カ月だけ強かったチャンピオンて、なんだかなあ。
CSはそれもあり得るシステムなんで、興行的には面白いけど納得しにくい。
これまでのCS・プレーオフ方式では、リーグ戦3位のチームが日本シリーズに出たことはないから、著しく納得度の低い結果ではなかったが。
(まあ、それからすると、3位の中日、日ハムは日本シリーズに出ないんじゃないかな)

それにしても、去年のCS・日本シリーズで、中日のキャラが変わった。
短期決戦に極端に弱く、ガチガチになりムードが暗〜くなり、ファンが辛くなっちゃうチームだったのが、ここぞという時に集中力を発揮できるようになった。
これはともかくめでたいことだ(笑)

※その代わりといってはナンだが、「星野JAPAN」がかつての中日キャラを見事に再現したわけで。北京オリンピックの後半なんか、昔の中日の日本シリーズを見てるのかと思っちゃったよ。
あ、そういえばホークスも短期決戦苦手、大事な時にコケる傾向が付いてしまった気がする。秋山新監督のもと、重傷にならないうちに払拭してほしいものだ。

セ・リーグの首位はまだ決着がついていない。これはもうどっちでもいいし、CSも日本シリーズも気楽に見ることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.10.04

かめ その後

ひなたぼっこ中。

「ヲイ、ちょっと背中貸せ」
タロウによじ登るイチロウ。

Kame431

Kame426

重ね餅。

※重ね餅:紙(誌)面の割付用語。見出しが上下で重なること。旧来の割付法では御法度であるが、近年ではそうでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.01

路面電車軌道がS字カーブだった理由(わけ)--天神西交差点

福岡市内に路面電車が走っていた頃、天神の西に急なS字カーブの“難所”があった。

なにしろ、開通のときにこんなありさまだったらしい。

「福博電軌」の開通式では、来賓を乗せた11台の花電車が東公園から西公園へ向かった。
しかし、途中にある大名町のS字型カーブで1台の電車のポールが度々外れ、見物の人垣の中で車列は止まってしまった。

(「大名界隈誌」/「明治・大正・昭和 新聞ひろいよみ福岡史」新聞切り抜き、福岡市総合図書館蔵):「古地図の中の福岡・博多」 宮崎克則・編 海鳥社 pp.27〜28より引用

電車軌道がS字カーブになったのは、江戸時代の道路が「食い違い状」になっていたためである。城下町の道路は防衛のためにあえて見通し悪く作られていたのだ(下図参照)。

明治維新後、この食い違い道路の角に教会が建てられた。
Daimyo

路面電車ができたのは明治も43年になってから。
ここにはすでに教会があったから、電車軌道は教会の土地をよけてカーブにせざるをえなかったという話である。

その教会。大名町カトリック教会。
Church392

壮大な塔。
Church395

このあたりは大名町というくらいで江戸時代には福岡藩の重臣・重役たちの屋敷があったところだ。
福岡城下の一等地をキリスト教会が取得したいきさつはよくわからない。
維新直後、キリスト教はまだ禁教で、長崎のキリシタンなどは獄に繋がれ、苦難を受けた。明治政府の方針が変わってキリスト教はようやく日の目を見、文明開化のかけ声もあってここに教会を建てることができたのだろう。

S字カーブを苦労して走った路面電車はもうない。
しかし、直下にできた地下鉄路線はやや緩くなりながらもカーブを描き、道路も「食い違い」の面影を残している。

Church396

大名町カトリック教会前から天神西交差点を臨む。左に大きくカーブしている。

城下町の趣はすっかり消失したが、不自然な道路に江戸時代が残っている、福岡市の中心部である(全国の城下町にこんなところがたくさんあるだろうなあと思う)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »