« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008.12.25

九州国立博物館--天神さま

11月いっぱいで終わったのだが、九州国立博物館で行われていた「国宝 天神さま」展。

Tenjin711

電光掲示に使われている絵巻、菅原道真が鬼みたいな人たちに担がれている。
道真本人よりも、道真が神として崇め奉られ、信仰を集めていったことが面白い。

道真は優れた人だったろうが、優秀なだけじゃこんなにも「神」にはならない。

政敵の藤原氏一族がいかに道真(の怨霊)を恐れたか、中世以前の人々は霊魂の世界に棲んでいたということなんだろう。

昔の人たちはよく病気になり、若死にもした。財産があろうが権力があろうが、病気になってアッサリ死んでしまうことから逃れられない。自然災害の予測もつかず、ただ神仏に祈るしかない。
「自分のせいで非業の死をとげた政敵」がいれば、「どうかどうか、鎮まってくだされ〜〜。貴方様を丁重に祀りますから〜」と、精々、霊魂慰撫に努めたのだろう。

しかし、近世以降になると、そうした考えは希薄になったようだ。

豊臣を潰した徳川は、豊臣を神と崇めたりしなかった。どころか、神社に祀るのを禁じ、絵図に描くのさえダメ出しした。一方で、代々の徳川将軍が祀ったのは祖先の家康。壮麗な日光東照宮をつくったり。

家康が豊臣を滅ぼしたやり方は相当無体なものだったと思うが(それに比べたら藤原時平の讒言なんか可愛いもんじゃん、殺してないし)、怨霊を恐れることはなかったのかなあ。家康は長寿で、その後の将軍たちも元気だったからかな。

死や病が身近であったことは近世でも同じだが、人々の精神性に大きな変化があったのかなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.14

名前が違っていた--マルじゃなくて

また過去記事の訂正です・・・m(_ _)m

「カプチーノ--カフェ・MARU」(2008年9月30日)

店名が違ってた…。

MARU(マル)でなくて manu(マヌ)でした・・・・!

お店には何回か行っていたのだが、ずっと「マル」だと思ってたorz

いやはや「まぬ」けなことで。

どうやら、最初に聞いた印象で思い込んでいたみたい。
(…か、ロゴタイプの「n」が「r」に見えたんかな?)

どうりでネットで調べても出てこないわけだ。

ブログを書くとき、なんとなくあやふやなことは一応調べて書くようにしているのだけど、結構間違いが多いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古地図マニアな人々--明治神宮・表参道の過去

NHK総合で0時20分から放映された「ブラタモリ」。
タモリが古地図を手に明治神宮や表参道を歩く番組だった。

やはりこの人も古地図マニア(笑)
何が面白いんだか、と思う人もいるだろうが(そういう人のほうが多数派だと思う)、今も残っている昔の片鱗を発見するのがすごく楽しいんだよね。昔は川だったとか鉄道があったとか。今は普通の道路になっているけれど、よく見ると川や線路だった証拠がちょっとあったりする。

昔の面影がすっかりなくなった所でも、何十年・何百年前はこんな感じだったんかなあと想像するもまた楽し。
タモリいわく、「この同じ道を、武士や町人が歩いてたんだよー」

Omotesando370

表参道@今年の正月。
「明治神宮」の提灯が並んでいるところが「参道」ですなー。

番組を見て知ったのだが、明治神宮の森(杜)は大正時代以降にできたのだとか。
明治神宮じたいが大正時代の創建なのだから不思議はないと言えばないのだが…。

おおかたの「森のある神社」は、自然の森があって神社がつくられるという順番だろう。明治神宮も、江戸時代から結構な森があってそこにつくったかと思っていた。ところが、大正初頭までそこはたいして木がない場所だったのだそうだ。
明治神宮造営にあたり、木を植える大プロジェクトが進行したということであった。

広大な土地を神宮と森にできたのは御料地(天皇家の土地)だったから。御料地になる前は彦根藩・井伊家の下屋敷だった。明治維新で政府に差し出したというわけだ。

「江戸」が「東京」になってから、大名の屋敷の土地を使って大規模な官営施設をつくった例は多そうだ。加賀藩屋敷が東大になったり。

元・大名の屋敷といえば、表参道ヒルズが細長い三角形の敷地になっているのも、江戸時代に広島藩・浅野家屋敷だったことに起因している、とタモリが言っていた。

Omotesando368_2

表参道ヒルズ@これも正月。行ったときは元・大名屋敷の土地とはつゆ知らず、ただやけに細長いわなーとは思った。今度旅行に行くときは、あらかじめ古地図を見ておこうかな。

表参道ヒルズのサイト内:アバウト表参道ヒルズに、1920年〜現在の表参道の再現CG(Flash)がある。小さいけれど雰囲気がよく出ているんじゃないかな。1945年が泣ける。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2008.12.09

福岡タワー--クリスマスバージョン

夜の福岡タワー、クリスマスバージョン。

Tower767

↑福岡市総合図書館側(南側)から。

Tower769

↑TNC側(東側)から。

Tower772

ツリー部分と隣のビル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.08

太宰府--九州国立博物館:紅葉と雪

12月6日、雪が降った。

太宰府の九州国立博物館に行く。

ばり寒か〜〜〜〜〜! とはこのことか。

太宰府は山のほうだから博多より寒い。

Dazaifu758

紅葉に雪が乗り、博物館外壁には雪山が映っている。
ちょっと珍しい光景。

Dazaifu761

Dazaifu764

紅葉が雪化粧して色が薄まっていた。

13日にここで日・韓・中の首脳会談が行われる。

寒さは少し緩むようだけれど、麻生首相の支持率はばり寒…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.07

太宰府--光明寺の紅葉(3)

光明寺の外。

Komyoji744

塀の漆喰のはがれ具合が良い。

Kouyou745

天満宮の参道。瓦の上に紅葉が落ちて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.04

太宰府--光明寺の紅葉&黄葉(2)

光明寺(光明禅寺)の紅葉の続き。

Komyoji722

Komyoji726

Komyoji729

中央の石、お坊さんが座っている後ろ姿に見えた(一瞬)。

よく見ると石が別々だった。

Komyoji733

苔と石庭が渋い。雨で葉が光っている。

Komyoji731

Komyoji734

黄色のもみじ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »