« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009.02.03

「平泉 みちのくの浄土」展--福岡市博物館

福岡市博物館で「平泉 みちのくの浄土」展を見た。

思った以上に仏像がたくさん展示されていて良かった!
鉈彫(なたぼり)といわれる、表面にノミの跡を残した木彫仏。東国の仏像に見られる特徴だそうである。九州ではこういう様式はないなあ。

古いものでは8〜9世紀(奈良時代後期〜平安時代初期)に作られた仏像もあった。
東北地方でこの時代に菩薩像や如来像が作られていたのか。
大和朝廷は東北各地に柵をつくったけれど、仏教も浸透していったんだな、とあらためて思った。

Hiraizumi

チラシ・ポスターなどのデザインも良い(上はチラシの一部)。
金色(こんじき)の輝きと舞い散る雪。

展示物にはもうひとつ、美しい色彩があった。
「紺紙金銀字一切経(こんしきんぎんじいっさいきょう)」(国宝)
紺(藍色)に染めた紙に、金と銀で経典が書かれているのだ。
見返しには繊細な仏画が描かれており、美しいことこの上ない。
藤原清衡が作らせたものだという。

近年のX線調査で、紙に別の仮名文字が書かれている巻があるのがわかった。反故紙を使ったものもあるということである(つまりリサイクルしたと)。仏もお堂も金で輝かせているが、紙は金に匹敵するほど貴重だったのかも。

展示は2月22日まで。月曜休館。

*  *  *

展示物は中尊寺関連を含めて、平安時代のものが多かった。
平安時代というと、京都中心の平穏な時代のイメージが湧く。
しかし、考えてみれば平安時代は400年近くあったのだし、この間に社会は大きく変わったのではないかと思う(特に東国において)。
そのへんをもっと知りたいな、と思った。

※NHK大河ドラマで平安時代の東国を舞台にしたのは「風と雲と虹と」(主人公:平将門)(1976)「炎(ほむら)立つ」(奥州藤原氏)(1993)の2つ。一般に馴染みの薄い時代・人物を取り上げた、大河としては異色作だったが、作品の評価は高いらしい。私は「風と雲と虹と」をほとんど観ることができなかった。ああ残念(DVDは販売されているけど)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.02.02

図書館に子どもたちの作品

総合図書館に立ち寄ったら、小学生の造形作品が展示されていた。

Kids835

段ボール等を使って作ったミニチュアの街。
川・橋も作って、よくできてますなあ。
上は現実にありそうな街、下のは自分たちが住んでみたい家や街を表した感じ。

Kids837

↓こちらは箱が並んでいるけど…?
Kids841

立方体の角から中を覗くと、様々な模様が反射して見える「立方体万華鏡」なのだった。

Kids840

普通の万華鏡は鏡を三角柱に組み立てるものだけど、この「立方体版」は模様が立体的に見えるところが面白い。中の模様は箱を回しても動かないが、3D展開するのがミソかな。

たぶん、「こう見えるように作ろう」とするのでなく、好きにやってみて「こんなふうに見えたよ!」という意外感があるんだろうね。

いずれも福岡市内の小学生が作った。

「街」のほうは共同制作なので、予定どおりにいかなかったり、モメたりすることもあるんじゃないかな。それもまた学習なんだけど。

私が小学生だったら、こういう授業のために(だけ)学校にイソイソ行くだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »