« 高校、授業料滞納で「卒業証書を渡さない」の怪 | トップページ | ホームページ更新が簡単にできるのはQHMではないかと »

2009.03.21

授業料滞納と卒業証書--それってモンスターペアレント?

高校、授業料滞納で「卒業証書を渡さない」の怪 の続き。

島根県安来高校の「授業料を滞納したら卒業証書を渡さない」という通知は、

卒業までの期間が約6カ月を切った時期の滞納対策なのかな

と前回書いた。

学校が念頭に置いたのは、あくまでも「時期」であって、特定の長期滞納者対策ではなかったのだろうと思う。
なぜなら、3年生全員の保護者あてに通知しているからだ。それまでキッチリ納付していた保護者も含めて。
滞納を続ける困った親に業を煮やし、卒業証書を渡さないという強い姿勢に出た、という話ではない。

学校は「2月には2・3月分の授業料をまとめて引き落とす。これを滞納すると卒業証書を渡さない」と通知した。 つまり、これまでキッチリ納付していても、たまたま2月に滞納が生じたら卒業証書アウトですよ、と。
(もちろん、以前の滞納が残っている人が2月引き落とし分だけ払っておく、というのもダメだけど。完納しないとアウト)

ネットではこのへんを誤解しているらしき主張がしばしば見られる。
「ずっと滞納するようなバカ親に毅然と対応したんだ。よくやった!」みたいな。

私がどうにも違和感を持つのは、この件で滞納問題を「バカ親(アホ・ゴネ得・モンスターペアレント)」vs 学校 という図式でばかり見たがる人が少なくないこと。

滞納=バカ親なの? 残高不足で引き落とし不能が1回でも生じたら滞納ということになるけど、それはそんなにもバカ・アホ・モンスターなことなの?
引き落とし不能なんてそう珍しいことでもないし、バカだアホだと糾弾されるほどの悪事でもないのだが(無論引き落とし不能にならないよう注意するほうが良いが)。
未納(滞納)といってもいろんな程度がある。「1回引き落とし不能」から「数年間滞納して督促無視」「全額不払いで夜逃げ」までいろいろだ。

この高校の事例、報道では長期滞納や督促無視の親の話は出ていない。そういう親がいたかもしれないし、いなかったかもしれない。いるかいないかわからないのに「バカ親の話」と決めてかかって「証書を渡すべきでない」挙げ句は「退学させるべき」とか。
なんだかなぁ〜〜。

2月納付分が滞納になってしまう→たまたまその時引き落とし不能になるケース(それまではキチンと納付していた)だってあるんだよ。

そういうケースでも「証書渡しませんよ」と通知したことが問題になったんだけど。長期滞納とかの「困った保護者」(いわゆるバカ親)への対応は、別途やってきているんで。

(参照:島根県教育委員会の回答

たまたまだろうがなんだろうが、引き落とし不能を起こすヤツはバカに決まっている。卒業証書を渡さないくらい当然だ。とお考えの方は、各種料金支払いが1回でも引き落とし不能になった場合は、延滞金程度でなく、もっと厳しいペナルティを自ら課していただきたく(例:家の電気を使わない、携帯・ネット不使用 等)

|

« 高校、授業料滞納で「卒業証書を渡さない」の怪 | トップページ | ホームページ更新が簡単にできるのはQHMではないかと »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/44413926

この記事へのトラックバック一覧です: 授業料滞納と卒業証書--それってモンスターペアレント?:

« 高校、授業料滞納で「卒業証書を渡さない」の怪 | トップページ | ホームページ更新が簡単にできるのはQHMではないかと »