« 博多から筑豊へ鉄道で行く(3)--篠栗線 | トップページ | QHM(Quick Homepage Maker)でホームページを作る(2)--デザインカスタマイズ »

2009.05.23

博多から筑豊へ鉄道で行く(4)--平成筑豊鉄道

博多から筑豊へ。
福北ゆたか線(篠栗線・筑豊本線)の直方で平成筑豊鉄道に乗り替え。

平成筑豊鉄道は、国鉄・JRの伊田線・糸田線・田川線が分離されて第三セクターになった鉄道である。

奇しくも、新会社の社名決定日は「昭和最後の日」だった(これはまったくの偶然)。公募で社名候補が挙がっていたが、昭和が終わり「平成」の元号が発表されたため、「平成」の名を冠したとのこと。

Heichiku2126

1両編成のワンマン列車。バスのように整理券を発行する。(写真:オレンジ色の箱が整理券発券機)
青・緑・水色・黄色の車体は「なのはな号」のネーミングがされていた。

昔、石炭を満載したSLがこの路線を行き交っていたのだなぁ(なので、ローカル線なのに複線、ちょっと離れた場所にももう一つ路線、と、都会並みの贅沢設計)。

今はその頃とは光景がすっかり変わって、沿線の人たちの生活路線になっていた。

Heichiku2008

つり革にくっついている「ちくまる君」。平成筑豊鉄道のマスコットキャラクター。両手に持っているのはミニ広告…というより、応援メッセージだわ。地元の企業などから募っているらしい。

アナウンスされる駅名に、いやに長いのがある。「ふじ湯の里・日王の湯温泉・金田」とか「大阪サンニュース・中泉」とか(福岡県なのに大阪かい?と一瞬アレレと思う。ついでに、福岡県なのに“カナダ”--金田はカナダと読みます)。

駅に副名をつけるネーミングライツなのだ。時刻表や切符に書かれるのは正式名の「金田」「中泉」だけれど、駅看板と放送に企業・団体の名前を入れて収入を得る。

調べてみたら、平成筑豊鉄道はこの他にも枕木オーナー、小口の駅広告・車内広告…、こまめに広告営業をやっているんだね。駅と車内の広告料金は最小で105円や210円からあって、これは個人でも出しやすい(^^)

それというのも、この鉄道会社の出資者は福岡県と沿線自治体が主。地元の足だから地元で支えていこうという努力と工夫が重ねられているのだ。

…が、もともと乗降客の少ない赤字路線だから三セク化されたわけで、経営の苦しさは他の三セク鉄道と同じ。そして少子化・高齢化・人口減少が進行し、当初は黒字だった平成筑豊鉄道も近年は赤字に苦しんでいるという。
赤字は自治体が補填することになるが、これまた昨今の大不況で自治体も大変なところ。

地方の鉄道は、高度成長時代や国が丸抱えの時代でないとやっていけないものなんだろうか。
高齢化社会だからこそ、公共交通が大事なんだけれどねぇ。

Heichiku2125

|

« 博多から筑豊へ鉄道で行く(3)--篠栗線 | トップページ | QHM(Quick Homepage Maker)でホームページを作る(2)--デザインカスタマイズ »

「地域・歴史」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

>最小で105円や210円からあって

アホエロスパム愛好家9条の会、ってなまえと、当方のURL記載、ってのも受け付けてくれるかしら。

投稿: kuroneko | 2009.05.26 22時18分

>kuronekoさん

公共の場ですから、公序良俗に反しない名前・内容が条件かと(愛好家9条の会は良いけど、その前7文字はどうでしょう?)
平成筑豊鉄道の営業部にお聞きになってみては?
「へいちくネット・広告のご案内」
http://www.heichiku.net/p/modules/corpinfo0/index.php?id=35

投稿: kiriko | 2009.05.27 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/45097743

この記事へのトラックバック一覧です: 博多から筑豊へ鉄道で行く(4)--平成筑豊鉄道:

« 博多から筑豊へ鉄道で行く(3)--篠栗線 | トップページ | QHM(Quick Homepage Maker)でホームページを作る(2)--デザインカスタマイズ »