« 博多から筑豊へ鉄道で行く(4)--平成筑豊鉄道 | トップページ | 交流戦--ドアラが来てないよっっっ(怒) »

2009.05.30

QHM(Quick Homepage Maker)でホームページを作る(2)--デザインカスタマイズ

QHM(Quick Homepage Maker)のデザインカスタマイズを試行中。

QHMは、すごく大雑把に言えばこんな感じ。

===============

コンテンツ(文、写真)を入力
 ↓
PHPで制御-----デザイン(CSS)
 ↓
ファイルを出力

===============

コンテンツを入れさえすれば、ページのファイルが出てくる。

テンプレート(ひな型)はあらかじめデザインされていて、そこにコンテンツを流し込んでじゃんじゃん作っていくというやり方だ。

デザインはCSSで設定しているので、CSSを変更すればデザイン変更ができる。

ただ、1つのデザインを全ページに適用させる方式だから、各ページのデザインを変えるとか、バリエーションを加えるのはちょっと難しい。
QHMの編集画面に直接HTML、CSSを記述することで個別のバリエーションが作れるとは言え、これをやると「HTML、CSSを使わずに更新できる」利点が少々損なわれてしまう。
自分で記述し、自分で更新するならいいのだけど、「HTML、CSS知りません」という方に更新してもらうのはキツイだろう。

よく更新する箇所と、しばらく更新不要な箇所とで、デザインの変化や作り込み度合いを分けるのが良いのではないかと。

私のサイトでCSSをいじってみた。現状がコレ→「簡単!ホームページ更新

デザイン変更しても更新しやすさに問題がない部分:
ヘッダ画像・色・メニューバーやコンテンツエリアの横幅・メニュー画像・見出しの背景画像

編集画面にHTMLを記述(CSS併用)した部分:
メニュー項目の画像バリエーション・本文大見出しの背景画像バリエーション・文字ブロックの背景に画像を配置

※部分的にHTML、CSSを記述してバリエーションを持たせても、従来の作成方法よりラクかな〜という気はする。

デザインもいくつか作ってみた…→デザインサンプル

「デザインサンプル」のページURLは、QHM v4の機能で次のように短縮されている。
http://ryuseisha.com/kantan/index.php?go=3IErdB
ブラウザのURL表示は http://ryuseisha.com/kantan/index.php?デザインサンプル

google検索した場合でも日本語タイトルが出てくるのが良いところ。「QHM デザインサンプル」で検索してみてください。(Firefox、Safariの場合)

 

|

« 博多から筑豊へ鉄道で行く(4)--平成筑豊鉄道 | トップページ | 交流戦--ドアラが来てないよっっっ(怒) »

CSS(スタイルシート)」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

kirikoさん、こんにちは。

QHMを使い出して
サーバーからバックアップをとったときには
???と思いました。

FTPソフトで自分のパソコンにフォルダ・ファイル群を
ダウンロードして、中をのぞいてみようとしたら
開かない(-_-;)。

ホームページビルダーでつくったサイトなら
バックアップしたhtmlファイルを開けば
確認できるんですけどね。そんなのないもの...

っていうような、専門家から見ると
おばかな驚きというか...。

バックアップしたサイトを
パソコン画面で確認するすべは
何かあるのですか?

基本的に編集画面でテキストを入力して、
それだけでどうしてサイトが更新されるのか

>コンテンツ(文、写真)を入力
 ↓
>PHPで制御-----デザイン(CSS)
 ↓
>ファイルを出力

ここのところの理屈、よくわかりませんshock

投稿: Yotchan | 2009.06.04 09時19分

Yotchanさん こんにちは(今晩は)

QHM内に****.phpというファイルがたくさんありますね。中でも、主にhtml.phpが「編集画面の入力をHTMLに生成するプログラム」らしいです。

私もPHPはわかりませんし、最初は「どうやったらデザイン変更を確認できるの?」と戸惑いました。

>バックアップしたサイトを
パソコン画面で確認するすべは
何かあるのですか?<

FTPでバックアップをダウンロードしても、「PHPでファイル出力」の工程がサーバ上でしか動かないから、自分のローカルフォルダで見ることはできないのでしょう。

暫定的に次の方法で確認することはできます。

Webのブラウザ画面→ソース表示させて全部コピー→エディターにペーストし、任意のファイル名****.htmlをつける→CSSや画像のリンクをローカルフォルダ内で正しくなるよう変更→ブラウザで見る

デザインや内容の確認をオフラインでしたい場合はこれでできます。

投稿: kiriko | 2009.06.05 01時21分

kirikoさん、こんにちは。

お返事ありがとうございますcoldsweats01

印刷して、何度も読み返しましたが...。

>Webのブラウザ画面→ソースを表示させて

というのはオンラインのブラウザ画面ですね。
ということは、オフラインのバックアップサイトそのものを確認はできないということなんですね。

バックアップのCSSをいじって(とか言ってますが、私にはその能力はありませぬ)、
その結果はFTPでアップしてはじめてわかるということなのでしょうか。

というか、変更を加えるCSSはあくまでそれだけをDLして操作するんですかね。すみません、見当違いなことを
言ってるかもしれませんcoldsweats02

投稿: Yotchan | 2009.06.05 15時50分

Yotchanさん こんにちは。

>オフラインのバックアップサイトそのものを確認はできないということなんですね。<

そうだと思います。
サーバーのQHMの中に「〜〜.html」ファイルがないんですよね。普通ならあるはずのものが。

>というか、変更を加えるCSSはあくまでそれだけをDLして操作するんですかね。<

デザインを変えるCSSは QHM>skin>hokukenstyle>*_blue**(テンプレート名) の中にあります。
CSSはサーバー内で変化しないから、ダウンロードする必要はありません。最初に自分のPCに入れたCSSを編集するのです。

そして、コピーして暫定的に作った****.htmlをオフラインで確認すると、CSS変更が反映されます。
ちょっとわかりにくいので、エントリに上げてみますね(後日…)

投稿: kiriko | 2009.06.06 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/45114737

この記事へのトラックバック一覧です: QHM(Quick Homepage Maker)でホームページを作る(2)--デザインカスタマイズ:

» 九条の精神をアジアへ [JCJ機関紙部ブログ]
 「ジャーナリスト」06年5月号から転載します。 釜山日報記者が講演 「九条の精神をアジアへ」   「九条の会福岡県連絡会」は3日、福岡市で5回目の「憲法集会」を開いた。JCJ福岡支部は毎回協賛、世話人に4人が参加している。  今回のメーン企画は、韓国・釜山市の夕刊紙「釜山日報」国際部・金承日(キムスンイル)記者の「韓国ジャーナリストが語る日本国憲法」と題する講演。  金記者は事前に釜山市の2大学で150人の学生に「日本国憲法は平和憲法であることを知っているか」などの「日... [続きを読む]

受信: 2009.06.01 14時51分

« 博多から筑豊へ鉄道で行く(4)--平成筑豊鉄道 | トップページ | 交流戦--ドアラが来てないよっっっ(怒) »