« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009.06.29

阿修羅像を造らせた人・藤原光明子

九州国立博物館(太宰府市)で「国宝・阿修羅展」が開かれる。
(7月14日〜)

「興福寺創建1300年記念」と銘打っている。
あぁ、そうか。…興福寺は平城京遷都と同じ年に創建されたんだ。
平城京は藤原氏がプロデュースして造営した都だから、藤原氏の氏寺である興福寺も同時に建立したんだね。

阿修羅像を始めとする八部衆像、十大弟子像、釈迦如来は、興福寺西金堂に安置されている。西金堂を建てたのは、当時の帝・聖武天皇夫人の藤原光明子(安宿媛あすかべひめ、光明皇后)。

光明子の母・橘三千代が亡くなり、一周忌の供養として西金堂と多くの仏像を造らせたとのことだ。

写実性と豊かな表情を持つ仏像たち。しかし、これらの仏像が造られたのは、「天平」の元号とは裏腹に、不安と政治謀略がうずまいていた時代だった。

【光明子の周辺年表】

724(神亀元)年、聖武天皇即位
728(神亀5)年、天皇と光明子の息子(皇太子)が1歳で夭逝
729(神亀6)年、長屋王の変(対立した藤原四兄弟の陰謀とも言われる)
729(天平元)年、光明子、「皇后」の称号を得る
730(天平2)年、光明子、施薬院と悲田院を設置させる
733(天平5)年、母・橘三千代の死
734(天平6)年、興福寺西金堂を建立(阿修羅像等を造る)
737(天平9)年、藤原四兄弟(光明子の異母兄)が天然痘により相次いで死去

光明子という人、親族は超・強力な人ばかりである。
父は飛鳥・奈良時代政治の実質的なトップ、藤原不比等
母はゴッドマザー、橘三千代(後の左大臣・橘諸兄の母でもある)
兄たちは不比等の後を継いで政治を仕切る
夫は天皇
姉(異母姉)は天皇の母、藤原宮子

この世に怖いものなんかなさそうな(^^;)
だけど、聖武天皇との間に生まれたひとり息子(皇太子)は幼くして亡くなってしまった。藤原氏の血を引く天皇になるはずだったのに。※聖武天皇自身が藤原宮子の子だから、藤原の血はさらに濃くなる。
この皇太子の死が、光明子を仏教に深く傾倒させたに違いない。

いかに強力な権力があっても、人の生死・病には無力で、神仏に祈るしかないものね。
母親の死によって、光明子の気持ちは一気に高まったのかもしれない。

興福寺の阿修羅像は少年の風貌をしている。
インドでは「阿修羅」は軍の神であり、いつまでも戦いを挑み、激しく怒っているものだそうだ。日本でも三十三間堂・二十八部衆の阿修羅は怖くていかめしい顔だが、興福寺の阿修羅はもの静かで寂しげでさえある。

光明子は興福寺西金堂建立に当たり、亡くなった皇太子の面影を求めたのかな…。
生きていれば7歳になっていて、皇太子として本格的教育ができる頃。
そんなことを考えて、仏師に「少年像」を造るよう命じたのかも。

阿修羅以外の八部衆像にも「男の子」姿がある。特に「沙羯羅(さから)立像」は身長とアンバランスな童顔で、より幼さが漂う。

皇太子を阿修羅や沙羯羅で表現しちゃったらマズいんじゃないの? とも思うが、表向きはともあれ、光明子は少年顔の像を見るたびに幼い皇子を想ったのではなかろうか。

※興福寺八部衆像が少年の顔で表される理由は他にあるのかもしれません。光明子とその皇子の話を結びつけるのは私の妄想です。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.06.24

QHM(Quick Homepage Maker)でホームページを作る(6)--ページ内アンカー:目次

1ページの分量が多いとき、冒頭に目次をつけて、ページ途中の項目にジャンプさせることがよくある(ページ内のアンカー)。

これをHTMLで作る場合は

 アンカーの元(<a href="#koumoku">項目</a>)

 アンカー先(<div id="koumoku">項目</div> または <a name="koumoku">項目</a>)

の2箇所を設定する。

この作業、QHM(Quick Homepage Maker)では

 #contents

と一言書くだけで自動的にできてしまう。実際は編集画面のアイコン「もくじ」をクリックして入れるだけで良い。

おそるべき簡単さ(^^)

アンカー先のテキスト(項目)すらも書く必要がない。

もちろん、一定の条件があるわけで、何でもかんでも自動で作ってくれるわけではない。

■QHMが自動的に作る「もくじ」は…

そのページの大見出し・中見出し・小見出し(QHMの書式で * が付いている項目)がリスト形式で階層表示される

===

「もくじ」としてアンカーする項目を取捨選択したり、リスト形式でない書き方をするには、PHPを変更するか、編集画面での書き方を変える。

もくじ作成のPHPは QHM > plugin > contents.inc.php

(私はPHPをよく知らないのでPHP変更方法に言及することはできません)

編集画面での書き方でアンカー項目を選択する方法:

見出しに * を付けることでPHP処理(もくじの生成)をしているから、* を付けなければアンカー項目にならない。

【方法1】アンカー項目にしたくない見出しをHTMLで記述する

#html{{

<h3>中見出し</h3>

}}

とか。<h4>小見出し</h4>でも同様。

ページ作成の都合で中見出しや小見出しがたくさんあって、それらをすべて「もくじ」アンカー表示にすると煩わしい…といった場合にこの手を使うと良いのでは。
<h3>や<h4>のCSSクラス設定は適用されるので、見出しデザインは統一される。

【方法2】アンカー項目にしたくない箇所は見出しにしない

太字にする、色を変える、大きな字にする、といった方法で本文と区別する。

===

上記の方法はあるにしても、見出しと本文が適切に作られたページなら、あまり細工をしないで「もくじ」作成機能を素直に使うのが良いのじゃないかなと思う。なんといっても早くて簡単にできるのだから。それより見出し・本文をわかりやすく書くことに力を入れるのが建設的かと。

■もくじのデザインカスタマイズ

QHM > skin > hokukenstyle >(テンプレート)> plugin.css

エディタで開いて contents を検索するとその下に設定がある。デフォルトでは「もくじ」の文字が入っているので別の言葉に変えるとか、色やラインの入り方を変えるとか、各自のお好みで。「もくじ」→「Contents」のように文字数を増やすなら、幅(width:3.5em;)も増やすのを忘れずに。

※カスタマイズしてみたら、Windows IE6ではタイトル(「もくじ」の部分)が見えない。ラインと肝腎なところ(アンカー項目)は見えているのだけど。IE6だけ表示が違うことがあるが、余計な変更をしちゃったのかな?

参照:QHMで制作→「簡単!ホームページ更新

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.21

西新商店街の10円まんじゅう

西新商店街にこんなお店が…

Nishijin198

なんと、1個10円のまんじゅう(^^)

10個入りパックで120円。

え? 計算が合わない?

容器代と消費税が含まれるそうです。

それにしても安い。

かき氷やたこ焼きも売っている。
店内で食べることもできて、お茶は無料サービス(セルフですが)。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (1)

西新商店街

西新(福岡市早良区)の地下鉄南側にある商店街。

古くからの商店街だけれど、なかなか活気があった。平日でも結構な人通り。
地方の商店街に最近多い「シャッター通り」になっていない。

福岡市内は人口が増えているから、商店街の衰退はそれほど見られない。
特に西新は学校が多いし。若い人が多めだ。

Nishijin200_2

野菜、魚が安い(^^)

道の真ん中で生鮮品(野菜・魚・花など)を売っているのは「リヤカー部隊」、西新商店街の名物だそうだ。

こういう商店街が好きだなぁ。

西新地区は地下鉄の北側ばかり行っていた(ヤフードーム、総合図書館、福岡市博物館…)けれど、南のほうは生活感があってイイね。

Nishijin196

商店街途中のコレは一体…?

昔のガス灯かなにかですか?

キャナルシティ博多には冬場になるとこれよりスマートな暖房灯が出るのだけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.06.16

QHM(Quick Homepage Maker)でホームページを作る(5)--フォームの設置

QHM(Quick Homepage Maker)には多彩な機能がある。
参照:QHM(Quick Homepage Maker)でホームページを作る(3)--便利な機能

フォーム(問い合わせ等のメールフォーム)もその便利機能のひとつ。

…が、編集画面に「これをクリックするとフォームが付きますよん〜」とすぐわかるアイコンとか説明とかはない。
有料(有償)版なら解説書に設置法が載っているのだと思うが、無償版には載っておらず、無償版サイトにも見あたらない。

ネットにQHM関連情報サイトがいくつかあり、そこから情報を得ることができる。「QHM」とか「Pukiwiki」で検索すると見つけやすいと思う(Pukiwiki は QHM の元になっているオープンプログラム)。

フォーム設置がわかりやすいのはこちら→D++ CoolDesign Labo のサイト。

ここはQHMのデザインカスタマイズ、サイトマップ作成、QHMのサイト・素材リンクなど実に多くの情報があり、解説もたいへん丁寧。QHMを使う、また、発展させたい方にはぜひ参考にしてほしいサイトです。

それにQHMでこれだけのハイレベルなサイトを作れるのがすごい!

私も少し前から見ていろいろ参考にさせていただいていたのだけれど、フォームの設置、ちゃんとこちらに書いてあるんですね(^^)

ちょっと高度な自動返信フォーム」(D++ CoolDesign Labo)

設置してみた。→簡単!ホームページ更新

これは作りやすい(他の機能と同じく) ホントに。

これまでフォームとかCGI設置でたいがい悪戦苦闘してきたのであるが(^^;)

いちばんスムーズにできたかなと。

CGIとMacはどうも鬼門というか…まず文字化けで苦労する、さもなくば「動作しません」…orz どうすりゃエエのよ状態が何度もあった。Macでもプログラムのわかる人ならさっさとやれていると思うけど。

QHMのフォーム設置でもMacの場合はちょっと注意が必要。

フォームの「おまじない」を入れてページを更新、そこで文字化けが起きていたら、自分のPCの QHM > plugin > pkwkmail.inc.php をサーバーにFTPし直す。

その時、「ASCII 改行コードをWindows…」で転送する。

Fetchではうまくいかないかも。元々米国製ソフトなので転送の際に妙な具合に変換されてしまうとか。

Cyberduckは「環境設定」でコード設定を変えられる。

私のサイト(簡単!ホームページ更新)につけたのはごくシンプルなフォームだけれど、項目選択ボタンもつけられるし、注文や予約フォーム、アンケートにも使えると思う。

これに「確認画面」「送信完了画面」「送信者へ自動メール返信」も出てくるのだから、フォームとして充分の機能じゃないだろうか。

そして、フォーム項目、返信メールのメッセージなどをブラウザ画面で設定できる便利さ! ファイル開いて設定してFTP…をその都度しなくていいのだ。

ずっと頭の隅にあった「フォーム・CGI…なんだかウマくいかない」もやもやも一気に晴れたし。あースッキリしたなぁ、と、頑固な○○が治った気分だ。

QHM制作者の北摂情報学研究所様、Pukiwiki開発者の皆様、D++ CoolDesign Labo様に、深く感謝です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.06.12

福岡市・西新

知り合いが展示会を開いていたので西新に行った。

帰りに見かけた建物。

Nishijin195

街なかなのに、廃墟のごとく…

蔦がびっしり絡まり

ここは昔、何だったのだろう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.06

QHM(Quick Homepage Maker)でホームページを作る(4)--オフラインで確認?(追記あり)

Yotchanさんからコメントをいただきました。

バックアップしたサイトを
パソコン画面で確認するすべは
何かあるのですか?

QHMでホームページを作る(2)--デザインカスタマイズ

従来のホームページの作り方だと、サーバーの中にHTMLファイル(や、CSS、画像等)がありますが、QHM(Quick Homepage Maker)システムではサーバー内にHTMLファイルがないのです(自分のPC内にもページのHTMLファイルは存在しません。QHMはすべてオンラインで作る仕組みだから)

では、オフラインで確認するにはどうするのか? と思う方がいても不思議はありません。というか、私がそう思ったのですが。

サーバー内にHTMLファイルはありませんが、ブラウザ画面で「ソースを表示」させると、<html>〜〜〜〜</html>があります。このソースは従来の作り方のHTMLと同じです。

そこで、ソースをコピーして自分のPC内に「****.html」を作っちゃいます。

この****.htmlをブラウザで見ると、オンラインとほぼ同じ画面を表示させることができます。(注意1参照)

Aboutqhm_2

注意1:QHMは文字エンコードをUTF-8にしているので、そのままでは文字化けするかもしれません。その場合はブラウザの 表示 > 文字エンコーディング を日本語(Shift_JIS)に変えます。

デザインを変更したい場合

CSSでデザインを変更したい場合は、****.htmlのCSSリンク、画像リンクをローカルエリア内で正しくリンクさせるように変えます。

【追記】具体的な手順:以下は自分のPC内で行います

****.htmlを現在選んでいるテンプレートフォルダに入れます。

****.htmlをテキストエディタ(メモ帳など)で開きます。

◆CSSリンクの変更(PC内のCSSを****.htmlに反映させるための処理)

<head>〜〜〜</head>内の

<link rel="stylesheet" media="screen" href="http://***.com/skin/hokukenstyle/□□□_01/main.css" type="text/css" charset="Shift_JIS" />

<link rel="stylesheet" media="screen" href="main.css" type="text/css" charset="Shift_JIS" />

に変更(上の太字部分を削除)します

CSSでデザインを変更する場合、細かく調整することもあるので、オフラインで作業できるほうがいいです(変更のたびにFTPアップロードするのでは面倒で大変(^^;))

デザインを変えるCSSは主に2つ。テンプレート内の「layout.css」「color.css」。

layout.cssは全体のレイアウトを設定し、横幅、サイドメニューと本文コンテンツの横幅比率、メニュー位置の左右を変更できます。

color.cssは文字、色、見出し、メニューのデザイン、背景画像などを細かく設定しています。

【追記】具体的な手順:

layout.css、color.cssをテキストエディタで開き、中に書いてある設定 (width:786px; とか font-size:14px; とか)を変更し、ファイルを保存します。

****.htmlをブラウザで表示させると、さっきの変更が反映されています。
このようにしてCSS変更→画面確認を続けます。

オフライン確認でオーケーになったところで layout.cssとcolor.cssをサーバーにアップロードします(サーバー内のファイルを上書きします)。

※layout.css、color.cssのコピーをとっておいてから変更作業するほうがよいです。

注意2:layout.css、color.css以外にもレイアウト・デザインを制御する要素があるので、オンラインでは少し違って見えることもあります。

【追記】デザインカスタマイズの方法はこちらのサイト→D++QHMcooldesignLabo で丁寧に説明しています。でも、オフラインで確認するやり方ではないかもしれません。

※Quick Homepage Makerについては 「簡単!ホームページ更新」をご覧ください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.06.03

福岡の中日ドラゴンズファン

5月30日の交流戦・ホークスvsドラゴンズ。

ドラゴンズのユニフォームや応援グッズを持つ人を結構見かけた。
福岡にドラゴンズファンは多いのかなあ。

Dragons49

ドラファンの多い喫煙所。

「今年はドアラ来てないよ、にせドアラならいるよ」との怪情報を入手。

え〜? にせドアラ? そんなのいるんか〜(結局お目にかかれなかったけど)

Dragons56

ドラゴンズ攻撃中、盛り上がるドラファン。

「打て!打て!打ちまくれ〜!」の声援が響いてる。アウェーでこれだけ応援されると選手も嬉しいよね。

三塁側外野席の一角は「ビジター応援only」、ホームチームのユニフォーム・グッズ持参者は入れないようになっていた。エキサイトしたファン同士がモメるのを防ぐため?

Dragons59

ドラゴンズは5点差をいったん追いついたものの、再度勝ち越されて負けてしまった。

翌日はサヨナラ負けで、対ホークス(福岡ドーム)は昨年から4連敗。ドラファンには辛い土日であった。

ドアラ、ちゃんと応援に来んかい!
(名古屋でなんかの仕事中だったみたい。ドアラも忙しいのか)

交流戦翌日(6月1日)の朝日新聞・福岡版に「博多駅前交番で案内する女性警察官」の写真が載っていたけど、案内されていたのはドラゴンズファンでしたよ(^^)

名古屋から新幹線で来て「ヤフードームは…?」と訊いていたのかしら。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.06.02

QHM(Quick Homepage Maker)でホームページを作る(3)--便利な機能

「更新がしやすい」ことで使い始めたQHM(Quick Homepage Maker)。
…だが、いろんな機能が付いていて「へぇ、こんなことができるんだ」と、嬉しい意外感があった。

例えば、サイト内検索、コメント欄、簡易掲示板、カレンダー、フォーム…。
こういうのを自分で作るとしたら大変だと思う。私はプログラミングができないし、設置するならどこかからレンタルするしかないかなと(それも面倒そうだし、無料のものは広告付きだったりする)。

しかし、これらの付加機能をQHMは「簡単に」設置できてしまう。

1フレーズの文言を編集画面に入れるだけで設置できる機能:

掲示板 → #article
サイト内検索 → #search_menu または #search
最近の記事n件を表示 → #recent(n)
人気記事n件を表示 → #popular(n)

編集画面のアイコンをクリックすると設置できる機能:

コメント欄
アクセスカウンター

あまりに簡単に付けられるので、「これだけでホントにできたの?」と呆気にとられるくらい。

※上記以外にもいろいろある。無料版と有料版で装備と操作方法が若干違うようだ。

掲示板はシンプル機能なので細かなことはできないが、ホームページの付加としてちょっと使いたい向きには充分ではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »