« 子ども手当--所得制限をする意味はあるか? | トップページ | 子ども手当・のようなもの にいくら使われてきたか »

2009.12.20

子ども手当と扶養控除(追記・訂正あり)

「そもそも子ども手当は必要ない」という人がいる。ただのバラマキだ、と。
私はそういう人にお聞きしたい。

では、現行の扶養控除(中学生以下の子どもの扶養控除)も必要ないとお考えですか?

扶養控除は子どもを扶養している人の所得税を減税するもの。
これも、個人(世帯)にお金を渡しているのと同じ。バラマキだといえばバラマキだ。
昔からあるものだし、選挙公約として注目されたことがないのでほとんど目立たないが、

「子ども手当なんてバラマキはやめろ」という人が
「扶養控除なんてバラマキはやめろ」と主張するのを見たことがないので
不思議だなあと思う。

金額的に子ども手当より少ないから扶養控除はあっても構わない、のか?
(バラマキ批判なら金額の大小の問題ではないはずだけど)

それと、次のような主張にも疑問を感じる。
「子ども手当に賛成だが、扶養控除廃止で財源を出すのは反対」

つまり、子ども手当も扶養控除もどっちもやれ、と。

共産党の政策がこれに近い。

 フランスやドイツなどヨーロッパ諸国では、子育て世帯に非常に手厚い手当が給付されており、経済的な心配なしに子育てすることができます。
 将来的にそうした水準をめざしつつ、当面、第1子・第2子の児童手当を小学6年生まで月額1万円に増額するとともに、18歳までの支給年齢の引上げをめざします。その際、扶養控除、配偶者控除の廃止などのいわゆるサラリーマン増税との「抱き合わせ」での手当増額はおこないません。
(日本共産党 「2009年総選挙〈各分野政策〉子ども・子育て」より)

扶養控除は高所得者ほど減税額が大きい。扶養控除を維持しつつ子ども(児童)手当を出すということは、高所得者ほどプラスが大きいということだ。

「金持ち優遇」を批判する党の主張がこれでいいんですかね?
共産党の児童手当(案)には所得制限があるのかな? 自公政権の児童手当と同じ860万円かな?
仮に手当に所得制限をつけたとしても、「所得が高いほうが減税額が大きい」という扶養控除の構造は変わらないので、
「年収200万の人より800万の人のほうが『手当+控除による減税』が多い」
「年収1,000万の人より5,000万の人のほうが『控除による減税』が多い」
という「逆進性」「高所得者のほうが支援額が大きくなる不公平性」はしっかりあるんだけど。
金持ち優遇を批判し、低所得者を支援すべきと主張する党がこういう逆進性「高所得者のほうが支援額が大きくなる不公平性」無視というのはどうも納得がいかない。

それよりも、民主党の「子ども手当を出し、該当する年齢の扶養控除廃止」のほうが逆進性「高所得者のほうが支援額が大きくなる不公平性」がなく、すべての子どもに平等だといえる。
※ただしこれは所得制限をしない子ども手当の場合。所得制限するとまた話がややこしくなる。

   *   *   *
〈12月21日追記・訂正〉
「逆進性」という言葉を使ったのは間違いでした。ゆうくんパパさんよりご指摘いただきました。ありがとうございました。
私が問題にしたのは「所得に対する比率」ではなく、「高所得者のほうが支援額が大きくなる不公平性」です。子どもに関する扶養控除は、子どもを育てる負担に対する支援だと言えます。しかるに、高所得者のほうにより多く支援額が行っている。所得の高低にかかわらず子育ての負担があるのに、所得の高いほうに多額の支援をするのは不公平ではないか、ということです。
ゆうくんパパさんのコメントから使わせていただくと、
・年収500万円の人には3万8000円
・年収5億円の人には15万2000円
同じ「子ども一人を育てている」場合でもこういう差があるわけです。
〈追記:ここまで〉
   *   *   *

〈おまけ〉
子ども手当を親が子どものために使わず、パチンコ代になるんじゃないかといった批判がある。
配偶者控除や扶養控除に同じことを言う人は寡聞にして知らない。
「配偶者控除を奥さんのために使え。亭主のパチンコや飲み代にするなよ」「配偶者控除は妻バウチャーにしろ」「扶養控除を子どもバウチャーにしろ」…って、誰も言わないなあ。
所得控除は目の前、あるいは預金通帳にはっきりした金額で示されるものじゃないからね。全然意識しないのだろう。「廃止される(らしい)」と言われて初めて意識するっつうか。

控除も手当も同じ「子どもがいるから発生する」ものなのにね。まあ、それで家計にいくらプラスだとか、財源がどれだけ必要かとか、使い道がどうだとか、これだけ広く話題になるのだから(扶養控除や従来の児童手当に一言も言わなかった○○学者やらコンピュータおたくまで含めて)、それはそれで結構なことかもしれない。

|

« 子ども手当--所得制限をする意味はあるか? | トップページ | 子ども手当・のようなもの にいくら使われてきたか »

社会」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

財源が足りないのだから、子ども手当てに年収300万円の所得制限を設ければよい。
橋下知事は7人の子供がいるので、毎月18.2万円、年間218万円の子ども手当てがもらえる。
これから3人の子供を生むとすると、総額1千4百万円の他人が納めた税金がもらえる。
在日ももらえるのが最大のみそ。
注)2.6万円x12ヶ月x15年x3人=1.4千万円
政権交代という目的を達成するために、いかに他人の税金をばら撒いて集票するかというのが、出発点であるから理念が無い。
防衛費よりも多い毎年5.3兆円を使って高所得の家庭まで支給する必要は無い。
社会主義に偏向した民主党は何でも一律が公平だと言う偏見と誤解を持っている。
少子化対策という明確な理念があり、効果も証明すれば反対者は減るだろうが、少子化対策にはならない。
少子化担当相の福島瑞穂(資産2.5億円)は、生まない選択を主張していた矛盾。

投稿: 子ども手当てに所得制限を設けよ | 2009.12.20 12時57分

>橋下知事は7人の子供がいるので、毎月18.2円、年間218万円の子ども手当てがもらえる。

それが何なのか。
子どもをたくさん産めば産むだけ支援を受けられるというだけの話でしかない。
もしかして、子供を産まない人の方を優遇して、少子化を推し進めようなんて考えてるの?

投稿: コロ助 | 2009.12.20 23時49分

(管理人より)
コロ助さん コメントありがとうございます。

上の人(子ども手当てに所得制限を設けよ)は、前にもほぼ同一のコピペコメントを寄こした人です。
他の人のブログにも同一コメントしてました。
どうやら、リンク先で民主党の中傷を読ませたいだけみたいです。

私の対応が遅くてすみません。
削除しようと思っていましたが、今回は晒しておきます。

投稿: kiriko | 2009.12.21 04時16分

ついでに触れておきます。
(子ども手当てに所得制限を設けよ)さんは「他人が納めた税金」を強調しているのですが、橋下知事は高所得なので、受け取れる子ども手当より納税額のほうが多いかもしれません。扶養控除もなくなりますし。

>いかに他人の税金をばら撒いて集票するか<

いかに他人の税金を身内・支持団体に分け与えて集票するか、に腐心する政党が好きらしい。→(子ども手当てに所得制限を設けよ)さん

投稿: kiriko | 2009.12.21 06時13分

「扶養控除廃止に逆進性がない」というのは、とんでもない誤解です。
年収500万円の人の扶養控除38万円がなくなれば、おそらく3万8000円の増税。
年収比率0.76%の増税。
年収5億円の人の扶養控除38万円がなくなると、税率40%として15万2000円の増税。
年収比の増税率は0.076%。
大変、逆進的です。
住民税にいたっては、税率が10%でフラットですから、年収500万円の人も5億円の人も3万3000円の増税。
これが逆進的でなくて何というのか。
さらに、鳩山首相の母上のような、株式の配当や譲渡所得で暮らしている人は、かりに扶養家族がいたとしても、扶養控除は受けていない。
株式の所得は源泉分離課税だから。
大金持ちには、扶養控除など関係ない人も多い。
「扶養控除は金持ちに有利」みたいな議論にごまかされると大変なことになる。

投稿: ゆうくんパパ | 2009.12.21 15時20分

ゆうくんパパさん

「逆進性」という言い方をしたのは間違いでした。
追記・訂正します。

投稿: kiriko | 2009.12.21 18時43分

ゆうくんパパさん

>大金持ちには、扶養控除など関係ない人も多い。<

扶養控除を受ける高所得者がいるのも事実です。
扶養控除をやめて、その分を手当に回したら良いでしょう。

そんなに「扶養控除廃止による増税ゼッタイ反対」なら、所得控除でなく税額控除にしろと言えばよさそうなものですが。しかし、それなら手当を増額するのと同じ。
それと、所得税控除での「子ども(子育て)支援」は、所得が非常に低い人や所得が無い人の子ども、施設で育つ子どもには行かないんですよ。

投稿: kiriko | 2009.12.23 02時10分

高所得者のお金は低所得者の為に使って当然・・
という、身もふたも無い言い方で言えば物乞い的立場なのに傲慢っぽく振舞うこの風潮に嫌悪を感じる

現状年収1500万以上の人の、いわゆる中流階級よりやや上に位置している人以上を増税対象にしているが、もともとその人らはそれ以下の年収の人の何倍も税金を払っている。

その増税分をそれ以下の年収の人にばら撒くという行為はまさに社会主義そのもの。
仮にその低所得者の人間が結果的に大量の子供を作ったとして、それらが中流階級以上の年収になるのは統計的に見てもかなり低い事実を鑑みると、低所得者が低所得者を増やすのを高所得者がお金を出して援助しているという、珍妙な構図がそのうち誰の眼から見ても分かるようになるだろう

投稿: NANASHI | 2010.12.22 10時58分

NANASHIさん

税金には所得の再分配機能があります(他の機能-インフラ整備などもありますが)。
再分配を行うのは資本主義経済の社会で当たり前のことです。アメリカですらやっています。

再分配に嫌悪をお持ちなら、「金のある人から取って貧しい人を支援」をやってない国に移住されるとよいのではないでしょうか。さしずめ北朝鮮あたり、日本よりやってなさそうですよ。

投稿: kiriko | 2010.12.22 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/47064693

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当と扶養控除(追記・訂正あり):

« 子ども手当--所得制限をする意味はあるか? | トップページ | 子ども手当・のようなもの にいくら使われてきたか »