« 子ども手当と扶養控除の比較--扶養控除は高所得者優遇 | トップページ | かぶりもの劇団、NHKでミニドラマ »

2010.01.23

子ども手当を施設で育つ子にも

2010.1.13のエントリ「子ども手当と扶養控除--「控除から手当へ」の流れとして」に

子ども手当は施設で育つ子どもも対象である(これまでの児童手当も対象だったそうだが)。
と書いたのだが、未確認で書いてしまっていた。

 厚生労働省は22日、今年6月から支給する子ども手当について、父母らがいなくて児童養護施設などに入所している子どもたちにもほぼ同額が手当てされるよう類似措置を設けることを明らかにした。
 現行の児童手当では施設の子どもたちは対象になっていないが、「社会全体で子どもの育成を応援する」という新制度の趣旨を踏まえ判断した。
YOMIURI ONLINE 1月22日 「子ども手当 養護施設入所者にも同額」

これはどうも、実務段階のミスではないかな。今年は従来の児童手当にドッキングさせる方法をとったことから、児童手当では対象にならない「施設の子ども」への支給が抜けてしまったのではないかと。

児童手当は施設の子どもも対象になっている…とネットのどこかで見た覚えがあったのだが、ソースが見あたらない。あらら、何か読み間違えたのかな(>_<) 間違いを書いちゃってすみませんです。

ともかく、施設の子どもにも手当を支給できるよう、方法を講じていただきたい。今年は「類似措置」なのだろうけれど、来年からはもちろん正規の子ども手当として。


|

« 子ども手当と扶養控除の比較--扶養控除は高所得者優遇 | トップページ | かぶりもの劇団、NHKでミニドラマ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「子ども手当て」が審議入りしましたよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100223-00000100-jij-pol

投稿: たんぽぽ | 2010.02.23 22時48分

「施設の子ども」は公明党の修正みたいです。
(与党時代は、「子ども手当て」なんて、
酷評していたのに、民主党が政権を取ってから、
きゅうに建設的な議論をするようになった。)

16日に衆院を通過したので、予定通り6月から支給される
可能性は高くなったけれど。

投稿: たんぽぽ | 2010.03.20 21時57分

たんぽぽさん こんにちは。

>「施設の子ども」は公明党の修正みたいです。

なんだか、公明党が「子ども手当に抜けていた所をちゃんと修正するよう要求した」みたいに見えますけど、「児童手当」がそもそも施設の子どもを対象にしておらず、その児童手当を推進してきたのは公明党なんですよね。

まあ、いきさつはともかく、施設の子どもにも保障されるのは良いことです。

自民党は「外国にいる外国籍の子ども」にも手当が渡る可能性を突いて「養子が100人いる外国人にも出すのか」とか言っていました。これも児童手当の時からあった問題です。
アンタら、自分が政権に就いてた時からあった問題を放置しといて、今さら何騒いでんの、って感じです。

投稿: kiriko | 2010.03.21 00時53分

kirikoさま、
レスどうもありがとうです。

>「児童手当」がそもそも施設の子どもを対象にしておらず、
>その児童手当を推進してきたのは公明党

>自民党は「外国にいる外国籍の子ども」にも手当が渡る可能性を突いて
>「養子が100人いる外国人にも出すのか」とか言っていました。
>これも児童手当の時からあった問題です。

あらあら、自分たちが与党時代にやられたことを、
そのままやり返していたのね。(なあんだ...)

それでも、「施設の子ども」は建設的な修正だけど、
「養子100人」はいかにも反対のための反対ですね。


DV被害者の対策は、なんとも書かれていないけれど、
政権が自分で気が付いたのかな?
(「定額給付金」で失敗したんだけど。)
「DV別居の子ども手当、逃避母子など被害者へ」
http://megalodon.jp/2010-0306-2200-32/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00001340-yom-pol

投稿: たんぽぽ | 2010.03.21 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/47366173

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当を施設で育つ子にも:

« 子ども手当と扶養控除の比較--扶養控除は高所得者優遇 | トップページ | かぶりもの劇団、NHKでミニドラマ »