« バンクーバー五輪、フィギュア・ペアの演技を堪能 | トップページ | ブラタモリ--六本木を遡れば「軍」「武」 »

2010.02.24

ふたたびのエレーネ・ゲデバニシビリ

バンクーバーオリンピック、フィギュアスケート女子シングルが始まり、世間は浅田真央さんやキム・ヨナさんの話題なのだが、私の関心はそれよりもエレーネ・ゲデバニシビリさん(グルジア)である。
名前が覚えづらく、「ゲデバ…」のあとが何だったかなと考えてしまう。一部ファンの間ではゲデ子さんと異名を取る。ゲデヴァニシヴィリのほうが検索では出やすいかと。ここではエレーネさんと書くことにする。

エレーネさんはトリノ大会に16歳で出場した。学年は浅田さん、キムさんと同じだけれど、1月生まれのため年齢制限に引っかからなかった。
早い滑走順にもかかわらず、エレーネさんのジャンプの凄いこと! 伊藤みどりさんみたいに弾けて跳んでいたのだ。ショートプログラムで6番目に入る好成績。フリーでは残念ながら順位を落としたけれど、将来トップに出てくる選手じゃないかなと思った。

しかし、その後の練習環境に恵まれず、苦しい日々が続いたようだ。グルジアとロシアの関係悪化から、拠点にしていたモスクワから退去させられ…。世界の上位常連になるには、こういう状況は辛いよね。
3年ほど前にアメリカに練習拠点を移したそうで、落ち着いて練習できるようになったのかな。浅田さんやキムさんと張り合うまでには至っていないけれど、無事オリンピックに出てきて良かった。

この日のショートプログラム、ジャンプは4年前のように高く、弾けていたと思う。大きなミスもなく、笑顔で演技を終えた。ランキング中位グループの中では高得点をマークし、9位につけた。
やはりジャンプの評価が高く、技術点35.80は6番目の成績。

体型が細々としていないのも伊藤みどりさんに似ている(笑)
フリーでもジャンプをいっぱい成功させてほしいな。

|

« バンクーバー五輪、フィギュア・ペアの演技を堪能 | トップページ | ブラタモリ--六本木を遡れば「軍」「武」 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/47652280

この記事へのトラックバック一覧です: ふたたびのエレーネ・ゲデバニシビリ:

« バンクーバー五輪、フィギュア・ペアの演技を堪能 | トップページ | ブラタモリ--六本木を遡れば「軍」「武」 »