« 子ども手当--「手当より保育所整備を」は「対案」なのか | トップページ | 遣唐使船、博多にちょっと長く居ました »

2010.05.14

遣唐使船、那の津(博多港)に停泊中

難波津(大阪)を出発した遣唐使船が、13日、那の津(博多港)に到着した。
復元された遣唐使船が上海万博のイベントに向かうのである。

夜、こっそり見に行く。

Kentoushi61

Kentoushi42

向こうにいる船の名前は「きんいん」。「漢委奴国王」の金印が出た志賀島行きの船だ。
金印を後漢から運んできた船はどんなのだっただろう。遣唐使の700年前だから、もっと素朴で小さかったかな。

Kentoushi48

ポートタワー、ベイサイドプレイスのネオンに囲まれて。

遣唐使船は奈良時代の大きさとだいたい同じに作っているみたい。帆を揚げ、櫂を漕いで行くようだ。さすがにこの船にはエンジンが付いているけれど。
1300年前に船で中国まで行くのは大変だったろうね。
遣唐使船・遣隋使船…がなかったら、日本の国は全然違うクニになったと思う。

Kentoushi60_2

「遣唐使」の文字、船体の朱塗りも鮮やか。

遣唐使船再現プロジェクトのサイト

|

« 子ども手当--「手当より保育所整備を」は「対案」なのか | トップページ | 遣唐使船、博多にちょっと長く居ました »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/48353402

この記事へのトラックバック一覧です: 遣唐使船、那の津(博多港)に停泊中:

« 子ども手当--「手当より保育所整備を」は「対案」なのか | トップページ | 遣唐使船、博多にちょっと長く居ました »