« 自民党の子ども政策--選択と集中 | トップページ | 朝日の記事に疑問--高校無償化をめぐり(1) »

2010.07.03

みんなの党・選挙公約から「子育て手当」が消滅した件

みんなの党は政権公約に「月額2〜3万円の子育て手当」を掲げていた。
ところが、今見ると

消滅しているんですね〜〜@@

5月中旬までは書いてあったのに〜〜〜。

参照:博多連々「みんなの党も子育ての手当を公約にしている件」

【みんなの党】選挙公約

・子育て支援を国政の中心にすえる
子育て手当を欧州並みに(2万円~3万円/人・月)。義務教育期間まで支給。

現在(7月3日)の公約

2.「子ども手当」を地域主権の観点から抜本見直し

* 民主党政権で開始された、バラマキ重視の「子ども手当」は少子化対策という観点から抜本的に見直し、地域主権の観点から自治体の創意工夫による現物給付と現金給付を車の両輪とした政策体系に転換。
みんなの党・選挙公約より)

どういうことですかこれは?

「民主党政権の子ども手当を抜本的に見直す」前に、
自分のとこの公約を大幅に変えたことを説明すべきではないのか?

たった1カ月半前まで出していた「月額2〜3万円」を、そっくり引っ込めたんだから。

以下は私の推測である。

・そもそも、みんなの党の「子育て手当」公約は、昨年総選挙で民主党に対抗するための「思いつき」でしかなく、真剣に考えた政策ではなかった。

・子ども手当法案にみんなの党は反対し、「バラマキだ」と批判していたが、そのときもサイトに「子育て手当を欧州並みに(2万円~3万円/人・月)。義務教育期間まで支給」と掲載していた。
おそらくみんなの党の党首も幹部も、このような公約を掲げたことを忘れていたのだろう。
参院選が近づいてやっと「これマズイ」と気づいて削除したのではないか。

===

党首の発言と整合性のない公約をずっと出していて、選挙間近になってから説明もなく削除する。
ずいぶんイイカゲンな公約だなーと。

マニフェストに掲げながら、いざ実行しようとしたら財源が足りないとか、抑止力がどうたらと言って実現できないのも困ったもんだが。
実現に取り組む前に「引っ込めちゃう」って。
みんなの党の子ども・子育て支援の考え方はその程度ということか。

|

« 自民党の子ども政策--選択と集中 | トップページ | 朝日の記事に疑問--高校無償化をめぐり(1) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

【要注意】みんなの党は新自由主義・小泉改革自民党の直系政党

asahi.com(朝日新聞社):与党、過半数は困難 朝日新聞終盤情勢調査 - 政治
http://www.asahi.com/politics/update/0708/TKY201007080575.html
与党過半数厳しく 参院選全国終盤情勢 - 中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201007060399.html
「参院選、終盤情勢 与党過半数割れ濃厚 みんななど第三極10議席以下」:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/412174/

情勢-- 現 要 朝日推計 共同推定 産経予測 過半数
------+--+--+--------+--------+--------+------
民主-- 62 -- 42-49-57 44-49-57 48-51-55 ------
国民新 03 -- 00-01-01 00-00-01 00-00-01 ------
無所属 01 -- -------- -------- -------- ------
(小計) 66 56 42-50-58 44-49-58 48-51-56 不可能
社民-- 02 -- 01-01-02 01-02-02 01-02-02 ------
(小計) 68 54 43-51-60 45-51-60 49-53-58 困難--
共産-- 03 -- 02-04-05 02-04-04 02-02-04 ------
(小計) 71 51 45-55-65 47-55-64 51-55-62 ギリ可

終盤情勢は民+国+社+共で過半数がギリギリ可能。これ以上、与党の議席数を減少させると危険水準です。
「民+み」で過半数がギリギリ可能。★★★「民+み」の連立になると、非正規雇用が大幅に増加します。
みんなの党は新自由主義・小泉改革自民党の直系政党なので、小泉時代のように状況を悪化させるだけです。
『当面だけの』消費税率維持に乗せられて、みんなの党へ投票を考えている有権者は、目を覚ますべきでしょう。
民+保守各党の連立になれば、消費税は 10% どころか、10% → 15% → 20% と青天井になります。
よって、比例代表は社民の保○○人氏に、また与党の議席数が予定以上に減少しすぎたので、
選挙区は民主党に投票し、議席数を調整します。

みんなの党 清和会 小泉 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?ie=auto&q=%A4%DF%A4%F3%A4%CA%A4%CE%C5%DE+%C0%B6%CF%C2%B2%F1+%BE%AE%C0%F4

cf. http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1276782795/34-

投稿: nobody | 2010.07.11 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/48786902

この記事へのトラックバック一覧です: みんなの党・選挙公約から「子育て手当」が消滅した件:

« 自民党の子ども政策--選択と集中 | トップページ | 朝日の記事に疑問--高校無償化をめぐり(1) »